デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1055619

電子走査アレイレーダー市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)

Electronically Scanned Array Radar Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 105 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
電子走査アレイレーダー市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 105 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

電子走査アレイレーダー市場は予測期間中に4%以上のCAGRで推移すると予測されています。

主なハイライト

  • 戦場におけるリアルタイムの情報取得に対する要求の高まりや、戦場で高速で移動するターゲットを迅速かつタイムリーに検出するニーズの高まりが、市場成長の主な要因の1つとなっています。
  • 電子走査型アレイレーダーは、周波数帯の開発により、常に進化を続けています。このことが、電子走査型アレイレーダーの需要拡大に寄与しています。

主な市場動向

アクティブ型電子セグメンテーションが予測期間中に市場を席巻

タイプ別の区分に基づいて、アクティブ電子スキャンアレイ(AESA)セグメントは2019年に最も高い市場シェアを持ち、さらに予測期間中に急速なペースで成長すると予測されます。新世代の戦闘機のほとんどがAESAシステムを搭載していることから、AESAレーダーの使用は増加しています。AESAレーダーは、F-35、F-22、Dassault Rafale、Boeing F/A-18E/F aircraft、Eurofighter Typhoonなどの戦闘機に搭載されており、これらは現在最も売れている戦闘機の1つです。AESAレーダーの世界最大手であるノースロップ・グラマンは、2020年2月に、米国北部軍から提起された国土防衛のための共同緊急作戦ニーズに対応するため、米国空軍のF-16 72機のアップグレード用としてAPG-83 Scalable Agile Beam Radar(SABR)を受注しています。2019年11月には、F-35ライトニングII機用の火器管制用AESAレーダー「AN/APG-81」を500台目として納入したことを発表していました。F-35は、史上最も売れた戦闘機の一つであり、2019年には合計134機を納入しています。さらに2020年には141機のF-35の納入を目指しています。このように、AESAレーダーの需要は、このレーダーを使用する航空機の納入数の増加により、増加すると予測されます。

予測期間中、アジア太平洋地域が最も高いCAGRを記録

地域別では、アジア太平洋地域が予測期間中に最も高いCAGRで推移すると予測されています。この地域では現在、軍事調達が増加しており、中国、インド、日本、韓国、オーストラリアといった国々が、世界でも有数の軍事費支出国となっています。インドでは、イスラエルのELTA社が、過去4年間にインド空軍のジャガージェット機58機にアップグレード計画の一環としてAESAレーダーを搭載しました。最近では、同国独自のアクティブ電子走査型アレイ(AESA)レーダーを現地生産しています。2019年2月、インドの国防研究開発機構(DRDO)は、テジャス軽戦闘機(LCA)向けの国産アクティブ電子スキャンアレイ(AESA)レーダーを展示しました。このレーダーは、インド空軍から約100台が発注されています。さらに、この地域の他の国々は、独自のESAレーダーの開発に重点を置いています。2018年には、オーストラリアに拠点を置くレーダー企業であるCEAが、Land Forces Asia 2018で初めて独自のCEATACデュアルバンドレーダーを展示しました。CEATACは、小型の陸上プラットフォームに搭載可能なフルデジタルAESA固定フェイズドアレイレーダーでした。このような新興国市場は、今後数年間、同地域のESAレーダーの市場見通しを高めると予想されます。

競合情勢

ノースロップグラマン、ロッキードマーチン、タレスグループ、レイセオン、イスラエル航空宇宙産業が、この市場における有力企業です。ESAレーダーの契約はほとんどが長期契約であるため、各社は旧来のレーダーと比較して、より優れた機能と低いシステム重量を持つ新世代のレーダーをアピールし、新規顧客の獲得に努めています。例えば、2019年12月、レオナルドは、同社の監視レーダー「Osprey 50 active electronically scanned array(AESA)」の初飛行試験を発表しました。このような技術革新は、新規契約の獲得や新規市場の開拓に貢献し、それによって市場シェアを拡大することが期待されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • アクティブ型電子走査アレイ
    • パッシブ型電子走査アレイ
  • プラットフォーム
    • 陸上
    • 空気
  • フィット
    • ラインフィット
    • レトロフィット
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ドイツ
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他のラテンアメリカ地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Northrop Grumman Corporation
    • Lockheed Martin Corporation
    • Thales Group
    • Raytheon Company
    • Israel Aerospace Industries
    • Saab AB
    • Leonardo SpA
    • Hensoldt
    • Mitsubishi Electric Corporation
    • RADA Electronic Industries Ltd
    • CEA Technologies
    • ASELSAN AS

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68712

The electronically scanned array radar market is projected to record a CAGR of more than 4% during the forecast period.

Key Highlights

  • The increasing demand for obtaining real-time information in warfare situations and the growing need for the quick and timely detection of fast-moving targets in the battlefield are some of the major drivers for the growth of the market.
  • Electronically scanned array radars are constantly evolving, in terms of capabilities, due to the ongoing developments in frequency bands. This, in turn, is contributing to the growth in demand for these radars.

Key Market Trends

Active Electronically Scanned Array Segment to Dominate the Market During the Forecast Period

Based on segmentation by type, the active electronically scanned array (AESA) segment had the highest market share in 2019, and it is further projected to grow at a rapid pace during the forecast period. The use of the AESA radars has been increasing, as most of the new-generation fighter aircraft are being equipped with AESA systems. These Radars are integrated on several fighter jet models, like F-35, F-22, Dassault Rafale, Boeing F/A-18E/F aircraft, and Eurofighter Typhoon, which are among the most selling fighter jets currently. Northrop Grumman, one of the largest producers of AESA radars in the world, received an order for its APG-83 Scalable Agile Beam Radar (SABR) in February 2020, to upgrade 72 F-16 aircraft of the US Airforce, in order to meet a joint emergent operational need raised by the US Northern Command for homeland defense. In November 2019, the company had announced that it had delivered its 500th AN/APG-81 fire control AESA radar for the F-35 Lightning II aircraft. F-35 has been one of the most selling fighter aircraft in history, with a total of 134 jets delivered in 2019. The company further aims to deliver 141 F-35s in 2020. Thus, the demand for AESA radars is projected to increase, driven by the increased deliveries of the aircraft that use these radars.

Asia-Pacific to Register the Highest CAGR During the Forecast Period

In terms of geography, Asia-Pacific is projected to record the highest CAGR during the forecast period. The region is currently experiencing an increase in military procurements, with the countries in the region, like China, India, Japan, South Korea, and Australia, being some among the largest military spenders in the world. In India, ELTA, an Israel-based company, equipped 58 Indian Air Force Jaguar jets with AESA radars as part of the upgrade plan in the last four years. Recently, the country locally produced its own active electronically scanned array (AESA) radar. In February 2019, India's Defence Research and Development Organization (DRDO) displayed its indigenous active electronically scanned array (AESA) radar, which is meant for the Tejas Light Combat Aircraft (LCA). About 100 of these radar systems have been ordered by the Indian Air Force. In addition, other countries in the region are emphasizing on developing their own ESA radars. In 2018, an Australian-based radar company, CEA, displayed its own CEATAC dual-band radar for the first time at Land Forces Asia 2018. CEATAC was a fully digital AESA fixed-face phased-array radar that could fit on small land platforms. Such developments are expected to increase the market prospects for ESA radars in the region in the years to come.

Competitive Landscape

Northrop Grumman Corporation, Lockheed Martin Corporation, Thales Group, Raytheon Company, and Israel Aerospace Industries are some of the prominent players in the market. As most of the contracts for ESA radars are long term, companies are trying to attract new customers by showcasing their newer generation radars that have better capabilities and lower system weights, as compared to the older ones. For instance, in December 2019, Leonardo announced the first flight trials of its Osprey 50 active electronically scanned array (AESA) radar, which is a new, larger-aperture variant of the company's Osprey surveillance radar. Such innovations are expected to help the players in gaining new contracts and tapping new markets, thereby, increasing their market shares.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Active Electronically Scanned Array
    • 5.1.2 Passive Electronically Scanned Array
  • 5.2 Platform
    • 5.2.1 Land
    • 5.2.2 Air
    • 5.2.3 Sea
  • 5.3 Fit
    • 5.3.1 Line Fit
    • 5.3.2 Retrofit
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 United Kingdom
      • 5.4.2.2 France
      • 5.4.2.3 Germany
      • 5.4.2.4 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 India
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Mexico
      • 5.4.4.3 Rest of Latin America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 United Arab Emirates
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Northrop Grumman Corporation
    • 6.2.2 Lockheed Martin Corporation
    • 6.2.3 Thales Group
    • 6.2.4 Raytheon Company
    • 6.2.5 Israel Aerospace Industries
    • 6.2.6 Saab AB
    • 6.2.7 Leonardo SpA
    • 6.2.8 Hensoldt
    • 6.2.9 Mitsubishi Electric Corporation
    • 6.2.10 RADA Electronic Industries Ltd
    • 6.2.11 CEA Technologies
    • 6.2.12 ASELSAN AS

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS