デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1055996

スマートホームヘルスケア市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Smart Home Healthcare Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
スマートホームヘルスケア市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートホームヘルスケア市場は、予測期間2020年~2025年にかけてCAGR26.5%を記録すると予想されています。IoTデバイスの普及が進んでいることから、スマートホームヘルスケア市場のプレーヤーは、こうした製品の発売を増やしています。この動向と同時に成長しているのが、スマートホームで提供されるヘルスケアサービスの可能性です。

主なハイライト

  • インテルによると、スマートデバイスは2020年までに2,000億台まで成長すると予測されています。コネクテッドホームは、病院の効率化、緊急度による優先順位付け、病床の確保にも貢献します。米国疾病対策予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)によると、米国の年間医療費3兆3,000億米ドルのうち90%は、慢性疾患や精神疾患を持つ患者のために費やされているとのことです。これらの患者は、自宅でサービスを利用することで、病院がモニタリングやリハビリの費用を節約するのにも貢献することになります。
  • また、AIとテクノロジーは、医師のビデオ会議、遠隔患者モニタリング、オンライン市販薬購入などの進歩を可能にするだけでなく、セルフケア革命の実行可能な基盤にもなります。近い将来、スマートホームがプライマリーケアになります。継続的なモニタリングは、PHIによると、在宅ケア産業は推定470万人の在宅ケア職を満たすと予想されているため、問題を抱えています。そして、MITのPaul Ostermanは、LTSS分野では2015年から2040年までにさらに1310万人の家族介護者が必要となり、現在、最大1100万人の介護者が不足していると試算しています。
  • しかし、ケアを提供するスマートホームの真の可能性は、乳幼児から高齢者まで、家に住む一人ひとりの健康ニーズを把握し、ユニークなニーズに同時に対応することにあるのです。元々、歓迎されない行動を家の所有者に警告するために開発されたコネクテッドホームセキュリティ技術は、新たな健康問題に対して高齢者につながる家族とプロの介護者の両方に役立つように急速に進化してきた側面があります。
  • GoogleやAmazonなどのホームアシスタントや、アプリ、ウェアラブル、デバイスなどの音声アシスタントは、例えばグルコースや血圧などの分野にわたってスマートホームの継続的なモニタリングを提供する手段として、積極的に好まれてきました。2019年9月には、音声でケアするアシスタント「Aiva Health」が「Google Assistant Investment Program」から投資を受けました。前者は、Google HomeやAmazon Echoなどのスマートスピーカーを使って、患者や高齢者を巻き込み、介護者とつなげることを目的としています。
  • COVID-19のパンデミックの最中、コネクテッドヘルスやRPM(遠隔患者モニタリング)がこれまで以上に浸透しつつあり、これらの手法やサービスによって医師が患者を非接触でモニタリングし、新型コロナウイルスの拡散を防いでいます。これは、重症患者のためのベッドスペースを増やすことで、それらを促進させています。このような時代において、病院はコネクテッドヘルスやRPMの利用を積極的に支援し、パンデミック時のスマートホーム・ヘルスケアライフの構築に向けて、同じように育成しています。
  • 一方、モノのインターネットコンソーシアム(IoTC)は、コネクテッド・ヘルスとウェルネスを主要な垂直軸に追加することを発表しました。これは、COVID-19期間中に描かれた脆弱性を考慮し、IoTの成長を促進することが急務であるとの認識から行われたものです。IoTCとそのメンバーパートナーは、スマートホームの健康とウェルネスにおけるイノベーションに優先的に取り組むと予想されます。

主な市場動向

健康とウェルネスの重要性の高まりと関連分野の開拓が市場成長の原動力に

  • 長寿社会の実現に向けた政府のさまざまな取り組みにより、世界の人口は急速に高齢化しています。ほとんどの先進国では、高齢化人口の増加がますます顕著になっています。国連のデータによると、2019年の65歳以上の人口は7億300万人で、その数は2050年までに15億人に達すると予測されています。
  • 消費者は健康的なライフスタイルを維持するために、より健康的な食事や運動習慣を取り入れるようになってきており、先進国ではそうしたライフスタイルの維持にテクノロジーが役立っています。Edenredが従業員47,000人、欧州10カ国のレストランオーナー1,800人を対象に行った「2019 FOOD barometer」調査によると、欧州の従業員の65%が職場の食に新しいテクノロジーがポジティブな役割を果たしていると述べ、レシピや栄養に関するアドバイスを提供するアプリがより健康的な食事に最適だと50%が述べ、商品購入時に推奨するアプリ(29%)とカロリー計算のアプリ(26%)がそれに続きました。
  • スマートシティとスマートリビングは、今後数年間で市場の需要を形成し、スマートホームとリビング技術の採用をさらに促進すると予想されます。今後数年間、健康やフィットネスのニーズの高まりに対応した健康的な食品の安定供給を維持するため、垂直・水平農法を用いた屋内空間での都市農業が人気を博すと予想されます。
  • 消費者は、ライフスタイルの変化やテクノロジーの活用による自由な時間によって、これまで以上に体験や旅行に費やすようになっており、ウェルネスへの注目度は予測期間中に大幅に高まり、COVID後の世界では急増することが予想されます。

アジア太平洋地域が最も高い成長を遂げる見込み

  • アジア太平洋地域のヘルスケア市場は、デジタルトランスフォーメーションとIoTデバイスの爆発的な普及により、ヘルスケア提供の近代化が目指されています。さらに、世界中のメーカーが、アジアのスマートホームに特化した、効果的で手頃な価格のソリューションを提供してきました。アジアでは、台湾、韓国、シンガポールが高いデータ接続性を示しています。また、高所得世帯の増加に伴い、スマートホームの普及が進むと予想されます。また、高齢化が最も進んでいるシンガポールは、2019年のシンガポール統計によると、65歳以上の高齢者が56万人で、全人口の5分の1を占めています。
  • この統計から、近い将来、65歳以上の人口は飛躍的に増加することが予想されます。そして2019年、中国では家庭でのスマートテクノロジーの普及率の上昇とともに、60歳以上の高齢者が4億5,000万人にのぼりました。そして、2050年までに、中国は人口の35%が65歳以上となることが予想されています(政府の推計による)。
  • この地域では、テクノロジーとともに成長する世代が増加しており、新しい技術スキルの習得などの重要な障壁がないため、近い将来、市場導入の可能性があると考えられます。同様に、中国とインドでは、数十億人のユーザーを持つWiiChatのような確立されたプラットフォームでヘルスケアツールが動作しています。
  • さらに、健康に対する意識の高まりや高齢化社会の到来により、スマートヘルステック関連のスタートアップが米国や英国からアジアにシフトしていることも確認されています。CES 2020では、ヘルス&ウェルネス分野の展示が25%拡大しました。ベンダーでは、米国の空気センサー新興企業AerNosが、アジアでの販売拡大を見込み、2020年に年間生産能力を10万台に拡大する計画を発表しています。

競合情勢

スマートホームヘルスケア市場は統合されています。各社は新製品の投入や戦略的な協業施策を活用し、市場シェアの拡大や収益性の向上を図っています。最近の市場の動きをいくつか紹介します。

  • 2020年5月-Eight Sleep Inc.は、アクティブグリッドを搭載し、ベッドの両側で華氏55~110度の間でダイナミックな加熱と冷却を行うPod Proを発売しました。アンドロイドおよびiOSデバイス用のEight Sleepアプリを使用して温度を制御することができます。
  • 2020年1月-ReST Performanceは、睡眠テクノロジー新興企業Bedjetとの戦略的パートナーシップを発表し、ReST Bedのすでにあるスマート機能のリストに温度制御技術を追加する機能を顧客に提供しました。このシステムにより、睡眠者はスマートフォンのアプリやリモコンを使って遠隔でベッドを暖めたり冷やしたりすることができます。このシステムは、シングルゾーンシステムと、暖房と冷房の個別制御を希望するカップル向けに設計されたデュアルゾーンシステムが提供されます。

その他の特典です。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • ヘルスケア向けスマートホームの市場概要と進化
  • 産業の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • スマートホームのユーザープロファイルと個々の健康ニーズ
  • スマートホームにおけるケア提供のビジネスモデル
  • 市場促進要因
    • 人口の高齢化、慢性疾患の早期発症、予防医療と在宅医療の重要性の高まり
  • 市場の課題
    • プライバシー問題、金銭的リスク、技術への抵抗感
  • COVID-19がスマートホームヘルスケア産業に与える影響

第5章 市場セグメンテーション

  • エイジングインプレイス
    • スマートホームにおけるエイジングの視点
    • スマートホームにおけるエイジングの側面とAging-in-placeへの需要
    • エイジングインプレイスに対応したスマートホームの機能
  • 一般的な健康・ウェルネス
    • スマートホームにおける健康・福祉分野の考え方
    • ヘルス&ウェルネスの重要性の高まりと関連分野の探索
    • 様々な使用事例におけるヘルス&ウェルネス向けスマートホームの機能
    • ヘルス&ウェルネス分野の将来構想シナリオ
    • ヘルス&ウェルネスエコシステム全体の最新動向、課題、市場予測
  • 地域別準備状況評価
    • 各国の動向とスマートホームの普及状況
    • 消費者の嗜好とベンダーの開発状況
    • スマートホームヘルスケアに対する地域ごとの準備度合い

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Sleepace
    • Awair Inc.
    • Eight Sleep
    • Evermind Inc.
    • Medtronic plc

第7章 投資分析

第8章 市場の将来性

目次
Product Code: 71729

The Smart Home Healthcare Market is expected to register a CAGR of 26.5% over the forecast period 2020 - 2025. The increasing adoption of IoT devices is why the smart home healthcare market players are increasingly launching such products. Growing alongside this trend is the potential for healthcare services to be provided in a smart home.

Key Highlights

  • Smart devices are projected to grow to 200 billion by 2020, according to Intel. Connected homes can also help hospitals increase efficiency, prioritizing cases based on urgency and freeing-up beds. According to the Centers for Disease Control and Prevention, 90% of the nation's USD 3.3 trillion annual healthcare expenditure is spent on individuals with chronic and mental health conditions. These patients, by availing services at home, would be helping hospitals save on monitoring and rehabilitation expenses as well.
  • Also, AI and technology make advances, such as videoconferencing doctors, remote patient monitoring, and online over-the-counter medication purchasing not only possible but also the viable basis of a self-care revolution. In the near future, smart homes will be primary care. Ongoing monitoring has been facing issues due to the in-home care industry is expected to fill an estimated 4.7 million home care jobs, as per PHI. Then, Paul Osterman from MIT estimated that the LTSS field requires additional 13.1 million family caregivers from 2015 to 2040 and currently faces a shortfall of up to 11 million caregivers.
  • But the true potential of a smart home that offers care lies in identifying the unique health needs of each individual residing in a home, from infants to the elderly, by serving unique needs simultaneously. Being originally developed to alert homeowners to unwelcome activity, connected home security technology is an aspect that has rapidly evolved to serve both family and professional caregivers connected to aging adults against emerging health issues.
  • Voice assistants, such as home assistants, like Google and Amazon, as well as apps, wearables and devices, have been actively preferred as a means to offer a smart home ongoing monitoring across areas such as glucose and blood pressure, for instance. In September 2019, voice-powered care assistant Aiva Health got investment from the Google Assistant Investment Program. The former has been using Google Home, Amazon Echo, and other smart speakers to engage patients and the elderly and connect them with their caregivers.
  • In the middle of the COVID-19 pandemic, connected health and RPM (remote patient monitoring) is becoming more pervasive than ever, as these methods and services are enabling physicians to monitor patients contactless, preventing the spread of the novel coronavirus. This is facilitating them by increasing the bed space for patients with severe cases. Hospitals, in these times, are actively supporting the usage of connected health and RPM and fostering the same toward building a smart home healthcare lifestyle during the pandemic.
  • The Internet of Things Consortium (IoTC), on the other hand, announced the addition of connected health and wellness to its key verticals. This was done by recognizing an urgent need to advance IoT growth in light of the vulnerabilities depicted during the COVID-19 period. IoTC and its member partners are expected to prioritize innovation in smart home health and wellness.

Key Market Trends

Growing Importance of Health and Wellness and Exploring Relevant Areas to Drive the Market Growth

  • The global population is aging at a fast pace owing to various government initiatives to enhance the longevity revolution. Most developed nations are increasingly observing growth in the number of aging populus. According to the UN data, in 2019, there were 703 million people aged 65 or older, and the number is projected to reach 1.5 billion by 2050.
  • Consumers are increasingly adopting healthier diets and exercise routines to maintain a healthy lifestyle, and technology is helping maintain such a lifestyle in developed countries. According to the 2019 FOOD barometer survey by Edenred on 47,000 employees, 1,800 restaurant owners in 10 European countries found that 65% of the European employees mentioned new technologies play a positive role in food in the workplace; 50% mentioned that apps offering recipes and nutritional advice are the best way of eating more healthily, followed by apps making recommendations when buying products (29%) and calorie-counting apps (26%).
  • Smart cities and smart living are expected to shape the market demand over the coming years, further facilitating the adoption of smart home and living technology. Over the coming years, urban farming in indoor spaces using vertical and horizontal farming is expected to gain traction to maintain a constant supply of healthy food for the growing needs of health and fitness.
  • Consumers are increasingly spending on experiences and travel than ever before owing to the changing lifestyles and free time due to the use of technology, the focus on wellness is expected to increase significantly over the forecasted period and see a surge in post-COVID world.

Asia-Pacific to Witness Highest Growth

  • Asia-Pacific healthcare market is concerned, digital transformation and the explosion in IoT devices, are aiming to modernize healthcare delivery. Moreover, manufacturers, worldwide, have been providing solutions that are effective and affordable, in specific to Asian smart home. Within, Asia, Taiwan, South Korea, and Singapore are countries depicting high data connectivity. Moreover, with rising high-income households, a greater penetration of smart homes is expected. Also, Singapore as one among the fastest aging societies has 560,000 people aged 65 and over, making up one-fifth of the total population, as per Statistics Singapore in 2019.
  • Based on the statistics, the number of people aged 65 and above is expected to grow dramatically in the near term. And in 2019, a quarter of a billion people in China were aged 60 and older along with country's smart technology penetration in their homes rising. And, by 2050, China is expected to witness its 35% of the population to be over 65, as per government estimates.
  • The region's rising generation of individuals growing up with technology are promising a potential market adoption in a near term as critical barriers such as acquisition of new technical skills will not remain. Similarly, across China and India, the healthcare tools are working on established platforms like WiiChat with billions of users.
  • Further, allied smart health tech startups have been witnessed shifting from the U.S./UK to Asia, due to growing awareness of well-being and rising aging population. At CES 2020, the exhibition expanded by 25% for the health and wellness segment. On the vendor front, AerNos, a US-based air sensor startup, announced plans on expanding annual production capacity to 100,000 units in 2020 in light of sales expansion expected in Asia.

Competitive Landscape

The smart home healthcare market is consolidated. The companies are launching new products and leveraging strategic collaborative initiatives to increase their market share and increase profitability. Some of the recent developments in the market are:

  • May 2020 - Eight Sleep Inc. launched Pod Pro, which has an active grid that provides dynamic heating and cooling between 55-110 degrees Fahrenheit on each side of the bed. The temperature can be controlled using the Eight Sleep app for android and iOS devices.
  • January 2020 - ReST Performance announced the strategic partnership with sleep technology start-up Bedjet and offered customers the ability to add temperature control technology to the ReST Bed's already existing list of smart capabilities. The system allows sleepers to heat or cool their bed remotely through an app on the smartphone or remote control. The system is offered as a single zone system or a dual-zone system designed for couples who would like individual control of heating and cooling elements.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview and Evolution of Smart Homes for Healthcare
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitute Products
  • 4.3 Smart Home User Profiles and their Individual Health Needs
  • 4.4 Business Model for Delivering Care in Smart Homes
  • 4.5 Market Drivers
    • 4.5.1 Aging Population, Earlier Onset of Chronic Diseases, and Increased Emphasis on Preventive Care and Home Care
  • 4.6 Market Challenges
    • 4.6.1 Privacy Issues, Financial Hazards, Resistance to Technology
  • 4.7 Impact of COVID-19 on the Smart Home Healthcare Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Aging-in-Place
    • 5.1.1 Perspective of Aging in Smart Homes
    • 5.1.2 Aspects of Aging in Smart Home and Demand for Aging-in-place
    • 5.1.3 Smart Home Features for Aging-in-place
  • 5.2 General Health and Wellness
    • 5.2.1 Concept of General Health and Wellness in Smart Homes
    • 5.2.2 Growing Importance of Health and Wellness and Exploring Relevant Areas
    • 5.2.3 Smart Home Features for Health and Wellness Across Various Use Cases
    • 5.2.4 Future Concept Scenario for the Health and Wellness Segment
    • 5.2.5 Current Trends, Challenges, and Market Projection for the Overall Health and Wellness Ecosystem
  • 5.3 Regional Readiness Assessment
    • 5.3.1 Country Trends and Smart Home Penetration
    • 5.3.2 Consumer Preferences and Vendor Developments
    • 5.3.3 Level of Regional Readiness for Smart Home Healthcare

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Sleepace
    • 6.1.2 Awair Inc.
    • 6.1.3 Eight Sleep
    • 6.1.4 Evermind Inc.
    • 6.1.5 Medtronic plc

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET