表紙:肥料市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
389149

肥料市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Fertilizers Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 200 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.18円
肥料市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 200 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

肥料市場は、予測期間である2021年から2026年にかけてCAGR2.1%を記録すると予測されています。

COVID-19の大流行が始まって以来、世界の多くの地域で肥料産業が大きな影響を受けています。労働力不足と、総合化学コンビナート内にあるいくつかの肥料工場の操業停止により、初期の封鎖プロセスで出荷に影響が出ました。中国はパンデミックの震源地であるため、当初は大きな影響を受けました。しかし、現在は状況が安定し、各肥料とも生産量は増加しています。したがって、COVID-19の肥料産業への影響は全体として緩やかであると考えられます。

アジア太平洋地域は最大の肥料市場であり、市場全体の約60.0%のシェアを占めています。中国はアジア太平洋地域最大の肥料消費国であり、2019年のアジア太平洋地域の肥料市場において約53.0%のシェアを占めています。

長期的には、業界の技術革新とN、P、Kおよび微量栄養素肥料の需要増が相まって、市場成長の原動力になると予想されます。しかし、規制や環境上の制約、高い生産コストは、業界の欠点として作用すると考えられます。

主な市場動向

1人当たりの耕作地の減少と食糧需要の増加

世界の人口は急速に増加しています。この人口増加により、食料需要が増加しています。この人口増加に対する食糧供給は脅威となっています。一方、工業化・都市化により耕地面積は減少しています。FAOが『The Resource Outlook to 2050』で明らかにしたところによると、現時点では、世界の地表のうち15億ヘクタール以上(約12%)が作物生産に利用されているということです。これ以上、農地を拡大する余地はほとんどありません。

世界の一人当たりの土地の利用可能面積は、2005年には約0.22ヘクタールでしたが、2016年には0.19ヘクタールに減少しています。複数の報告書によると、一人当たりの耕地面積は、2050年までに世界中で0.18 haに減少し、途上国では0.15 ha、先進国では0.42 haになると言われています。さらに、2016年の世界人口は74億人で、2050年には97億人に増加すると予測され、その増加分はほぼすべて新興諸国で発生するとされています。そのため、世界の食糧生産は2005年から2050年の間に60.0%から70.0%増加することが推奨されています。人口の拡大と土地の劣化が着実に進行した結果、一人当たりの土地は今後減少していくことが予想されます。そのため、既存の耕作地に対して、技術的に高度な肥料を使用して持続可能な方法でより多くの食料を生産することが求められている状況です。

アジア太平洋地域が市場を独占

アジア太平洋地域は最大の肥料市場であり、市場全体の約60.0%を占めています。東南アジアはアジア太平洋地域の主要な肥料消費国であり、中国が消費量の約半分を占めています。アジアにおける窒素肥料の需要は堅調に推移していると記録されています。しかし、カリウム肥料の市場は今後数年間で大きく成長すると予想されています。東南アジアの需要は、ニームコート尿素の使用増加、農家への直接給付型移転の規模拡大、水溶性肥料の急速な採用により、さらに拡大すると予想されます。

アジア太平洋地域では、米は大きな窒素消費作物です。2017年、アジアにおける米の生産量は、肥料消費量全体の35.0%を占めています。2番目に大きな肥料消費者であるアブラヤシは、アジアにおける全肥料消費量の17.0%、カリの消費量の50.0%を占めています。今後も、アジア地域の人口増加や経済成長に伴い、米やアブラヤシの生産は堅調に推移すると予想されます。

競合情勢

肥料市場は集約化が進んでおり、2020年の肥料市場全体の売上高に基づくと、大手企業が大きなシェアを占め、その他の肥料企業は市場シェアのごく一部を占めるに過ぎません。市場の主要プレイヤーは、Yara International ASA、The Mosaic Company、Nutrien Limited、EuroChem Group、PhosAgro、K+S Aktiengesellschaft、Groupe OCPなどです。

同市場の各社は、製品開発に多額の投資を行っています。例えば、2017年、The Mosaic Companyは、そのジョイントベンチャーとともに、サウジアラビアで最初のDAP肥料を発売しました。リン酸塩岩の新たな供給源を提供し、成長する農業市場、特にインドへのアクセスを向上させることができました。

追加のメリット

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場の概観
  • 市場促進要因
  • 市場の抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ストレート肥料
      • 窒素肥料
      • 尿素
      • 硝酸アンモニウムカルシウム
      • 硝酸アンモニウム
      • 硫安
      • 無水アンモニア
      • その他の窒素肥料
      • リン酸質肥料
      • リン酸一アンモニウム(MAP)
      • リン酸二アンモニウム(DAP)
      • スーパーリン酸(SSP)
      • トリプルスーパーりん酸(TSP)
      • その他リン酸質肥料
      • カリ肥料
      • カリ安息香酸塩(MoP)
      • カリ硫酸塩(SoP)
      • 副次的要素肥料
      • カルシウム肥料
      • マグネシウム肥料
      • 硫黄肥料
      • 微量要素肥料
      • 亜鉛
      • マンガン
      • ホウ素
      • モリブデン
      • その他微量要素肥料
    • 複合肥料
  • 作物別
    • 穀物・穀類
    • 豆類・油糧種子
    • 商業作物
    • 果樹・野菜
    • その他の作物
  • 地域別
    • 北アメリカ
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • ロシア
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他
    • アフリカ
      • 南アフリカ
      • その他のアフリカ

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • Yara International
    • The Mosaic Company
    • UralChem JC
    • Nutrien Limited
    • K+S Aktiengesellschaft​
    • Groupe OCP
    • ICL Fertilizers
    • Haifa Group
    • Sociedad Quimica y Minera(SQM)
    • Coromandel International Limited
    • Zao Zavod Binit
    • Sinofert Holdings Limited
    • PhosAgro

第7章 市場機会と将来動向

第8章 COVID-19が市場に与える影響

目次
Product Code: 46624

The fertilizers market is projected to register a CAGR of 2.1% during the forecast period, 2021-2026.

Since the COVID-19 outbreak, the fertilizer industry has been significantly affected in many parts of the world by the outset of the pandemic. Due to the shortage of labor and the shutdown of a few fertilizer plants located in the integrated chemical complexes, shipments were affected in the initial lockdown process. China, being the epicenter of the pandemic, was greatly impacted in the beginning. However, the conditions in the country have stabilized, and production rates have increased for all fertilizers. Hence, the overall effect of COVID-19 on the fertilizer industry is observed to be moderate.

Asia-Pacific is the largest fertilizers market and accounts for a share of around 60.0% of the overall market. China is the largest consumer of fertilizers in the Asia-Pacific region, and it accounted for around 53.0% share in the Asia-Pacific fertilizer market in 2019.

Over the long term, the technological innovations in the industry, coupled with the growing demand for N, P, and K and micronutrient fertilizers, are expected to drive the market growth. However, regulatory and environmental constraints and high production costs are likely to act as drawbacks in the industry.

Key Market Trends

Decreasing Per Capita Arable Land and Increasing Food Demand

The global population is increasing at a rapid rate. This growing population is adding to the food demand. Supplying food to this growing population has become a threat. On the other hand, arable land is declining due to industrialization and urbanization. The FAO revealed in 'The Resource Outlook to 2050' that at this time, more than 1.50 billion hectares of the world's land surface (about 12%) is used for crop production. There is little scope for further expansion of agricultural land.

The global per capita land availability was around 0.22 ha in 2005, which reduced to 0.19 ha in 2016. As per several reports, the per capita arable land area will decline to 0.18 ha by 2050 across the world, compared to 0.15 ha in developing countries and 0.42 ha in developed countries. Further, the global population of 7.4 billion in 2016 is projected to increase to 9.7 billion by 2050, with almost all increases occurring in developing countries. Thus, it is recommended that global food production be increased by 60.0% to 70.0% between 2005 and 2050. As a result of population expansion and a steady land degradation rate, the per capita land is expected to decrease in the future. Thus, this has led to a situation where there is pressure on the existing arable land to produce more food using technologically advanced fertilizers in a sustainable way.

Asia-Pacific Dominates the Market

Asia-Pacific is the largest fertilizers market and accounts for around 60.0% of the overall market. Southeast Asia is the major fertilizer consumer in Asia-Pacific, with China representing approximately half of the consumption. The demand for nitrogenous fertilizers in Asia is recorded as strong. However, the market for potassium fertilizers is expected to grow significantly in the coming years. Demand in Southeast Asia is expected to grow further with the increasing use of neem coated urea, upscaling of Direct Benefit Transfer to farmers, and rapid adoption of water-soluble fertilizers.

In the Asia-Pacific region, rice is a big nitrogen-consuming crop. In 2017, rice production in Asia accounted for 35.0% of the total fertilizer consumption. Oil palm, the second-largest consumer of fertilizers, accounts for 17.0% of the total fertilizer consumption and 50.0% of potash consumption in Asia. Rice and oil palm production growths are expected to remain robust, driven by population and economic growths in the region.

Competitive Landscape

The fertilizers market is highly consolidated, and the major players constitute a large share, while the other fertilizer companies constitute a smaller part of the market share, based on overall fertilizer market revenue in 2020. The major players in the market are Yara International ASA, The Mosaic Company, Nutrien Limited, EuroChem Group, PhosAgro, K+S Aktiengesellschaft​, and Groupe OCP, among others.

The companies in the market are investing heavily in product development. For instance, in 2017, The Mosaic Company, with its joint venture, launched the first DAP fertilizer in Saudi Arabia. It provided a new source of phosphate rock, which helped it to improve access to growing agricultural markets, most notably India.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overveiw
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Straight Fertilizers
      • 5.1.1.1 Nitrogenous Fertilizers
      • 5.1.1.1.1 Urea
      • 5.1.1.1.2 Calcium Ammonium Nitrate
      • 5.1.1.1.3 Ammonium Nitrate
      • 5.1.1.1.4 Ammonium Sulfate
      • 5.1.1.1.5 Anhydrous Ammonia
      • 5.1.1.1.6 Other Nitrogenous Fertilizers
      • 5.1.1.2 Phosphatic Fertilizers
      • 5.1.1.2.1 Mono-ammonium Phosphate (MAP)
      • 5.1.1.2.2 Di-ammonium Phosphate (DAP)
      • 5.1.1.2.3 Single Super Phosphate (SSP)
      • 5.1.1.2.4 Triple Super Phosphate (TSP)
      • 5.1.1.2.5 Other Phosphatic Fertilizers
      • 5.1.1.3 Potash Fertilizers
      • 5.1.1.3.1 Muriate of Potash (MoP)
      • 5.1.1.3.2 Sulfate of Potash (SoP)
      • 5.1.1.4 Secondary Macronutrient Fertilizers
      • 5.1.1.4.1 Calcium Fertilizers
      • 5.1.1.4.2 Magnesium Fertilizers
      • 5.1.1.4.3 Sulfur Fertilizers
      • 5.1.1.5 Micronutrient Fertilizers
      • 5.1.1.5.1 Zinc
      • 5.1.1.5.2 Manganese
      • 5.1.1.5.3 Copper
      • 5.1.1.5.4 Iron
      • 5.1.1.5.5 Boron
      • 5.1.1.5.6 Molybdenum
      • 5.1.1.5.7 Other Micronutrient Fertilizers
    • 5.1.2 Complex Fertilizers
  • 5.2 By Crop Type
    • 5.2.1 Grains and Cereals
    • 5.2.2 Pulses and Oilseeds
    • 5.2.3 Commercial Crops
    • 5.2.4 Fruits and Vegetables
    • 5.2.5 Other Crop Types
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Russia
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 India
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Africa
      • 5.3.5.1 South Africa
      • 5.3.5.2 Rest of Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Yara International
    • 6.3.2 The Mosaic Company
    • 6.3.3 UralChem JC
    • 6.3.4 Nutrien Limited
    • 6.3.5 K+S Aktiengesellschaft​
    • 6.3.6 Groupe OCP
    • 6.3.7 ICL Fertilizers
    • 6.3.8 Haifa Group
    • 6.3.9 Sociedad Quimica y Minera (SQM)
    • 6.3.10 Coromandel International Limited
    • 6.3.11 Zao Zavod Binit
    • 6.3.12 Sinofert Holdings Limited
    • 6.3.13 PhosAgro

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 IMPACT OF COVID-19 ON THE MARKET