デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1055608

ライム病診断市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Lyme Disease Diagnostic Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 115 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
ライム病診断市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 115 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ライム病診断市場は、予測期間中にCAGR5.5%を記録すると予想されています。ライム病診断薬市場は、ライム病の有病率の上昇や新しいライム病診断薬の出現などの要因によって、良好な成長率を示しています。ライム病は、ボレリア・ブルグドルフェリという細菌によって引き起こされ、感染したクロウタマダニに咬まれることで人に感染する病気です。ライム病の診断には、ブルグドルフェリ菌に対する抗体を検出するELISA法などの検査が用いられます。ELISA検査で陽性となった場合、さらにウェスタンブロット検査でB. burgdorferiのタンパク質を検出することができます。さらに、マダニが原因で発症する病気の症例数が増加していることも、ライム病診断市場の成長を促進しています。例えば、2018年、米国疾病管理予防センターによると、ダニが媒介する疾患の報告件数は47,743件であり、ライム病診断検査の採用につながっています。さらに、新しい媒介性疾患の発生率の上昇、政府のイニシアチブの増加、医療費の増加は、市場成長を促進するいくつかのより多くの要因です。

主な市場動向

血清学的検査は、ライム病診断市場において最大の成長セグメントとなる見込みです。

血清検査は、血清、血漿、精液、唾液などの患者サンプルに含まれる抗体や抗原を特定するために用いられる診断方法です。

血清学的検査は、核酸検査やポリメラーゼ連鎖反応検査が陰性となる病気の後期に抗体を測定するため、あらゆる検査の中で非常に好まれ、この分野を支配すると予想されます。これらの検査は、ライム病の評価という点では非常に有益です。血清学的検査には、ELISA法、凝集法、沈殿法、ウェスタンブロット法などがあり、感染症の特定に用いられています。また、有病率上昇ライム病とターゲット患者プールの間で診断テストの需要の増加は、このテストを選ぶとライム病診断市場を推進しています。

北米が市場で大きなシェアを占め、予測期間中も同様と見られる

北米は、世界のライム病診断市場で重要な市場シェアを占めると予想されます。これは、ダニが媒介する疾患の有病率の増加、この地域におけるライム病診断のための政府および民間機関によるイニシアチブの増加によるものと思われます。例えば、米国疾病管理予防センター(CDC)によると、北米では毎年約30万人がライム病と診断されています。さらに、医療費の増加や確立された医療インフラの存在も、この地域の市場全体の成長を大きく後押ししています。

競合情勢

ライム病診断薬市場は、複数の大手企業によって構成されており、適度な競争が行われています。市場シェアの観点からは、少数の主要企業が現在市場を独占しています。市場に参入している企業には、T2 Biosystems, Inc、Abbott、Bio-Rad Laboratories, Inc、Graphene Frontiers、Oxford Immunotec USA, Inc、Covance Inc、ROCHE DIAGNOSTICS INTERNATIONAL LTD.が挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • ライム病の有病率の上昇
    • 医療機関に対する政府の好意的な対応
    • 新しいライム病診断薬の出現
  • 市場抑制要因
    • ライム病に対する認識不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 診断技術別
    • 血清学的検査
      • ELISA
      • ウェスタンブロット
    • リンパ球形質転換検査
    • 尿中抗原検査
    • 免疫蛍光染色
    • 核酸検査
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 臨床検査センター
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott
    • Bio-Rad Laboratories, Inc.
    • Covance Inc.
    • F. Hoffmann-La Roche AG
    • T2 Biosystems, Inc
    • Oxford Immunotec USA, Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68679

The Lyme Disease Diagnostic Market is expected to register a CAGR of 5.5% during the forecast period. The Lyme disease diagnostic market is growing at a good rate owing to factors such as rise in prevalence of lyme disease and emergence of new lyme diagnostic tests. A Lyme disease is a caused by the bacterium borrelia burgdorferi and transmitted through a bite of infected blacklegged deer tick in humans. Several test such as ELISA test used to detect antibodies to B. burgdorferi. If the ELISA test is positive, then further Western blot test is carried out to detect proteins of B. burgdorferi. Moreover, increasing number of cases of tick born diseases is also promoting the growth of lyme disease diagnostic market. For instance, in 2018, according to Centers for Disease Control and Prevention number of cases of tick-borne diseases reported was 47,743, leading to adoption of lyme disease diagnostic tests. Furthermore, rising incidences of new vector borne diseases, growing givernment initiatives and rising healthcare expenditure are some more factors which are fueling the market growth.

Key Market Trends

Serological​ test Segment is Expected to be a largest growing segment in the Lyme Disease Diagnostic Market.

Serological test is a diagnostic method that is particularly used for identifying antibodies and antigens in patients sample which can be serum, plasma, semen and saliva.

Serological test is expected to dominant the segment as this test is highly preferable among all the test owing to measures the antibodies in the late phase of the illness when both nucleic acid test and polymerase chain reaction test is negative. These tests are very beneficial in terms of evaluating Lyme disease. Serological tests includes ELISA, agglutination, precipitation and western blot methods used to identify infectious diseases. Moreover, rising prevalence lyme disease and growing demand of diagnostic tests among targeted patient pool opt for this test and promote the lyme disease diagnostic market.

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market and Expected to do Same in the Forecast Period

North America is expected to hold a significant market share in the global lyme disease diagnostic market. This can be attributed to increasing prevalence of tick borne diseases, increasing initiatives by government and private institute for diagnosing the yme disease in this region. For instance, according to Centers for Disease Control and Prevention(CDC), around 300000 people were diagnosed with Lyme disease every year in North America. Furthermore, increasing healthcare expenditure and presence of well-established healthcare infrastructure is also fuelling the growth of the overall regional market to a large extent.

Competitive Landscape

The Lyme Disease Diagnostic Market is moderately competitive and consists of several major players. In terms of market share, few of the major players are currently dominating the market. Some of the companies which are in the market are T2 Biosystems, Inc, Abbott, Bio-Rad Laboratories, Inc., Graphene Frontiers, Oxford Immunotec USA, Inc., Covance Inc. and ROCHE DIAGNOSTICS INTERNATIONAL LTD.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rise in Prevalence of Lyme disease
    • 4.2.2 Favourable government towards healthcare facilities
    • 4.2.3 Emergence of new lyme diagnostic tests
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Awarness regarding the disease
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By diagnostic technology
    • 5.1.1 Serological test
      • 5.1.1.1 ELISA
      • 5.1.1.2 Western Blot
    • 5.1.2 Lymphocytic transformation test
    • 5.1.3 Urine Antigen Testing
    • 5.1.4 Immunofluorescent staining
    • 5.1.5 Nucleic acid test
  • 5.2 By End User
    • 5.2.1 Hospitals
    • 5.2.2 Clinical laboratories
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott
    • 6.1.2 Bio-Rad Laboratories, Inc.
    • 6.1.3 Covance Inc.
    • 6.1.4 F. Hoffmann-La Roche AG
    • 6.1.5 T2 Biosystems, Inc
    • 6.1.6 Oxford Immunotec USA, Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS