表紙:自動車用ステアリング市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
356576

自動車用ステアリング市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Automotive Steering Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
自動車用ステアリング市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動車用ステアリング市場は、予測期間中に5.5%以上のCAGRで推移すると予想されています。

主なハイライト

  • パワーステアリングは、世界中のほとんどの乗用車に標準装備されており、その搭載台数も増加しています。しかし、新興市場ではパワーステアリングを搭載していないエントリーレベルの車両も販売されています。
  • パワーステアリング、またはパワーアシストステアリングは、成長要因の手動操作の負担を軽減するために導入されました。パワーステアリングの利点は、低速ではステアリングを強くアシストし、高速では軽くアシストして、車両のコントロール性を高めるという、速度調整が可能な特性を持っていることです。
  • 電動式は、ベルト駆動の油圧ポンプや手動ポンプがないため、アシストが必要・不必要にかかわらず連続運転が可能で、燃料効率が非常に高くなっています。
  • 地域別では、アジア太平洋地域がステアリング市場を独占します。APACの自動車用ステアリング市場は、主に自動車の生産と販売の増加、電気自動車の需要の増加、排ガス規制の強化によって、高級車の需要が高まっていることが要因となっています。

主な市場動向

センサーの採用が進む

ステアリングコラムに設置されたセンサーは、トルク(操舵力)、ステアリングホイールの速度と位置という2つの主要な成長要因インプットを測定します。そのため、トルクセンサー、ステアリングホイール速度センサー、ポジションセンサーの3種類のセンサーが使用されています。

これらのセンサーは、ECUへの入力として信号を送り、ECUはステアリングシステムに対して適切な出力を行い、動作を行わせます。

トルクセンサーは、一般的に非接触型のセンサーです。成長要因の操舵力を測定することで、電動ステアリングサポートの繊細な制御を可能にするセンサーです。

  • このセンサーは、非接触の磁気測定原理に基づいて動作します。マグネットユニット、磁束管ユニット、センサーユニットで構成されています。トルクセンサーは、2つの独立したコイルで構成されています。一方のコイルが右回り、もう一方のコイルが左回りを判断します。そして、その信号は電動パワーステアリング(EPS)モジュールから適切なコイルに送られ、車両の操舵をアシストします。

自動車業界では、技術の進歩に伴い、センサー製品も常に改良されています。例えば、次のようなことです。

  • 2018年6月、インフィニオン・テクノロジーズAGは、新しい磁気角度センサー「TLE5014」を開発しました。この新製品は、電動ステアリングシステムに簡単に組み込むことができます。TLE5014センサは、シングルダイでISO26262 ASIL C、デュアルダイでISO26262 ASIL Dに適合しています。
  • パナソニック株式会社の社内カンパニーであるオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、EPSやハイブリッドシステムに使用される車載モータの回転角度を検出する小型・軽量・高精度な磁気式角度センサを開発しました。2018年5月にサンプル品の納入を開始し、2025年に年間400億円の売上を見込んでいます。

同社は、モーターをスターターモーターとジェネレーターモーターの両方に使用するEPSやシフトバイワイヤートランスミッション、ハイブリッドシステムのメーカーに、このセンサーを売り込む可能性があります。2019年9月頃を目処に受注を開始する予定です。

このようなEPSシステム向けの改良型センサー製品は、予測期間中も自動車メーカーでの採用が進むと思われます。

欧州が市場で大きなシェアを占める

電気自動車市場は、世界各地で急速に拡大しています。例えば、欧州では、2018年の電気自動車の販売台数が2017年のそれと比較して37%増加しました。さらに、世界中のいくつかの政府は、電気自動車の利用を支援するために、さまざまな政策、インセンティブ、プロジェクトを策定しています。

2024年には、新車販売台数の4%近く、世界の自動車保有台数の7%が電気自動車になると予想されています。電気自動車の販売台数の増加に伴い、軽量ステアリングシステム(電動パワーステアリング(EPS)など)の展開率は、予測期間中に潜在的な需要が発生すると予想されます。

自動車産業は、同国最大の産業部門です。2018年、自動車産業はドイツの産業総収入の20%近くを占めています。

  • ドイツは欧州第一の自動車市場であり、自動車生産台数は約512万台で、2018年に生産された欧州乗用車の27%近くを占めています。

しかし、EU全体の新しい排ガス測定手順の制定により、自動車生産が低迷し、夏場は同国経済が苦戦しました。

  • EUが「世界調和型軽自動車試験方法」に向けて動き出す中、ドイツの自動車メーカーの一部は規制当局の認可を得るのに苦労しました。同時に、新規制の施行前に在庫を処分するためにディーラーが大幅な値引きを行ったことも、生産に水を差しました。

しかし、ドイツの自動車メーカーが新工場を建設し、EPSなどの軽量ステアリングシステムを搭載することで、輸出コストの低減が見込まれ、市場の収益性が向上すると期待されています。

EPSのセンサー技術の進歩と、これらのシステムの製造コストの低減が、ドイツの自動車用ステアリング市場の成長に寄与しています。

このように、この地域の自動車用ステアリング市場は、上記のような新興国市場の発展により、急速な成長が期待されています。

競合情勢

自動車用ステアリング市場は、Robert Bosch GmbH、ZF Friedrichshafen AG、株式会社ジェイテクト、Nexteer Automotive Corporation、日本精工株式会社、株式会社万都、株式会社ショーワなど、複数の企業によって支配されています。これらの企業は、競争力を持つことができるように、新たな革新的な技術によって事業を拡大してきました。

  • 株式会社ジェイテクトは、2017年9月にモロッコで初の生産拠点となるJTEKT Automotive Morocco SaS(JAMO)を設立し、2018年9月に工場建設に着手しました。同工場は2020年に量産開始予定で、電動パワーステアリングの年間生産能力は23万台。同工場は、主にモロッコと北アフリカ市場に対する同社の新たな供給拠点となる可能性があります。
  • Nexteerと東風部品の合弁会社がステアリングシステムの生産を開始したことで、両社の連携が強まっていることがうかがえます。東風汽車集団などの顧客へのサービスをより重視し、Nexteerの長期的な利益成長戦略の基礎を築く可能性があります。
  • 2019年12月、ボッシュは自動車整備工場で、ステアリングシステムの取り付けを容易にするコンポーネントを追加するなど、油圧ステアリングシステムの製品群を拡大しました。

追加のメリット

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストサポート3ヶ月分

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場促進要因
  • 市場の抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント
    • 油圧ポンプ
    • ステアリング/コラム/ラック
    • センサー
    • 電動モーター
    • その他部品
  • 車種別
    • 乗用車
    • 商用車
  • メカニズム
    • 電子式パワーステアリング(EPS)
    • 油圧式パワーステアリング(HPS)
    • 電動アシスト油圧式パワーステアリング
  • 地域別
    • 北アメリカ
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • ロシア
      • その他
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • その他中東地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Robert Bosch GmbH
    • JTEKT Corporation
    • Nexteer Automotive Corporation
    • NSK Ltd
    • Showa Corporation
    • Mando Corporation
    • Sona Corporation
    • ZF Friedrichshafen AG
    • Hitachi Automotive Systems Limited

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 50821

The automotive steering market is expected to register a CAGR of over 5.5% during the forecast period.

Key Highlights

  • Power steering is standard and has been increasing in most of the passenger cars around the world. However, in the emerging markets, some entry-level vehicles have been sold without a power steering.
  • Power steering or rather power-assisted steering was introduced to assist the driver in reducing the manual effort. An advantage of power steering is its adjustable speed characteristic, where the steering has been assisted more at low speed and assisted lightly at high speed, in order to increase the control over the vehicle.
  • Electric systems are significantly fuel-efficient, due to the absence of belt-driven hydraulic or manual pumps, which can run continuously, whether assistance is required or not.
  • Among regions, Asia-Pacific to dominate the steering market. The APAC automotive steering market is primarily driven by growing vehicle production and sales, increasing demand for electric vehicles, and strengthening emission norms, which, in turn, have been increasing the demand for luxury vehicles.

Key Market Trends

Increasing Adoption of Sensors

The sensor located in the steering column measures two primary driver inputs - torque (steering effort) and steering wheel speed and position. Thus, there are three types of sensors used in such systems, namely torque sensor, steering wheel speed sensor, and position sensor.

These sensors deliver the signals as inputs to an ECU, which provides an appropriate output to the steering system for an action to take place.

Torque sensors are generally non-contact sensors. The sensor measures the steering force applied by the driver, and thus, enables sensitive control of the electric steering support.

  • It works based on a non-contact magnetic measuring principle. It contains a magnet unit, a flux-tube unit, and a sensor unit. The torque sensor itself has two independent coils of wire. One of the coils determines if a right-hand turn is being made, while the other determines if a left-hand turn is being made. The signal is then sent from the electric power steering (EPS) module to the appropriate coil, which then assists the vehicle in steering.

With the growing advancements in technology, sensor products are also being consistently upgraded and improved in the automotive industry. For instance:

  • In June 2018, Infineon Technologies AG developed a new magnetic angle sensor, TLE5014. The new product can be easily integrated into an electric steering system. The TLE5014 sensors meet ISO26262 ASIL C for the single die and ISO26262 ASIL D for the dual die versions.
  • Automotive & Industrial Systems Company (Automotive & Industrial Systems), an in-house company of Panasonic Corporation developed a miniature, lightweight, and high-precision magnetic angle sensor that detects rotation angles of automotive motors used in EPS and hybrid systems. The company started delivering sample products in May 2018 and estimates annual sales of JPY 40 billion in 2025.

The company may promote the sensor to manufacturers of EPS and shift-by-wire transmissions, and hybrid systems that use motors, as both starter and generator motors. The company is expected to start accepting orders by around September 2019.

Such improved sensor products for the EPS system are likely to continue to see an increasing adoption among the automakers during the forecast period.

Europe holds a significant share in the Market

The electric vehicle market has been rapidly growing across the world. For instance, in Europe, electric vehicle sales increased by 37% in 2018, as compared to that of 2017. Additionally, several governments across the world have formulated various policies, incentives, and projects to support the usage of electric vehicles.

By 2024, nearly 4% of the new car sales and 7% of the global car fleet are expected to be electric. With the growing electric vehicle sales, the deployment rate of lightweight steering systems (like electric power steering (EPS)) is expected to see a potential demand during the forecast period.

The automotive industry is the largest industry sector in the country. In 2018, the automotive industry accounted for nearly 20% of the total German industry revenue.

  • Germany is Europe's number one automotive market with car production of about 5.12 million, which accounted for nearly 27% of the European passenger cars manufactured in 2018.

However, the country's economy struggled over the summer, due to weak car production, owing to the enactment of new EU-wide emission measurement procedures.

  • With the European Union moving toward the Worldwide Harmonized Light Vehicle Test Procedure, some German automakers struggled to gain regulatory clearance. At the same time, production was also dampened by significant dealership discounts to clear stock before the new rules came into effect.

With the installation of new plants by OEM suppliers in Germany, the addition of lightweight steering systems, such as EPS, in cars is expected to lower the cost incurred on exporting the systems, thus, driving the market toward higher profitability.

Advancements in the sensor technology of EPS and the reducing cost of manufacturing these systems have contributed to the growth of the German automotive steering market.

Thus, owing to the developments mentioned above, the automotive steering market in the region is expected to grow at a rapid pace.

Competitive Landscape

The automotive steering market is dominated by several players, such as Robert Bosch GmbH, ZF Friedrichshafen AG, JTEKT Corporation, Nexteer Automotive Corporation, NSK Ltd, Mando Corporation, and Showa Corporation. These companies have been expanding their business by new innovative technologies so that they can have a competitive edge.

  • In September 2017, JTEKT Corporation established JTEKT Automotive Morocco SaS (JAMO), its first manufacturing site in Morocco, and in September 2018, it started construction on the plant. The plant is scheduled to begin mass production in 2020 and has an annual production capacity of 230,000 electric power steering systems. The plant may become the company's new supply base for mainly the Moroccan and the North African market.
  • Nexteer and Dongfeng Components' joint venture began steering systems production, and the start-of-production of the joint venture indicated an increasing alignment between two companies. It may be more focused on serving customers, such as Dongfeng Motor Group, and may lay the foundation for Nexteer's strategy for long-term profitable growth.
  • In December 2019, Bosch expanded its range of hydraulic steering systems, including additional components that ease the installation of steering systems, at automotive workshops.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Component
    • 5.1.1 Hydraulic Pump
    • 5.1.2 Steering/Coloumn/Rack
    • 5.1.3 Sensors
    • 5.1.4 Electric Motor
    • 5.1.5 Other Components
  • 5.2 Vehicle Type
    • 5.2.1 Passenger Cars
    • 5.2.2 Commercial Vehicles
  • 5.3 Mechanism
    • 5.3.1 Electronic Power Steering (EPS)
    • 5.3.2 Hydraulic Power Steering (HPS)
    • 5.3.3 Electrically Assisted Hydraulic Power Steering
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Russia
      • 5.4.2.5 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 India
      • 5.4.3.2 China
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle East & Africa
      • 5.4.5.1 United Arab Emirates
      • 5.4.5.2 Saudi Arabia
      • 5.4.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Robert Bosch GmbH
    • 6.2.2 JTEKT Corporation
    • 6.2.3 Nexteer Automotive Corporation
    • 6.2.4 NSK Ltd
    • 6.2.5 Showa Corporation
    • 6.2.6 Mando Corporation
    • 6.2.7 Sona Corporation
    • 6.2.8 ZF Friedrichshafen AG
    • 6.2.9 Hitachi Automotive Systems Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS