デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
393338

ピエゾ抵抗型圧力センサー市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Piezoresistive Pressure Sensors Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
ピエゾ抵抗型圧力センサー市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ピエゾ抵抗型圧力センサー市場は、予測期間(2021-2026年)のCAGRが5.8%となる見通しです。主な動向は、微小電気機械システム(MEMS)が現在、既存のセンサー市場の大きなセグメントを獲得し、新市場の開拓を促進する態勢にあると述べています。

主なハイライト

  • ピエゾ抵抗型圧力センサは、低価格のソリューションとして広く受け入れられています。このセンサは静電容量式圧力センサよりも比較的安価であり、静電容量式セラミック圧力センサとピエゾ抵抗式セラミック圧力センサの間で激しい競争が行われている主な理由となっています。静電容量式センサーの相対的な性能は、ピエゾ抵抗式センサーの価格性能によって相殺されています。
  • センサーの小型化の上昇パターンは、ピエゾ抵抗センサーの市場のための新しいオープンドアを開くことができるようになります。この部門の組織は、さらにピエゾ抵抗センサ市場を助けるであろう、特に危険/危険な地域のための新しいピエゾ抵抗センサを継続的に成長しています。
  • 新興国における自動車需要の拡大と、セキュリティに関する法的懸念の高まりは、ピエゾ抵抗器市場の発展を後押ししています。ナノテクノロジーのアプリケーションは、今後数年間で市場の発展にプラスの影響を与えるでしょう。圧電センサーの原則有利な位置は、例えば、自動車、航空機などの市場を駆動する重要な促進要因である広いアプリケーション領域です。
  • ピエゾ抵抗のいくつかのセンサは、動作中に余分な電力を必要とし、ノイズの限界は容量性圧力センサに比べて高く、これはピエゾ抵抗市場の抑制要因と言うことができます。

主な市場動向

自動車産業が市場成長の大きな原動力になると予想される

  • シリコンウェハーにバルクマイクロマシン加工されたダイアフラムを埋め込んだピエゾ抵抗トランスデューサーが、自動車用圧力センサーの製造技術として主流になっています。セラミックは、燃料、オイル、ブレーキ液、クリーナー、水など、車載環境における大半の液体に対して不活性な性質を持っています。センサーの設計をしっかり行うことで、このような環境下での圧力センサーの信頼性と長寿命を高め、圧倒的な結果を出すことができます。
  • 人口の増加により、乗用車や自動車への関心と需要は一貫しています。一般消費者にとって、自動車はより環境にやさしく、安全性の高い、堅実な選択肢です。これらのコンポーネントは、合計で予測期間内の圧力センサの需要の拡大に追加する軽自動車の申し出を駆動し続けるプレミアム車の開発を推進しています。
  • 欧州交通環境連盟によると、タイヤ空気圧監視システムを搭載していない自動車の約半数は、空気圧が著しく低いタイヤで走行しているとのことです。TPMSは、典型的な自動車運転/走行条件の前後で、自動車用タイヤの作動圧をリアルタイムに監視するために使用されます。
  • 通常の自動車使用時にTPMSを導入する主なメリットは、安全性/性能、タイヤ寿命の延長、化石燃料の節約、CO2(温室効果ガス)排出の削減など、複数のカテゴリーにまとめることができます。
  • 設計者は、車載用ピエゾ抵抗型圧力センサを、主にエンジンの最適化、排ガス制御、安全性向上の3つのアプリケーション分野で使用しています。平均して、自動車は燃費が良く、安全機能があり、スマートになってきているので、信頼できる選択肢です。これらの要因は、ピエゾ抵抗型圧力センサ市場の成長を促進し、自動車産業のためのこの巨大な成長は、自動車産業におけるさまざまなアプリケーションのための圧力センサの採用の成長を促進することが期待されます。

北米が最大の市場シェアを占める見込み

  • この地域は非常に活発な産業部門を持ち、自動車やヘルスケア産業の堅調な成長に影響を与えているため、ピエゾ抵抗型圧力センサ市場の強力な市場の1つであり続ける可能性を持っています。この地域の市場シェアの大部分は米国が占めており、次いでカナダが続いています(調査による)。米国は、世界市場における北米市場全体のシェアの3~4分の1以上を占めると予想されています。
  • 米国におけるフォースセンサの急速な伸びは、主に自動車のエンドマーケットが牽引しており、乗員重量検知アプリケーションの製品が大幅に陳腐化したことが一因となっています。このため、市場には新たなビジネスチャンスが生まれています。
  • 米国政府は、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)の全自動車への搭載を義務付けるTREAD(Transportation Recall Enhancement, Accountability and Documentation)法を可決し、自動車が空気圧不足を検知してから20分以内に促進要因が注意できるようにしました。
  • 燃費向上への意識と排ガス規制の影響で、市場は急成長しています。カナダでは、低コスト、小型、環境にやさしい、大量生産が可能といった点が、北米市場シェア拡大の主な要因となっています。
  • それとは別に、自動車部門のアプリケーションセグメントは、今後数年間で成長率が増加する傾向があるため、自動車の軽自動車の生産の需要の増加により、アジア太平洋地域の圧力センサ市場をリードしています。

競合情勢

ピエゾ抵抗型圧力センサは、自動車や民生用アプリケーションの高い成長により、断片化された市場に属しており、市場では高い競争が行われています。様々な分野で大きな影響力を持つ小さなフォームファクタのハンドヘルド電子機器の需要のために低消費電力と可能な限り小さなサイズは、業界プレーヤーに対する競争力を与える主要な要因です。

市場の主要なプレーヤーは、BD Sensors GmBH、Metallux SA、BCM Sensor Technologies BVBA、First Sensor AG、Honeywell International Incなどです。

  • 2020年10月-BD SENSORSは、デジタルインターフェースを提供する製品群により、電子圧力およびレベル測定技術のポートフォリオを拡大しました。新シリーズは、アナログ圧力測定技術のバリエーションに基づいており、IO-Link、Modbus RTU、i2Cを備えたバージョンがあるデジタルインターフェースを備えています。
  • セラミックダイアフラムの片面に直接スクリーン印刷され、反対側の面は測定される媒体に直接曝すことができるウィートストーンブリッジを備えた小型アプリケーションに適したセラミックピエゾ抵抗圧力センサであるME910を2020年10月に発売しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • 機器の小型化重視の高まり
    • 過酷な環境下での堅牢設計と性能向上の必要性
  • 市場抑制要因
    • 小型部品に関連する技術的課題
  • バリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 材料
    • シリコン
    • セラミック
    • その他の材料
  • エンドユーザー
    • 自動車
    • ヘルスケア
    • 産業用
    • 石油・ガス
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • BD Sensors GmBH
    • Impress Sensors and Systems Ltd
    • Metallux SA
    • All Sensors Corporation
    • Kistler Group
    • BCM Sensor Technologies BVBA
    • First Sensor AG
    • Ninghai Sendo Sensor Co. Ltd
    • Rosemount Inc.(Emerson Electric Company)
    • Honeywell International Inc.
    • Pewatron AG

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 46838

The piezoresistive pressure sensors market is valued at a CAGR of 5.8% during the forecast period (2021-2026). Key trends state that microelectromechanical systems (MEMS) are now poised to capture large segments of the existing sensor market and to catalyze the development of new markets.

Key Highlights

  • The piezoresistive pressure sensors have been widely accepted as low-cost solutions. These sensors are comparatively less expensive than the capacitive pressure sensors, which is a major reason for the heavy competition between the capacitive ceramic pressure sensors and piezoresistive ceramic pressure sensors. The relative performance of the capacitive sensors is offset by the price performance of piezoresistive sensors.
  • The rising pattern of miniaturization of sensors will be able to open new open doors for the piezoresistive sensors market. The organizations in this division are continually growing new piezoresistive sensors, particularly for risky/hazardous regions which will additionally help the piezoresistive sensor market.
  • Expanded vehicle request in developing nations and rising legislative concerns with respect to security is helping the piezoresistive market to develop. Nanotechnology applications will positively affect the market development in the next couple of years. The principle favorable position of the piezoelectric sensor is the wide application regions which are a significant driver driving the market, for example, automotive, aircraft, and so forth.
  • Some sensors of piezoresistive need extra power during operation and the noise limit is high compared to capacitive pressure sensors, which can be said to be a restraint for the piezoresistive market.

Key Market Trends

Automotive Industry is Expected to Significantly Drive the Market Growth

  • Piezoresistive transducers implanted in a silicon wafer with bulk micromachined diaphragms have become the dominant technology for producing automotive pressure sensors. Ceramic has an inert nature to the majority of liquids in the automotive environment, such as to fuels, oil, brake fluids, cleaners, and water, among others. A strong design of sensors will enhance the reliability and long operational life of pressure sensors in the conditions, to provide formidable results.
  • Due to the increase in population, there is a consistent interest and demand for passenger vehicles and cars. For a normal buyer, cars are solid alternatives, as they have better eco-friendliness and security highlights. These components drive the development of premium vehicles which keeps on driving the offers of light vehicles, which in total add to an expansion in the demand for pressure sensors in the forecast period.
  • According to the European Federation for Transport and Environment, approximately half of all automobiles not equipped with a tire-pressure monitoring system are driven on significantly under-inflated tires. TPMS is used to provide real-time monitoring of operating pressures of automotive tire before, during, and after typical vehicle operation/driving conditions.
  • The primary benefits of implementing TPMS during normal automotive usage can be summarized into multiple categories, such as safety/performance, tire-lifetime extension, fossil-fuel conservation, CO2 (greenhouse) gas emission reduction, etc.
  • Designers use automotive piezoresistive pressure sensors primarily in three application areas namely, engine optimization, emission control, and safety enhancement. For average, cars are reliable options, as they have better fuel efficiency, safety features, and are getting smarter. These factors drive the growth of the piezoresistive pressure sensors market and this huge growth for the automotive industry is expected to drive the growth of the adoption of pressure sensors for different applications in the automotive industry.

North America to Account for the Largest Market Share

  • The region has a very active industrial sector and is influencing a robust growth in the automotive, as well as the healthcare industry and hence, has the potential to remain one of the strong markets in the piezoresistive pressure sensors market. The United States contributes to the majority of the market share in the region, followed by Canada, as per research. The United States is expected to occupy more than three - quarters of the entire North American market share in the global market.
  • The rapid growth in the sale of force sensors in the United States is majorly driven by automotive end-markets, partially due to the huge product obsolescence in the occupant weight sensing applications. Due to this, new business opportunities have emerged in the market.
  • The US government passed the TREAD (Transportation Recall Enhancement, Accountability and Documentation) Act to mandate the installation of the Tire Pressure Monitoring System (TPMS) in all types of automobiles, so that drivers can be cautious about the under-inflation of automobiles within 20 minutes of its detection.
  • Due to awareness toward fuel economy and upcoming emission requirements, there is a rapid growth in the market. In Canada, low cost, compact size, eco-friendly nature, and bulk manufacturing capability, are the key drivers for the growth of the market share in North America.
  • Apart from it, the automotive sector application segment is leading the Asia-Pacific pressure sensor market, due to the increasing demand of automotive light vehicle production, due to which in coming years the growth rate will tend to increase.

Competitive Landscape

Piezoresistive pressure sensors belong to a fragmented market due to the high growth in the automotive and consumer application, by which there is high competition in the market. Due to the demand for handheld electronic devices with a small form factor having a huge influence in various sectors Low power consumption and the lowest possible sizes are the major factors which give a competitive edge over the industry players.

Key players in the market are BD Sensors GmBH, Metallux SA, BCM Sensor Technologies BVBA, First Sensor AG, Honeywell International Inc., etc.

  • October 2020 - BD SENSORS expanded its portfolio of electronic pressure and level measurement technology with a product range offering digital interfaces. The new range is based on variants of the analogue pressure measurement technology with digital interfaces that comes in versions with IO-Link, Modbus RTU and i2C.
  • October 2020 - Metalluxreleased the ME910 which is a ceramic piezoresistive pressure sensor suitable for miniaturised application with a wheatstone bridge, which is screen printed directly on one side of the ceramic diaphragm and the opposite side of which can be exposed directly to the medium being measured.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Rising Emphasis on Miniaturization of Equipment
    • 4.3.2 Need for Robust Design and Enhanced Performance in Rugged Environment
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Technical Issues associated with the involvement of Smaller Components
  • 4.5 Value Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Material
    • 5.1.1 Silicon
    • 5.1.2 Ceramic
    • 5.1.3 Other Materials
  • 5.2 End User
    • 5.2.1 Automotive
    • 5.2.2 Healthcare
    • 5.2.3 Industrial
    • 5.2.4 Oil and Gas
    • 5.2.5 Other End Users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia Pacific
    • 5.3.4 Latin America
    • 5.3.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 BD Sensors GmBH
    • 6.1.2 Impress Sensors and Systems Ltd
    • 6.1.3 Metallux SA
    • 6.1.4 All Sensors Corporation
    • 6.1.5 Kistler Group
    • 6.1.6 BCM Sensor Technologies BVBA
    • 6.1.7 First Sensor AG
    • 6.1.8 Ninghai Sendo Sensor Co. Ltd
    • 6.1.9 Rosemount Inc. (Emerson Electric Company)
    • 6.1.10 Honeywell International Inc.
    • 6.1.11 Pewatron AG

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS