デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
354532

石膏コンクリート市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Gypsum Concrete Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
石膏コンクリート市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の石膏コンクリート市場は、予測期間中に約8%の推定CAGRで、健全な成長を遂げると予測されています。石膏コンクリートの優れた特性、防音・軽量化素材の需要増、床下輻射暖房システムの需要増などの要因が、石膏コンクリート市場の成長を後押ししています。

主なハイライト

  • 消費者の認識不足と、北米地域での石膏コンクリートの限られた普及が、調査対象市場の抑制要因となる見込みです。
  • 北米は、消費の面で、石膏コンクリートのための最大の市場であることを立っています。しかし、アジア太平洋や欧州などの地域は、予測期間中に大きな成長を記録することが期待されています。

主な市場動向

住宅建設における需要の増加

  • 住宅建設では、高層住宅や地下駐車場の増加により、構造設計とともに音の伝達が重要な検討事項になっています。高層住宅では、住宅が密集しているため、防音材や断熱材が広く使用されています。そのため、石膏コンクリートはそのような特性を備えており、住宅建設に広く適しています。
  • 住宅建設は、大幅に石膏コンクリート市場の成長に貢献すると期待されているアジア太平洋、北米、欧州などの地域で力強い成長を目の当たりにしてきました。
  • アジア太平洋は、インド、中国、フィリピン、ベトナム、インドネシアなどの国における住宅建設に強い成長を示されています。これらの国々では、サービス産業の成長、人口の増加、所得水準の上昇に伴う移住者の増加が需要を大きく牽引しています。
  • インドネシアでは、政府が2021年までに約4,500億米ドルの建設部門への投資を計画しており、同国の住宅建設に弾みがつくと期待されています。
  • インドでは、今後7年間で約1兆3,000億米ドルの住宅投資が見込まれており、新たに6,000万戸の住宅が建設される見込みです。また、2024年までに手頃な価格の住宅が70%程度増加すると予想されています。また、インド政府が提唱する「2022年までにすべての人に住宅を」も、この業界にとって大きな変化となります。
  • したがって、これらの地域全体の住宅建設のこのような堅牢な成長は、予測期間中に石膏コンクリート市場の需要を後押しする可能性があります。

市場を独占する北米地域

  • 北米は世界市場のシェアを独占しています。同地域では投資や建設活動が活発化しており、予測期間中に石膏コンクリートの需要が伸びると予測されています。
  • 米国の建設業界は、好調な経済と商業用不動産のポジティブな市場ファンダメンタルズに加え、公共事業や機関建築物に対する連邦政府や州政府の資金提供の増加により、拡大を続けています。
  • 建設業界はこれまで着実な成長を見せており、2020年まで4.5%の成長率で推移すると予測されます。
  • 米国の住宅部門の成長は、非住宅部門に比べ緩やかです。同国では、人口増加により住宅需要の拡大が見込まれています。さらに、今後10年間で約2,000万世帯が建設されると予測されています。米国の商業建築部門は、今後数年間で成長を遂げると予想されています。
  • 一戸建て住宅は86万6,000戸、5戸以上の建物は50万9,000戸の割合で推移しています。
  • また、米国の商業用建築物への支出は、予測期間中、年率4%以上の成長が見込まれています。
  • したがって、このような建設業界の動向は、予測期間中に石膏コンクリート市場の成長を促進することが期待されます。

競合情勢

石膏コンクリート市場は、部分的に統合された性質を持っています。主なプレーヤーは、Hacker Industries, Inc.、USG Corporation、MAXXON, INC.などです。

追加のメリット

  • 市場予測(ME)シート(Excel形式
  • アナリストサポート3ヶ月分

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 成長要因
    • 石膏コンクリートの優れた特性
    • 防音・軽量化の要求の高まり
    • 床暖房の需要拡大
  • 阻害要因
    • 消費者の認識不足
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • 石膏混合コンクリート
    • 石膏繊維コンクリート
    • 発泡石膏コンクリート
    • その他の製品タイプ
  • 床材タイプ
    • コンクリート床
    • 木造床
    • 波型鋼床
    • 輻射熱床
    • その他の床材
  • 用途
    • 住宅用
    • 商業施設
    • 産業用
  • 地域別
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他
    • 中近東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、提携、契約
  • 市場シェア分析
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Accu-Crete
    • ACG Materials
    • ARDEX Group
    • Formglas Products Ltd
    • Hacker Industries, Inc.
    • Janes Gypsum Floors Inc.
    • MAPEI SpA
    • MAXXON, INC.
    • USG Corporation
    • Warmboard

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 55673

The global gypsum concrete market is estimated to witness a healthy growth, at an estimated CAGR of around 8%, over the forecast period. Factors, such as superior characteristics of gypsum concrete, rising demand for sound reduction and lightweight materials, and growing demand for underfloor radiant heating systems, have been driving the growth of gypsum concrete market.

Key Highlights

  • Lack of awareness among consumers, with limited popularity of gypsum concrete in North American region stands to be a constraint in the studied market.
  • North America stands to be the largest market for gypsum concrete, in terms of consumption. However, regions like Asia-Pacific and Europe are expected to register significant growth over the forecast period.

Key Market Trends

Increasing Demand from Residential Construction

  • In residential construction, sound transmission has become an important consideration, along with structural design due to increasing trend of high-rise housing towers, along with basement parking. Due to closely attached residential flats in high-rise housing towers, sound-proof and heat insulating material are widely suitable. Therefore, while gypsum concrete exhibits such required properties, it is widely suitable for use in residential construction.
  • Residential construction has been witnessing strong growth in regions, like Asia-Pacific, North America and Europe which is expected to significantly contribute to the growth of gypsum concrete market.
  • Asia-Pacific has been witnessing strong growth in the residential construction in countries such as India, China, Philippines, Vietnam, and Indonesia. In these countries, demand is majorly driven by the increased migration as a result of growing service industry, rising population, and rise in income levels.
  • In Indonesia, the government planned to invest in construction sector about USD 450 billion by 2021, which is expected to provide boost to residential construction in the country.
  • India is likely to witness an investment of around USD 1.3 trillion in housing over the next seven years, where the country is likely to witness the construction of 60 million new homes. The availability of affordable housing is expected to rise around 70% by 2024, in India. Besides, the Indian government's 'Housing for All by 2022' is also a major game changer for the industry.
  • Therefore, such robust growth in residential construction across these regions are likely to boost the demand for gypsum concrete market during the forecast period.

North America Region to Dominate the Market

  • North America dominated the global market share. With growing investments and the construction activities in the region, the demand for gypsum concrete is projected to grow during the forecast period.
  • The construction industry in the United States continued to expand, owing to a strong economy and positive market fundamentals for commercial real estate, along with an increase in federal and state funding for public works and institutional buildings.
  • The construction industry has been showing steady growth so far, and this is projected to continue at a rate of 4.5% through 2020.
  • The US residential sector's growth is slower than the non-residential sector. In the country, the growing population is expected to boost the demand for housing. Furthermore, about 20 million households are projected to be constructed over the next decade. The US commercial construction sector is expected to witness growth in the next few years.
  • Single-family housing units and building with five units or more are at a rate of 866,000 and 509,000 respectively.
  • The expenditures of United States on commercial building construction are forecasted to grow more than 4% annually through the forecast period.
  • Hence, all such trends in the construction sector is expected to drive the growth of gypsum concrete market during the forecast period.

Competitive Landscape

The market for gypsum concrete is partially consolidated in nature. The major players include Hacker Industries, Inc., USG Corporation, and MAXXON, INC., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Superior Properties of Gypsum Concrete
    • 4.1.2 Rising Demand for Sound Reduction and Lightweight Materials
    • 4.1.3 Increased Demand for Under-floor Heating Systems
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Lack of Awareness among Consumers
  • 4.3 Industry Value-Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Gypsum Compound Concrete
    • 5.1.2 Gypsum Fiber Concrete
    • 5.1.3 Gypsum Foam Concrete
    • 5.1.4 Other Product Types
  • 5.2 Sub-floor Type
    • 5.2.1 Concrete Floor
    • 5.2.2 Wooden Floor
    • 5.2.3 Corrugated Steel Deck Floor
    • 5.2.4 Radiant Heating Floor
    • 5.2.5 Other Sub-floor Types
  • 5.3 Application
    • 5.3.1 Residential
    • 5.3.2 Commercial
    • 5.3.3 Industrial
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 France
      • 5.4.3.4 Italy
      • 5.4.3.5 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Accu-Crete
    • 6.4.2 ACG Materials
    • 6.4.3 ARDEX Group
    • 6.4.4 Formglas Products Ltd
    • 6.4.5 Hacker Industries, Inc.
    • 6.4.6 Janes Gypsum Floors Inc.
    • 6.4.7 MAPEI SpA
    • 6.4.8 MAXXON, INC.
    • 6.4.9 USG Corporation
    • 6.4.10 Warmboard

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS