デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445503

ニコチンガム: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029)

Nicotine Gum - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
ニコチンガム: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ニコチンガム市場規模は2024年に15億3,000万米ドルと推定され、2029年までに18億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.11%のCAGRで成長します。

ニコチンガム- マーケット

主なハイライト

  • ニコチンガムとニコチンパッチの市場は、禁煙補助具への嗜好の高まり、タバコ消費を規制する政府の取り組み、喫煙による死亡者数の増加など、さまざまな要因によって動かされています。たとえば、2030年までに禁煙を目指す英国政府の目標は、消費者の禁煙を支援することを目的とした禁煙サービスやその他の取り組みへの多額の投資につながりました。
  • 同様に、Johnson & Johnsonによるヨルダン保健省へのニコチンパッチの寄贈は、COVID-19感染症のパンデミック中およびその後の禁煙を支援する取り組みの例となっています。タバコの煙に含まれる有害化学物質への曝露を減らそうとする喫煙者は、近年、ニコチンガムのようなニコチン代替療法(NRT)製品の世界の需要を高めています。世界のNRT業界の最近の発展には、より長持ちするガムのイントロダクションや、フレーバー付きの代替品の人気の高まりが含まれます。禁煙を助けるためにニコチン置換療法(NRT)を利用する人の数も増加しており、その使用を支持する医師の割合も増加しています。
  • 食品医薬品局(FDA)は、ニコチンガムを禁煙を助ける薬として承認しました。強い欲求を管理し、禁断症状を防ぐために、ニコチンパッチと組み合わせて使用されることがよくあります。喫煙に伴う健康被害に対する意識の高まりにより、禁煙を試みる人々の数が増加し、ニコチンガム製品の売上が増加しています。
  • さらに、喫煙による死亡者数の多さにより、メーカーはタバコ関連の害を軽減する新製品の開発を促し、市場の成長を促進しています。たとえば、世界保健機関(WHO)によると、アフリカ、アメリカ、欧州、東南アジア地域の喫煙者数は、2025年にそれぞれ6,200万人、1億1,800万人、1億6,800万人、4億1,800万人になると予想されています。

ニコチンガム市場動向

喫煙に伴う健康被害に対する意識の高まり

  • ニコチン禁煙製品の市場では、先進国と新興諸国の両方で医療機関やリハビリクリニックからの需要が大幅に増加しています。この傾向は、紙巻きタバコの有害な健康被害に対する意識の高まりにより、消費者が禁煙を助けるガムやパッチなどのニコチン代替療法を好むことによって推進されています。
  • 米国心臓協会(AHA)は、米国だけで喫煙関連疾患により年間44万人以上が死亡していると報告しています。さらに、喫煙し経口避妊薬を服用している35歳以上の女性は脳卒中や心臓病のリスクが高く、喫煙者は非喫煙者に比べて心臓病を発症する可能性が2~4倍高くなります。
  • 各国政府はまた、タバコの広告や宣伝の禁止、公共の場所での喫煙の制限、タバコ製品に関する大胆な健康警告を伴う健康教育キャンペーンの実施など、喫煙率を下げるための包括的な対策を講じています。インドの国家タバコ規制局(NTCC)は、国家タバコ規制プログラム(NTCP)に基づくさまざまな活動の計画、政策策定、監視、実施、評価を担当しています。これらの措置により、消費者はタバコの消費量を減らすための代替品を探すようになり、ニコチンガム市場の需要が高まっています。
  • さらに、さまざまなフレーバーが入手可能であることも、ニコチンガムの成功に貢献しています。ニコチンガムにはミント、フルーツ、シナモンなどのさまざまなフレーバーがあり、喫煙者が風味を損なうことなく禁煙を容易にします。このため、従来のタバコ製品の風味が苦手だった喫煙者の間でニコチンガムの人気が高まっています。

北米が市場で大きなシェアを握る

  • 北米では、この地域の市場成長を促進する政府の取り組みやキャンペーンによって、健康志向の消費者の割合が増加しています。さらに、この地域には、成長する需要を捉えて市場での競争優位性を達成するための製品イノベーションに注力する大手ブランドが存在します。
  • たとえば、Nicoretteは、より滑らかな質感のアイスミントトローチでコーティングされた新しいニコチンガム製品を発売しました。このような要因は、調査期間中に市場の成長を促進すると予想されます。米国は北米のニコチンガム市場で大きなシェアを占めています。

ニコチンガム業界の概要

ニコチンガム市場は競争が激しく、多数の世界企業、地域企業、プライベートブランド企業が大きな市場シェアを目指して競い合っています。市場の主要企業には、British American Tobacco、Haleon Group of Companies、Johnson & Johnson、Perrigo Company plc、Philip Morris International Inc.などが含まれます。

主要企業は、競合他社との差別化を図り、ニコチンガムの需要の増加に応えるために、製品ポートフォリオを拡大し、シュガーフリーガムなどのユニークな製品を提供することに注力しています。メーカーもニコチンガムの味、風味、機能性の向上に努めており、競争力を高めるためにさまざまなマーケティングキャンペーンを通じて自社製品を宣伝しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • ニコチンガム2mg
    • ニコチンガム4mg
  • 流通チャネル
    • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
    • コンビニエンスストア・タバコ店
    • オンライン小売店
    • その他の流通チャネル
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米
    • 欧州
      • スペイン
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • ロシア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • 南アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • British American Tobacco
    • Haleon Group of Companies
    • ITC Limited
    • Johnson &Johnson
    • Perrigo Company plc
    • Philip Morris International Inc.
    • Rubicon Research(Rubicon Consumer Healthcare)
    • Alchem International Pvt. Limited
    • Cipla Limited
    • Die betapharm Arzneimittel GmbH
    • Alkalon A/S

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 68036

The Nicotine Gum Market size is estimated at USD 1.53 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.86 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.11% during the forecast period (2024-2029).

Nicotine Gum - Market

Key Highlights

  • The market for nicotine gums and patches is driven by various factors, including the growing preference for smoking cessation aids, government initiatives to control tobacco consumption, and the rising number of deaths caused by smoking. For example, the United Kingdom government's objective to be smoke-free by 2030 has led to significant investments in stop-smoking services and other initiatives aimed at helping consumers quit smoking.
  • Similarly, Johnson & Johnson's donation of nicotine patches to the Ministry of Health of Jordan exemplifies efforts to support smoking cessation during the COVID-19 pandemic and beyond. Cigarette smokers looking to reduce their exposure to hazardous chemicals in tobacco smoke have driven up worldwide demand for nicotine replacement therapy (NRT) products like nicotine gum in recent years. Recent developments in the worldwide NRT industry include the introduction of longer-lasting gums and the rising popularity of flavored alternatives. The number of persons utilizing nicotine replacement therapy (NRT) to help them stop smoking has also increased, as has the percentage of doctors who advocate for its use.
  • The Food and Drug Administration (FDA) approves nicotine gum as a medicine to aid in quitting smoking. It is often combined with nicotine patches to manage stronger cravings and prevent withdrawal symptoms. The increasing awareness of the health hazards associated with smoking has resulted in a rise in the number of people attempting to quit smoking, thereby boosting sales of nicotine gum products.
  • Moreover, the high number of deaths caused by smoking has prompted manufacturers to develop new products that reduce tobacco-related harm, thereby driving market growth. For example, according to the World Health Organization (WHO), the number of tobacco smokers in the African, American, European, and South East Asian regions will be 62, 118, 168, and 418 million, respectively 2025.

Nicotine Gum Market Trends

Rising Awareness Regarding Health Hazards Associated with Smoking

  • The market for nicotine cessation products has seen a significant increase in demand from medical institutions and rehab clinics in both developed and developing countries. This trend is driven by consumers' preference for nicotine replacement therapies, such as gums and patches, to help them quit smoking due to the growing awareness of the harmful health hazards of smoking cigarettes.
  • The American Heart Association (AHA) reports that smoking-related diseases result in more than 440,000 deaths yearly in the United States alone. Moreover, women aged 35 and older who smoke and take birth control pills are at a higher risk of stroke or heart disease, and cigarette smokers are 2-4 times more likely to develop heart disease than non-smokers.
  • Governments are also taking comprehensive measures to reduce smoking rates, such as banning tobacco advertising and promotion, restricting smoking in public places, and implementing health education campaigns with bold health warnings on tobacco products. India's National Tobacco Control Cell (NTCC) is responsible for planning, policy formulation, monitoring, implementing, and evaluating the different activities under the National Tobacco Control Programme (NTCP). These measures have encouraged consumers to look for alternatives to reduce tobacco consumption, driving demand for the nicotine gum market.
  • Additionally, the availability of various flavors has also contributed to the success of nicotine gum. Nicotine gum comes in a wide variety of flavors, including mint, fruit, and cinnamon, to make quitting smoking easier for the smoker without sacrificing flavor. Because of this, the popularity of nicotine gum has risen among smokers, who the flavor of conventional tobacco products may have turned off.

North America Holds Significant Share in the Market

  • North America has experienced an increase in the percentage of health-consciousness consumers supported by government initiatives and campaigns driving market growth in the region. Moreover, the region has the presence of major brands focusing on product innovations to capture the growing demand and achieve a competitive advantage in the market.
  • For instance, Nicorette has launched a new nicotine gum product coated with ice mint lozenge with a smoother texture. Such factors are anticipated to drive the market growth during the study period. The United States holds the major share of the North American nicotine gum market.

Nicotine Gum Industry Overview

The market for nicotine gum is highly competitive, with numerous global, regional, and private-label companies vying for a significant market share. Key players in the market include British American Tobacco, Haleon Group of Companies, Johnson & Johnson, Perrigo Company plc, and Philip Morris International Inc., among others.

Key players are focused on expanding their product portfolios and offering unique products, such as sugar-free gums, to differentiate themselves from the competition and meet the increasing demand for nicotine gum. Manufacturers are also attempting to improve nicotine gum's taste, flavors, and functionality and are promoting their products through various marketing campaigns to gain a competitive edge.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 2 mg Nicotine Gum
    • 5.1.2 4 mg Nicotine Gum
  • 5.2 Distribution Channels
    • 5.2.1 Supermarkets/Hypermarkets
    • 5.2.2 Convenience Stores/Tobacco Stores
    • 5.2.3 Online Retail Stores
    • 5.2.4 Other Distribution Channels
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Spain
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 Germany
      • 5.3.2.4 France
      • 5.3.2.5 Italy
      • 5.3.2.6 Russia
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 South Africa
      • 5.3.5.2 United Arab Emirates
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 British American Tobacco
    • 6.3.2 Haleon Group of Companies
    • 6.3.3 ITC Limited
    • 6.3.4 Johnson & Johnson
    • 6.3.5 Perrigo Company plc
    • 6.3.6 Philip Morris International Inc.
    • 6.3.7 Rubicon Research (Rubicon Consumer Healthcare)
    • 6.3.8 Alchem International Pvt. Limited
    • 6.3.9 Cipla Limited
    • 6.3.10 Die betapharm Arzneimittel GmbH
    • 6.3.11 Alkalon A/S

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS