表紙:スマートシティ市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
342264

スマートシティ市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Smart Cities Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 194 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.14円
スマートシティ市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 194 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートシティ市場は、2020年に7,397億8,000万米ドルとなり、2026年には20361億米ドルに達し、予測期間(2021年~2026年)のCAGRは18.22%で成長すると予測されています。グリーンテクノロジーの採用が増加していることが、予測期間中の市場の牽引役となるでしょう。

主なハイライト

  • 技術的に進んだ都市では、モノのインターネット(IoT)プラットフォームを利用して都市インフラを監視し、交通の流れや駐車場から水質や大気質まで、あらゆるものを管理しています。これらの都市は、生成されたスマートデータを使用して、環境の持続可能性に焦点を当てた長期的な計画決定に取り組んでいます。このように、世界の都市化に伴い、近い将来、スマートシティへの取り組みやプロジェクトはますます増えていくことでしょう。
  • そのため、都市化の進展に伴い、インフラや資産を管理する必要性から、世界中の国々がスマートシティプロジェクトに投資するようになっています。コンシューマーテクノロジー協会によると、スマートシティ開発に対する世界の支出は、2020年までに343億5,000万米ドルに達すると予想されています。
  • モノのインターネット(IoT)による人工知能(AI)の活用は、自律走行車、適応型エネルギーシステム、さらにはスマートヘルスケアなど、都市におけるビジネスチャンスを広げ続けています。
  • 都市におけるスマートデバイスの展開に関するセキュリティ上の懸念は、スマートシティ市場の成長を抑制する主な要因の1つとなっています。他のコネクテッドテクノロジーと同様に、スマートシティシステムもデータ伝送をネットワークに依存しているため、侵害の危険性があります。

主な市場動向

都市化がスマートシティ市場の成長を牽引

  • 国連人口基金によると、2014年には世界人口の54%が都市部に住んでおり、その数は約33億人です。2030年までには、総人口の約67%が都市部に住むと予想されています。
  • そのため、都市化によってスマートテクノロジーへの取り組みが必要となり、市場の成長を後押ししています。新興国を中心に急速に都市化が進む中、都市の成長と経済発展は切っても切り離せない関係にあります。
  • 例えば、中国の中産階級の台頭は都市特有の現象であり、30年足らずで5億人を貧困から救い出し、生活水準を向上させる都市独自の力を証明するものとなっています。
  • 爆発的な人口増加と都市のスプロール化のダイナミックな変化、そして新興国のメガシティの経済成長は、さまざまな分野で事業を展開する企業にさまざまな機会をもたらすだろう。
  • 新興経済諸国の巨大都市は、既存のプレミアム製品や技術の最大の市場となることが予想され、一方、先進経済諸国は、持続可能な施策の動向を目撃することが期待されます。

予測期間中、アジア太平洋地域が最も速い成長を遂げると予想される

  • アジア太平洋は、中国とインドを筆頭に、予測期間中に最も高い成長率を記録すると予想されます。中国は、大都市から小規模都市まで、約500のスマートシティ実証実験を行っており、これは世界最高水準です。
  • 2013年、中国住宅都市農村開発部(MOHURD)は、スマートシティの国家パイロットプロジェクトの最初のリストを発表しました。2015年までに、同国には合計326のスマートシティプロジェクトが存在します。インドでは、合計731のスマートシティプロジェクトがあり、46,366クローネ相当が承認されています。49のプロジェクト(6.7%)で実施が開始され、24のプロジェクト(3.3%)ではわずかな完了にとどまっています。
  • インド政府のスマートシティミッションは、持続可能で包括的な開発アプローチに基づいています。このミッションの目的は、複製可能なモデルを作り、国内の他の様々な地域で同様のスマートシティを作る触媒となることです。
  • 政府によるこれらの投資や規制は、交通、エネルギー、公共安全など、国のさまざまな部門を活性化させ、さまざまな地域でスマートシティを構築することを目的としており、予測期間中のスマートシティ市場を後押しするものと思われます。

競合情勢

主要企業としては、ABB Ltd、Cisco Systems Inc.、Emerson Electric Co.、IBM Corporation、Ericsson Inc.、Schneider Electric SE、General Electric Co.等が挙げられます。大手企業同士が熾烈な競争を繰り広げ、より優れた、信頼性の高いスマート製品を開発するために、研究開発に多額の投資を行っているため、市場の競争力は非常に高い。そのため、市場の集中度は低い。

  • 2018年2月-Honeywellは、ビル関係者とデータ分析を結びつけ、運用改善と効率化を促進する最新のスマートビルディング技術を発表しました。
  • 2018年1月- シーメンスのビルディングテクノロジー部門は、ビルで活用できるダストセンサーを発表し、健康的な室内環境を実現するための製品を充実させました。このセンサーは、粒子汚染の監視と可視化に使用でき、ビル管理システムに簡単に組み込むことができます。

追加のメリット

  • 市場予測(ME)シート(Excel形式
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査の前提条件
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と阻害要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • 人工知能(AI)およびモノのインターネット(IoT)の採用の増加
    • 都市人口の急激な増加
  • 市場制約要因
    • IoTやスマートデバイスに関連するセキュリティの懸念
  • 産業バリューチェーン分析
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • ソリューション別
    • スマートモビリティマネジメント
    • スマートパブリックセーフティ
    • スマートヘルスケア
    • スマートビルディング
    • スマートユーティリティ
    • スマートセキュリティ
    • スマートエデュケーション
    • その他のソリューション
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • スウェーデン
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 南北アメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ共和国
      • その他中東地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABB Ltd
    • Cisco Systems Inc.
    • Emerson Electric Co.
    • IBM Corporation
    • Ericsson Inc.
    • Schneider Electric SE
    • General Electric Co.
    • Siemens AG
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Honeywell International Inc.
    • Hitachi Ltd
    • Nokia Corporation
    • Koninklijke Philips NV

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 51702

The smart cities market was valued at USD 739.78 billion in 2020 and is expected to reach USD 2036.10 billion by 2026 and grow at a CAGR of 18.22% over the forecast period (2021 - 2026). The increase in adoption of green technology will drive the market in the forecast period.

Key Highlights

  • The technologically advanced cities are using the Internet of Things (IoT) platforms to monitor city infrastructures, managing everything from traffic flows and parking to water and air quality. These cities are using the resulting smart data generated, to tackle longer-term planning decisions focused on environmental sustainability. Thus, with the world's moving towards urbanization, there is an increasing number of smart city initiatives and projects, in the near future.
  • Therefore, with growing urbanization, the need to manage infrastructure and assets is prompting countries across the world to invest in smart city projects. According to the Consumer Technology Association, the worldwide spending on smart city developments is expected to reach USD 34.35 billion, by 2020.
  • Leveraging Artificial Intelligence (AI) through the Internet of Things (IoT) continues to unlock opportunities within cities, including autonomous vehicles, adaptive energy systems, and even smart healthcare.
  • Security concerns over the deployment of smart devices in cities are one of the primary factors restraining the growth of the smart cities market. Like any other connected technologies, smart city systems also depend on networks for data transmissions and are thus, vulnerable for breaching.

Key Market Trends

Urbanization to Drive the Smart Cities Market Growth

  • According to the United Nations Populations Fund, in 2014, 54% of the world's population lived in urban areas, which is approximately 3.3 billion people. By 2030, roughly 67% of the total population is expected to live in urban areas.
  • Hence, urbanization demands smart technology initiatives driving market growth. With rapid urbanization primarily taking place in developing countries, the growth of cities and economic development are inextricably linked.
  • For example, the rise of China's middle class, a distinctly urban phenomenon has lifted 500 million people out of poverty in less than 30 years and is a testament to the power cities uniquely possess to elevate living standards.
  • The explosive population growth and dynamic shift in urban sprawl, coupled with the economic growth of megacities in the emerging economies, would pose a variety of opportunities for companies operating in different sectors.
  • The megacities from the emerging economies are expected to become the largest markets for existing premium products and technologies, while their developed counterparts are expected to witness a trend of sustainable measures.

Asia-Pacific is Expected to Witness the Fastest Growth Over the Forecast Period

  • The Asia Pacific segment is expected to witness the highest growth rate over the forecast period where China and India are the prominent countries. China has approximately 500 smart city pilot projects, the highest in the world, covering big and small cities.
  • In 2013, MOHURD, China (Ministry of Housing and Urban-Rural Development) announced the first list of national pilot Smart Cities. By 2015, the country had a total of 326 smart city projects. There are a total of 731 smart city projects in India, worth INR 46,366 crore, which have been approved. Implementation has been initiated in 49 (6.7%) projects, with only a meagre completion of 24 (3.3%) projects.
  • The Smart Cities Mission of the Government of India is based on a sustainable and inclusive development approach. The aim of the mission is to create a model that can be replicated, catalyzing the creation of similar Smart Cities in various other parts of the country.
  • These investments by the government and regulations are aimed at sprucing up various departments of a country, such as transportation, energy, and public security, etc., to build smart cities in various regions, which will boost the smart cities market in the forecast period.

Competitive Landscape

The major companies include ABB Ltd, Cisco Systems Inc., Emerson Electric Co., IBM Corporation, Ericsson Inc., Schneider Electric SE, and General Electric Co., among others. The market is highly competitive since the market giants are having cut-throat competition among themselves, they are all investing buttload of amounts in R&D for developing better, reliable smart products. Therefore, the market concentration will be low.

  • February 2018 - Honeywell announced its latest smart building technology, which connects building personnel with data analytics to help drive operational improvements and efficiencies.
  • January 2018 - Siemens building technologies division introduced a dust sensor which can be utilized in buildings, rounding out its product offering for a healthy indoor climate. The sensor can be used to monitor and visualize particle pollution and is easy to integrate into building management systems.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Rising Adoption of Artificial Intelligence (AI) and Internet of Things (IoT)
    • 4.3.2 Rapidly Growing Urban Population
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Security Concerns Related to IoT and Smart Devices
  • 4.5 Industry Value Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Solution
    • 5.1.1 Smart Mobility Management
    • 5.1.2 Smart Public Safety
    • 5.1.3 Smart Healthcare
    • 5.1.4 Smart Building
    • 5.1.5 Smart Utilities
    • 5.1.6 Smart Security
    • 5.1.7 Smart Education
    • 5.1.8 Other Solutions
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 United Kingdom
      • 5.2.2.2 Germany
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Sweden
      • 5.2.2.5 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 Australia
      • 5.2.3.5 South Korea
      • 5.2.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Latin America
      • 5.2.4.1 Mexico
      • 5.2.4.2 Brazil
      • 5.2.4.3 Argentina
      • 5.2.4.4 Rest of Latin America
    • 5.2.5 Middle East & Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 United Arab Emirate
      • 5.2.5.3 South Africa
      • 5.2.5.4 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 ABB Ltd
    • 6.1.2 Cisco Systems Inc.
    • 6.1.3 Emerson Electric Co.
    • 6.1.4 IBM Corporation
    • 6.1.5 Ericsson Inc.
    • 6.1.6 Schneider Electric SE
    • 6.1.7 General Electric Co.
    • 6.1.8 Siemens AG
    • 6.1.9 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 6.1.10 Honeywell International Inc.
    • 6.1.11 Hitachi Ltd
    • 6.1.12 Nokia Corporation
    • 6.1.13 Koninklijke Philips NV

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS