デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444852

ライフサイエンスにおけるAIの世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

AI in Life Sciences - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.87円
ライフサイエンスにおけるAIの世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のライフサイエンスにおけるAIの市場規模は、2024年に28億8,000万米ドルと推定され、2029年には88億8,000万米ドルに達し、予測期間中(2024年~2029年)にCAGR25.23%で成長すると予測されています。

ライフサイエンスにおけるAI-市場

COVID-19の発生は、健康およびライフサイエンス業界に深刻かつ永続的な影響を与えています。この流行により、ライフサイエンス関連企業はサプライチェーンや臨床開発の中断、以前では考えられなかった財務上の課題に適応する必要が生じました。短期的には、ヘルスケア機関は危機に対応するためにイノベーションを加速するでしょう。これらの投資により、COVID-19後のヘルスケア機関はケアの提供と資金調達を再考できるようになり、ライフサイエンス業界でのAI導入の成長が促進される見通しです。

主なハイライト

  • さらに、業界はコスト圧力の増大、生産性へのニーズの高まり、そして新しく革新的な市場企業によって引き起こされる混乱によって、変革を目の当たりにしています。人工知能(AI)の新興分野、特に対象システム固有の小規模データセットの分析は、医薬品開発や個別化医療を改善するために利用できます。
  • Science Translational Medicineに掲載された研究によると、AIプラットフォームであるQuadratic Phenotypic Optimization Platform(QPOP)は、ボルテゾミブ耐性多発性骨髄腫における併用療法を大幅に改善できます。これは、個々の多発性骨髄腫患者に最適な薬剤の組み合わせを特定するために使用されます。
  • さらに、がんなどの複雑な病気では、治療に大きな効果をもたらすために効果的な薬剤の組み合わせが必要になることがよくあります。これらの併用療法における薬剤が分子標的にますます特異的になるにつれて、効果的な薬剤の組み合わせを設計し、適切な患者に適切な薬剤の組み合わせを選択することがより困難になっています。平均開発費が高く(新たに承認された治療法で約20億米ドル)、臨床試験での薬の成功率が低く(12%未満)、ヘルスケア費削減による投資収益率(ROI)が低く、希少疾患に重点を置いているため、創薬はますます非効率になっています。
  • 臨床試験研究は広範な進歩を遂げており、AIの助けを借りてさまざまな方法で削減できます。 1つは、広範囲のデータに対して高度な予測分析を使用して、対象集団に対する臨床試験の候補者を迅速に特定することです。さらに、機械学習アプリケーションは、理想的なサンプルサイズの計算、患者の募集の促進、データエラーを最小限に抑えるための医療記録の使用などのタスクを容易にすることで、臨床試験をより効率的に行うことができます。
  • 人工知能(AI)は、ライフサイエンス業界にとって最も有望で変革をもたらす可能性のある機会の1つを提供します。 AIは今後数年間で主要な投資対象となり、無数の組織がその可能性を活用したいと考えています。出願件数は今後も増加すると予想されており、投資家は早期にAI業界に参入すると予想されます。

ライフサイエンスにおけるAI市場動向

臨床試験における人工知能の使用増加が市場を牽引

  • 臨床試験は、ライフサイエンス業界で最もデータを大量に必要とするタスクの1つです。彼らは毎日膨大なデータセットを生成し、観察中のいくつかの患者変数を監視します。これらのデータセットをインテリジェントなAIアルゴリズムに適用すると、研究者が疎結合データ間の意味のある相関関係をスクリーニングするのに役立ちます。
  • これにより、多くの製薬会社や臨床研究機関が人工知能などのテクノロジーに投資するようになっています。現在の市場シナリオでは、AIの急速な導入は製薬業界で広く見られており、毎年世界中で実施される臨床試験のほぼ50%を担っています。
  • さらに、世界中で臨床試験の数が増加しているため、パブリックドメインで利用可能な膨大な量のデータが生成されています。予測期間中に、これらの数値は少なくとも11%増加すると予想され、特に欧州と北米において、臨床試験用途におけるAIの新たな機会が創出されます。
  • このような臨床試験の急速な成長とデータの公開は、多くの研究機関が従来のソフトウェアソリューションよりもAIを好むようになっており、治験手順全体を行わずにパブリックドメインで利用可能なデータから特定の結果を得ることができるようになっています。さらに、中国、米国、欧州のいくつかの国など、多くの国が臨床試験データをパブリックドメインで利用可能にし、世界のAIソリューションの成長をサポートしています。

米国が市場で大きなシェアを握ると予想

  • 米国は、米国のほぼすべてのライフサイエンス用途からAIソリューションに対する高い需要があるため、ライフサイエンス市場におけるAIソリューションの最大の市場です。さらに、製薬会社の大きな存在感と米国の医薬品輸出に対する世界の需要により、企業が研究開発活動に投資する動機がますます高まっています。
  • さらに、また、米国製薬業界の研究開発申請中の米国製薬調査製造業者(PhRMA)報告書によると、前年度の総収益に占める割合は21.2%でした。
  • PhRMAはまた、国内のほとんどの製薬会社が平均して総収益の19%以上を研究開発活動に費やしていることも明らかにしました。さらに、PhRMAの研究開発投資は2021年に過去最高の1,023億米ドルに達する予定です。
  • ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどの多くの製薬会社やいくつかの臨床研究機関は、AIソリューションへの支出を増やしています。 ClinicalTrials.govによると、2024年までにジョンソン・エンド・ジョンソンは製薬会社の中で最も多額の研究開発支出を行うことになると予測されています。また、ファイザーのような企業は、複数のAIベンダーと協力しているにもかかわらず、進行中のいくつかの創薬プロセスや患者モニタリングプロセスをサポートするために社内のAI運用の更新に投資しています。

ライフサイエンス業界におけるAIの概要

ライフサイエンス市場における人工知能は競争が激しく、いくつかの主要企業で構成されています。市場は適度に集中しています。市場で高いシェアを誇る大手企業は、海外への顧客基盤の拡大に注力しています。これらの企業は、市場シェアを拡大し、収益性を高めるために、戦略的な協力イニシアチブを活用しています。市場で事業を展開している企業は、製品機能を強化するために、ライフサイエンス技術における人工知能に取り組む新興企業も買収しています。

2022年11月、XtalPi Inc.は、CK Life Sciencesとの戦略的パートナーシップを楽しみにしていると発表しました。腫瘍ワクチンの発見と設計スキルを強化し、新しい種類のワクチンの開発を加速するために、この提携はそれぞれの専門知識を活用して革新的なAI腫瘍ワクチン研究開発プラットフォームを確立します。 2022年 6月、アムジェンの研究開発部門はThe Scientistとの提携を発表しました。この共同研究では、人工知能(AI)と機械学習を使用してまったく新しいタンパク質療法を作成する最先端の創薬および開発手法を検討します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 市場促進要因
    • 研究開発領域でのAI導入の増加
    • 精密医療と個別化医薬品の開発を重視
    • 創薬におけるAIの需要の高まり
    • 臨床試験における人工知能の使用の増加
  • 市場抑制要因
    • 高額な初期コストと人員の代替に対する懸念
  • テクノロジーのスナップショット
  • COVID-19の業界への影響

第5章 市場セグメンテーション

  • 用途
    • 創薬
    • 医学的診断
    • バイオテクノロジー
    • クリニカルトレイル
    • 精密・個別化医療
    • 患者モニタリング
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • その他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IBM Corporation
    • NuMedii Inc.
    • Atomwise Inc
    • AiCure LLC
    • Nuance Communications Inc.
    • Sensely Inc.
    • Sophia Genetics SA
    • Insilico Medicine Inc.
    • Enlitic Inc.
    • Apixio Inc.
    • Zebra Medical Vision
    • twoXAR Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場の将来

目次
Product Code: 62326

The AI In Life Sciences Market size is estimated at USD 2.88 billion in 2024, and is expected to reach USD 8.88 billion by 2029, growing at a CAGR of 25.23% during the forecast period (2024-2029).

AI In Life Sciences - Market

The COVID-19 outbreak has made profound and lasting impacts on the health and life sciences industry. The outbreak has caused life sciences organizations to adjust to supply chain and clinical development disruptions and financial challenges that would have previously been unthinkable. In the near term, healthcare organizations will accelerate innovation to respond to the crisis. These investments would enable healthcare organizations post-COVID-19 to rethink care delivery and financing, thereby stimulating the growth in the adoption of AI for the life sciences industry.

Key Highlights

  • Further, the industry is witnessing a transformation owing to increasing cost pressure, a greater need for productivity, and disruption caused by new and innovative market players. An emerging area of artificial intelligence (AI), specifically the analysis of small systems-of-interest-specific datasets, can be utilized to improve drug development and personalized medicine.
  • According to a study published in Science Translational Medicine, Quadratic Phenotypic Optimization Platform (QPOP), an AI platform, can substantially improve combination therapy in bortezomib-resistant multiple myeloma, which is used to identify the best drug combinations for individual multiple myeloma patients.
  • Furthermore, complex diseases, such as cancer, often require effective drug combinations to make any significant therapeutic impact. As the drugs in these combination therapies become increasingly specific to molecular targets, designing effective drug combinations and choosing the right drug combination for the right patient becomes more difficult. With the high average development costs (around USD 2 billion for a newly approved treatment), low clinical trial drug success rate (below 12%), low return-on-investment (ROI) due to reduced healthcare expenditure, and focus on rare diseases, drug discovery is becoming more inefficient.
  • Clinical trial research is extensive progress, which can be reduced with the help of AI in numerous ways. One is using advanced predictive analytics on a broad range of data to quickly identify candidates for clinical trials for target populations. Additionally, machine learning applications can make clinical trials more efficient by facilitating tasks such as calculating ideal sample sizes, facilitating patient recruitment, and using medical records to minimize data errors.
  • Artificial Intelligence (AI) presents one of the most promising and potentially transformative opportunities for the life sciences industry. AI will be a key investment target in the coming years, with myriad organizations hoping to capitalize on its potential. The number of applications is expected to continue to increase, and investors are expected to enter the AI industry early.

AI in Life Sciences Market Trends

Increasing Use of Artificial Intelligence in Clinical Trials is Driving the Market

  • Clinical trials are one of the most data-intensive tasks in the life sciences industry. They generate vast sets of data every day, monitoring several patient variables under observation. Subjecting these data sets to intelligent AI algorithms can help researchers screen meaningful correlations between loosely coupled data.
  • This encourages many pharmaceutical companies and clinical research organizations to invest in technologies like artificial intelligence. In the current market scenario, the rapid adoption of AI is widely seen in the pharmaceutical sector, which is responsible for almost 50% of the clinical trials conducted globally every year.
  • Furthermore, the increasing number of clinical trials worldwide produces colossal amounts of data available in the public domain. Over the forecast period, these numbers are expected to increase by at least 11%, creating new opportunities for AI in clinical trial applications, especially in Europe and North America.
  • Such rapid growth in clinical trials and public availability of data is helping and encouraging many research institutes to prefer AI over traditional software solutions so that they can obtain specific results from data available in the public domain without having the entire trial procedure. Additionally, many countries, like China, the United States, and several European countries, are making clinical trial data available in the public domain supporting the growth of AI solutions globally.

The United States is Expected to Hold a Major Share in the Market

  • The United States is the largest market for A.I. solutions in the life sciences market, owing to the high demand for A.I. solutions from almost all the life sciences applications in the United States. In addition, the significant presence of pharmaceutical companies and the global demand for U.S. pharmaceutical exports are increasingly motivating companies to invest in R&D activities.
  • According to the Pharmaceutical Research and Manufacturers of America (PhRMA). Moreover, according to the report of PhRMA pending of the U.S. pharmaceutical industry for research and development, the percentage of total revenues in the previous year was 21.2%.
  • PhRMA also revealed that, on average, most pharmaceutical companies in the country spent over 19% of their total revenues on R&D activities. Moreover, PhRMA R&D investments will reach a record high of USD 102.3 billion in 2021.
  • Many pharmaceutical companies, such as Pfizer, Johnson & Johnson, and several clinical research organizations, are increasingly spending on A.I. solutions. According to ClinicalTrials.gov, it is projected that by 2024 Johnson & Johnson will have the most significant research and development spending among pharmaceutical companies. Also, companies, like Pfizer, despite collaborating with several A.I. vendors, are investing in updating their in-house A.I. operations to support their ongoing several drug discovery and patient monitoring processes.

AI in Life Sciences Industry Overview

Artificial intelligence in the Life Sciences Market is highly competitive and consists of several major players. The market is moderately concentrated. The major players with prominent shares in the market are focusing on expanding their customer base across foreign countries. These companies are leveraging strategic collaborative initiatives to increase their market share and increase their profitability. The companies operating in the market are also acquiring start-ups working on artificial intelligence in life sciences technologies to strengthen their product capabilities.

In November 2022, XtalPi Inc. announced that the company is looking forward to a strategic partnership with CK Life Sciences. In order to enhance the discovery and design skills of tumor vaccines and speed up the creation of new vaccine kinds, this collaboration will take advantage of their individual expertise to establish a revolutionary AI tumor vaccine R&D platform. In June 2022, Amgen's R&D announced the partnership with The Scientist; this collaboration examines cutting-edge drug discovery and development methods that use artificial intelligence (AI) and machine learning to create brand-new protein therapies.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter Five Forces
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Increasing Adoption of AI in the Domain of R&D
    • 4.3.2 High Emphasis on the Development of Precision Medicine and Personalized Drugs
    • 4.3.3 Increasing Demand for AI in Drug Discovery
    • 4.3.4 Increasing Use of Artificial Intelligence in Clinical Trials
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 High Initial Costs and Concerns over the Replacement of Human Workforce
  • 4.5 Technology Snapshot
  • 4.6 Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Drug Discovery
    • 5.1.2 Medical Diagnosis
    • 5.1.3 Biotechnology
    • 5.1.4 Clinical Trails
    • 5.1.5 Precision and Personalized Medicine
    • 5.1.6 Patient Monitoring
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 United Kingdom
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 South Korea
      • 5.2.3.5 Rest of Asia Pacific
    • 5.2.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles*
    • 6.1.1 IBM Corporation
    • 6.1.2 NuMedii Inc.
    • 6.1.3 Atomwise Inc
    • 6.1.4 AiCure LLC
    • 6.1.5 Nuance Communications Inc.
    • 6.1.6 Sensely Inc.
    • 6.1.7 Sophia Genetics SA
    • 6.1.8 Insilico Medicine Inc.
    • 6.1.9 Enlitic Inc.
    • 6.1.10 Apixio Inc.
    • 6.1.11 Zebra Medical Vision
    • 6.1.12 twoXAR Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET