デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
389025

マイクロ灌漑システム市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Micro-irrigation Systems Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 102 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.18円
マイクロ灌漑システム市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 102 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のマイクロ灌漑システム市場は、予測期間(2016~2026年)に10.9%のCAGRで推移すると予測されています。灌漑機関は、多くの国で閉鎖期間中に必要不可欠なサービスとして認定されているにもかかわらず、設備、投入資材、メンテナンスの確保に困難な状況に直面しています。また、追加的なコストと国家からの移転や関税による歳入の減少により、大きな財政的ストレスに直面しました。さらに、灌漑設備やその他の投入資材を入手できないことが、農民が直面する大きな問題であったと指摘されています。マイクロ灌漑技術は、水の無駄を減らすために、多くの新興経済諸国の農家が利用している最も効果的なシステムの一つです。そのため、Netafim Ltd.などの大手企業は、パイプに埋め込むことができる点滴灌漑システムを提供し、設置作業を簡素化するとともに、持続可能な農業生産を実現し、何百万もの零細農家の生活と経済状態を改善することを目指しています。自動点滴灌漑は、特に特殊な温室野菜の場合、土壌の水分をコントロールするために不可欠です。点滴灌漑システムの完全自動化は、土壌の水分コントロールと散水をシンプルかつきめ細かく行う方法を提供します。効果的な時間管理、見積もりに関する人間によるミスの排除、利用可能な土壌水分レベルの調整などは、自動点滴灌漑システムの需要を増大させる要因の一部です。さらに、これらのシステムにより、収穫量あたりの利益が増加することが期待されています。

主な市場動向

農業用水不足が農家をマイクロ灌漑の導入に向かわせる

マイクロ灌漑システム市場は、主に水不足問題に対処しながら作物の生産性を向上させる必要性などの要因によって推進されています。そのため、各国政府は水不足を抑えつつ、マイクロ灌漑システムの利用を拡大するためのイニシアチブを策定することに注力しています。水がますます不足する中、農家は同じ水量でより多くの作物を栽培するための斬新なアイデアを求めています。スプリンクラーやドリッパーなどのマイクロ灌漑システムは、高い需要があります。このような背景から、灌漑システムの市場規模は拡大すると予想されています。インド農業研究所(IARI)は、いくつかの農業気候条件下で効率的に水を利用するためにカスタマイズされたマイクロ灌漑システムの設計を支援するWebベースのアプリケーションシステム、マイクロ灌漑システムの設計(DOMIS)を確立しました。さらに同研究所では、少量の水を利用する装置を開発し、農場を支援することも計画しています。世界の人口はここ数年で大幅に増加し、それに伴い食料の需要も増加しています。スプリンクラーやドリップ灌漑システムは、従来の重力流灌漑に比べ、農場に限られた量の水を供給し、無駄を最小限に抑えることができます。

急成長するアジア太平洋地域

中国は、マイクロ灌漑システムコンポーネントの主要メーカーの一つです。中国はマイクロ灌漑システムの部品を多くの国に輸出しており、その輸出は今後さらに増加すると予想されます。アジア開発銀行は、中国の小規模農家に対してマイクロ灌漑の利用を奨励しています。インドは天水農業に大きく依存しています。マイクロ灌漑システムの利用は、インドの農業セクターが雨への依存を減らし、生産性を向上させるのに役立つと考えられます。インドで最も普及している技術は、ドリップ灌漑とスプリンクラー灌漑です。インドでは点滴灌漑の市場シェアが最も高い。さらに、インド政府は2018年5月、マイクロ灌漑基金(MIF)の設立のために7億230万米ドルの初期集計を承認し、国立農業農村開発銀行(NABARD)が設立されました。この基金は、Pradhan Mantri Krishi Sinchayee Yojna(PMKSY)に登録されています。マイクロ灌漑の導入率中国、インド以外では、ベトナム、韓国、バングラデシュ、パキスタンなどの国々が引き続き大きなシェアを占めています。

競合情勢

世界のマイクロ灌漑システム市場は、上位5社で市場シェアの60%以上を占めるなど、統合が進んでいます。政府は、マイクロ灌漑システムによる節水と効率化の推進を強化しており、市場は今後2桁成長を遂げると予想されます。主な参入企業は、Jain Irrigation Systems Limited、Netafim Limited、Lindsay Corporation、Rivulus Irrigation Limited、The Toro Companyなどです。

追加のメリット

  • 市場予測(ME)シート(Excel形式
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場の抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • メカニズム別
    • 点滴灌漑システム
    • スプリンクラー灌漑システム
    • その他マイクロ灌漑システム
  • コンポーネント別
    • 点滴灌漑コンポーネント
      • ドリッパー
      • チューブ
      • バルブとフィルター
      • 圧力調整器
      • その他の点滴灌漑用部品
    • スプリンクラー灌漑用部品
      • チューブ
      • ノズル
      • 圧力調整器
      • その他スプリンクラー灌漑部品
  • 栽培技術別
    • 露地栽培
    • 保護栽培
  • 用途別
    • 畑作物
    • 果樹園・ブドウ園
    • 野菜
    • 農園作物
    • その他の作物
  • 地域別情報
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • イタリア
      • ロシア
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他
    • アフリカ
      • 南アフリカ
      • エジプト
      • その他のアフリカ

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • Jain Irrigation Systems Limited
    • Netafim Limited
    • Lindsay Corporation
    • The Toro Company
    • Deere & Company
    • Rivulis Irrigation Limited
    • Harvel Agua
    • EPC Industrie
    • Nelson Irrigation Corporation
    • Rain Bird Corporation
    • Elgo Irrigation Ltd
    • Antelco Pty Ltd
    • Kothari Agritech Private Limited

第7章 市場機会と将来動向

第8章 COVID-19の市場への影響評価

目次
Product Code: 54590

The global micro-irrigation systems market is projected to register a CAGR of 10.9% during the forecast period (2016-2026). Despite qualifying as essential services during lockdowns in many countries, irrigation agencies faced a difficult time in securing equipment, inputs, and maintenance. They also faced significant fiscal stress due to additional costs and lower revenues from state transfers and tariffs. Furthermore, it is noted that a lack of accessibility to irrigation equipment and other inputs was the major issue that farmers faced. Micro-irrigation technologies are one of the most effective systems used by farmers in many developed economies, in order to reduce water wastage. Thus, major companies, like Netafim Ltd, offer drip irrigation systems that can be embedded in pipes, in order to simplify the process of installation, while creating sustainable agricultural production and improving the livelihood and economic position of millions of smallholder farmers. Automatic drip irrigation is essential for controlling soil moisture, especially in the case of specialized greenhouse vegetables. Total automation of drip irrigation systems provides a simple, meticulous method for controlling soil moisture and applying water. Effective time management, elimination of human errors, in terms of estimation, and adjustment of available soil moisture levels are some of the factors augmenting the demand for automatic drip irrigation systems. Furthermore, these systems are expected to increase profits generated per yield.

Key Market Trends

Agricultural Water Scarcity Pushing Farmers toward Adoption of Micro Irrigation

The micro-irrigation systems market is primarily driven by factors, such as the need to increase crop productivity while addressing water scarcity issues. Thus, governments are focusing on formulating initiatives to increase the usage of micro-irrigation systems, while limiting water shortage. With water increasingly becoming a scarce commodity, farmers have been seeking novel ideas to grow more crops with the same quantity of water. Micro-irrigation systems, including sprinklers and drippers, are witnessing high demand. This is expected to augment the growth of the market studied. The Indian Agricultural Research Institute (IARI) established the design of a micro-irrigation system (DOMIS), a web-based application system that helps in designing customized micro-irrigation systems for efficient water utilization under several agro-climatic conditions. Furthermore, the institute is planning to develop devices that utilize low amounts of water to help farms. The global population has been increasing significantly over the past few years, along with the demand for food. Sprinkler and drip irrigation systems provide limited quantities of water to farms, with minimal wastage, as compared to conventional gravity flow irrigation.

Asia Pacific is the Fastest Growing Market

China is one of the leading manufacturers of micro-irrigation system components. China exports micro-irrigation system components to many nations, and its exports are further expected to grow in the future. The Asian Development Bank is encouraging small farmers in China to use micro-irrigation. India is largely dependent on rainfed agriculture. The use of a micro-irrigation system may help the Indian agriculture sector reduce the dependence on rain and also can help in increasing productivity. The most popular technologies being used in India are drip irrigation and sprinkler irrigation. Drip irrigation has the highest market share in India. Furthermore, the Indian Government approved the initial aggregation of USD 702.3 million to set up a Micro-Irrigation Fund (MIF) in May 2018 and the National Bank for Agriculture and Rural Development (NABARD). This fund is registered under the Pradhan Mantri Krishi Sinchayee Yojna (PMKSY). Adoption rates of micro-irrigation Apart from China and India, countries such as Vietnam, Korea, Bangladesh, and Pakistan, continue to have a large market share.

Competitive Landscape

The global micro-irrigation Systems Market is consolidated, with the top five companies accounting for more than 60% of the market share. With the government's thrust on augmenting the penetration of water conservation and efficiency driven by micro-irrigation systems, the market is expected to witness double-digit growth in the future. The major players in the market include Jain Irrigation Systems Limited, Netafim Limited, Lindsay Corporation, Rivulus Irrigation Limited, and The Toro Company, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Mechanism
    • 5.1.1 Drip Irrigation System
    • 5.1.2 Sprinkler Irrigation System
    • 5.1.3 Other Micro-irrigation Systems
  • 5.2 By Component
    • 5.2.1 Drip Irrigation Components
      • 5.2.1.1 Drippers
      • 5.2.1.2 Tubing
      • 5.2.1.3 Valves and Filters
      • 5.2.1.4 Pressure Regulators
      • 5.2.1.5 Other Drip Irrigation Components
    • 5.2.2 Sprinkler Irrigation Components
      • 5.2.2.1 Tubing
      • 5.2.2.2 Nozzles
      • 5.2.2.3 Pressure Regulators
      • 5.2.2.4 Other Sprinkler Irrigation Components
  • 5.3 By Cultivation Technology
    • 5.3.1 Open Field
    • 5.3.2 Protected Cultivation
  • 5.4 By Application
    • 5.4.1 Field Crops
    • 5.4.2 Orchards and Vineyards
    • 5.4.3 Vegetables
    • 5.4.4 Plantation Crops
    • 5.4.5 Other Applications
  • 5.5 By Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
      • 5.5.1.4 Rest of North America
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Spain
      • 5.5.2.5 Italy
      • 5.5.2.6 Russia
      • 5.5.2.7 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia Pacific
    • 5.5.4 South America
      • 5.5.4.1 Brazil
      • 5.5.4.2 Argentina
      • 5.5.4.3 Rest of South America
    • 5.5.5 Africa
      • 5.5.5.1 South Africa
      • 5.5.5.2 Egypt
      • 5.5.5.3 Rest of Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Jain Irrigation Systems Limited
    • 6.3.2 Netafim Limited
    • 6.3.3 Lindsay Corporation
    • 6.3.4 The Toro Company
    • 6.3.5 Deere & Company
    • 6.3.6 Rivulis Irrigation Limited
    • 6.3.7 Harvel Agua
    • 6.3.8 EPC Industrie
    • 6.3.9 Nelson Irrigation Corporation
    • 6.3.10 Rain Bird Corporation
    • 6.3.11 Elgo Irrigation Ltd
    • 6.3.12 Antelco Pty Ltd
    • 6.3.13 Kothari Agritech Private Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 AN ASSESSMENT OF COVID-19 IMPACT ON THE MARKET