デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
389204

細菌性生物農薬市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Bacterial Biopesticides Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 128 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
細菌性生物農薬市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 128 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の細菌性生物農薬市場は、予測期間中に12.8%のCAGRで推移すると予測されています。

有機農業は、食品産業においてユニークで急成長しているセグメントを表しています。新興技術という点では、さまざまな要因が細菌性生物農薬の成長を交互に促進し、阻害しています。微生物農薬は合成農薬よりも害が少なく、鳥や昆虫、哺乳類など他の生物に害を及ぼす可能性のある従来の広域農薬とは異なり、一般的に標的害虫とそれに近接する生物のみに影響を及ぼします。さらに、再投入の間隔や収穫後の間隔が短いなど、取り扱いが容易であることが、細菌性生物農薬の採用を促進しています。これは主に、合成農薬の使用に関する制限を考慮し、既存の合成オプションの明確な代替案として機能しています。

主な市場動向

果物および野菜分野は持続的な成長を示しています。

作物の種類に基づくと、2019年には果実・野菜セグメントが最大のシェアを占めた。果物および野菜セグメントでは、農地面積と細菌性生物農薬を利用する主な作物は、イチゴとトマトです。このセグメントは、合成農薬の残留物がない新鮮な果物や野菜の消費に関する意識の高まりが原動力となっています。このため、世界中で認証された有機農法の栽培面積が増加しています。有機栽培された果物や野菜の価格プレミアムは、収量の損失という機会費用にまだ見合っていませんが、細菌性生物農薬の需要は、特に果物や野菜セグメントで高いままであると予想されます。CAGRは予測期間(2020-2025)において18.13%と評価されています。

アジア太平洋地域が最も急成長する市場と予測される

アジア太平洋地域は、インドや中国などの国々がリードしており、需要面で最も速い成長を遂げると予測されています。アジア太平洋地域とラテンアメリカの新興国市場における進化は、さらなる成長機会をもたらすと予想されます。2017年、この地域の有機栽培面積は全地域の中で最大であり、300万ヘクタール以上に達しています。有機栽培された穀物は、同地域の穀物栽培面積全体の0.3%を占めていると推定されています。農家数では、インドが世界で最も多く、80万戸を超える有機農家を有しています。消費者の観点からは、消費したばかりの農産物(主に果物や野菜)に残留する合成農薬に対する意識の高まりが、この地域の細菌性生物農薬の需要を促進すると予想されます。

競合情勢

世界の細菌性生物農薬市場は断片的であり、少数の大手多国籍企業が地域や地元のプレーヤーと激しく競争しています。Marrone Bio Innovations Inc.は過去数年間、最も活発な企業です。同社はさまざまな新製品を発表しています。生物学的製剤の研究を行っている独立系の中小企業は多く、市場での成功を目の当たりにしています。したがって、彼らは最近の回で、彼らのポートフォリオとパイプラインを構築することに焦点を当てています。細菌性生物農薬市場の主なプレイヤーは、BioWorks Inc.、Marrone Bio Innovations Inc.、Hebei Veyong Bio-Chemical Co.Limited、Camson Bio Technologies Limited、Koppert Biological Systemsなどです。

追加のメリット

  • 市場予測(ME)シート(Excel形式
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場の抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • バチルス・チューリンゲンシス(Bacillus Thuringiensis
    • バチルス・スブチリス(Bacillus Subtilis
    • Pseudomonas Fluorescens(シュードモナスフルオレッセンス
    • その他のタイプ
  • 使用方法別
    • 種子処理
    • 葉面散布
    • その他の用途
  • 作物タイプ別
    • 穀物および穀類
    • 豆類・油糧種子
    • 商業作物
    • 果実および野菜
    • その他の作物
  • 地域別情報
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • ロシア
      • イタリア
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他
    • アフリカ
      • 南アフリカ
      • その他のアフリカ

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • Agraquest Inc.
    • BASF SE
    • Bayer CropScience
    • Biocare
    • Bioworks Inc.
    • Camson Biotechnologies Limited
    • Certis Usa LLC
    • Hebei Veyong Bio-Chemical Co. Limited
    • Isagro SpA
    • Koppert Biological Systems
    • Marrone Bio Innovations Inc.
    • Syngenta AG
    • Valent Biosciences Corporation
    • W Neudorff GmbH KG

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 55265

The global bacterial biopesticides market is projected to register a CAGR of 12.8% during the forecast period.

Organic farming represents a unique, fast growing segment of the food industry. In terms of emerging technologies, various factors alternately drive and inhibit the growth of bacterial biopesticides. Microbial pesticides are less harmful than synthetic pesticides, they typically affect only the target pest and other organisms closely related to it, as against broad-spectrum conventional pesticides, which can be harmful to other organisms, such as birds, insects, and mammals. Moreover, attributes of ease of handling, like low-to-no re-entry intervals and post-harvest intervals, are driving the adoption of bacterial biopesticides, mainly by serving as a stark alternative to the existing synthetic options, considering the restrictions over their usage.

Key Market Trends

The Fruits and Vegetables Segment is Exhibiting Sustained Growth

Based on crop type, the fruit and vegetable segment accounted for the largest share in 2019. Under the fruits and vegetables segment, the major crops utilizing the agricultural land area and bacterial biopesticides are strawberries and tomatoes. The segment is driven by the rising awareness regarding the consumption of fresh fruits and vegetables, which are free from the residues of synthetic pesticides. This led to increased area under certified organic farming across the world. Although price premiums for organically grown fruits and vegetables are yet to match with the opportunity cost of loss of yield, the demand for bacterial biopesticides is expected to remain high, especially in the fruits and vegetables segment. The CAGR is estimated to be valued at 18.13% over the forecast period (2020-2025).

The Asia-Pacific Region is Projected to be the Fastest Growing Market

The Asia-Pacific region is led by countries, like India and China, and it is expected to witness the fastest growth, in terms of demand. Evolving market in the developing regions of Asia-Pacific and Latin America are expected to provide further growth opportunities. In 2017, the region had the maximum organically cultivated area among all regions, amounting to more than 3 million hectare. It has been estimated that organically cultivated cereals accounted for 0.3% of the overall area under cereals in the region. In terms of number of farmers, India has the highest number of organic farmers across the world, amounting to more than 800,000. From the perspective of consumers, rising awareness regarding residues of synthetic pesticides in freshly consumed agricultural products (mainly fruits and vegetables) is expected to drive the demand for bacterial biopesticides in the region.

Competitive Landscape

The global bacterial biopesticides market is fragmented, with a few major multinational companies competing fiercely with regional and local players. Marrone Bio Innovations Inc. has been the most active company over the past few years. The company has been launching a wide range of new products. There are many independent, small-, and mid-sized companies carrying out research on biologicals and witnessed success in the market. Therefore, they have been focusing on building up their portfolios and pipelines, in the recent times. The major players in the bacterial biopesticides market are BioWorks Inc., Marrone Bio Innovations Inc., Hebei Veyong Bio-Chemical Co. Limited, Camson Bio Technologies Limited, and Koppert Biological Systems, among others

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Bacillus Thuringiensis
    • 5.1.2 Bacillus Subtilis
    • 5.1.3 Pseudomonas Fluorescens
    • 5.1.4 Other Types
  • 5.2 By Mode of Application
    • 5.2.1 Seed Treatment
    • 5.2.2 Foliar Application
    • 5.2.3 Other Applications
  • 5.3 By Crop Type
    • 5.3.1 Grains and Cereals
    • 5.3.2 Pulses and Oilseeds
    • 5.3.3 Commercial Crops
    • 5.3.4 Fruits and Vegetables
    • 5.3.5 Other Crop Types
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
      • 5.4.1.4 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Spain
      • 5.4.2.5 Russia
      • 5.4.2.6 Italy
      • 5.4.2.7 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 India
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Africa
      • 5.4.5.1 South Africa
      • 5.4.5.2 Rest of Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Agraquest Inc.
    • 6.3.2 BASF SE
    • 6.3.3 Bayer CropScience
    • 6.3.4 Biocare
    • 6.3.5 Bioworks Inc.
    • 6.3.6 Camson Biotechnologies Limited
    • 6.3.7 Certis Usa LLC
    • 6.3.8 Hebei Veyong Bio-Chemical Co. Limited
    • 6.3.9 Isagro SpA
    • 6.3.10 Koppert Biological Systems
    • 6.3.11 Marrone Bio Innovations Inc.
    • 6.3.12 Syngenta AG
    • 6.3.13 Valent Biosciences Corporation
    • 6.3.14 W Neudorff GmbH KG

7 MARKET OPPORTUNITIES & FUTURE TRENDS