デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1008436

ジメチルホルムアミド市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Dimethylformamide Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
ジメチルホルムアミド市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ジメチルホルムアミド市場は、予測期間(2021-2026年)に約6%のCAGRで推移すると予測されています。

市場は、2020年にCOVID-19によってマイナスの影響を受けました。パンデミックのシナリオのおかげで、世界中のいくつかの国は、ウイルスの拡散を抑制するためにロックダウン状態になりました。化学処理および溶剤、繊維などの様々な用途からのジメチルホルムアミドの需要は、建設、電気・電子などの様々な産業における停止により、深刻な影響を受けました。これらの要因により、ジメチルホルムアミドの市場成長はCOVID-19の大流行によってマイナスの影響を受けました。しかし、この状況は2021年には回復すると予想されており、予測期間中の市場成長に恩恵をもたらすと考えられています。

主なハイライト

  • 中期的に見ると、ジメチルホルムアミド市場の需要促進要因は、溶媒としてのDMFの工業用途の増加や製薬分野での需要の増加です。
  • 一方、ジメチルホルムアミドに長時間さらされると人体に悪影響を及ぼす可能性があり、ジメチルスルホキシドなどの有害性の低い代替物質に置き換わることで、健康への懸念が高まることが市場成長の妨げになると予想されます。
  • しかし、研究室におけるDMFの使用量の増加は、予測期間中に調査された市場に機会を提供すると思われます。
  • アジア太平洋地域は、中国、インド、日本などの新興経済諸国における化学処理産業、製薬、繊維部門の高度な発展により、世界市場を独占すると予想されます。

主な市場動向

化学業界からの需要拡大

  • ジメチルホルムアミド(DMF)は、溶媒、化学中間体、添加剤としての用途が拡大していることから、化学業界からの需要が伸びています。
  • DMFは、自然界で溶解性が高く、揮発性が低く、蒸発速度が遅いため、ポリウレタンコーティング剤、合成皮革、人工皮革織物などによく使用される溶剤です。
  • また、合成皮革の残渣、加工溶剤、プラスチック、ゴム、接着剤、印刷インクなど、多くの用途で溶剤として使用されています。
  • DMFは並外れた溶解度パラメータを持っているので、医薬用の反応溶媒や晶析溶媒として使用でき、医薬産業では精製目的にも使用されます。
  • 石油化学業界では、エチレンからアセチレン、C4からブタジエンを精製するためにDMFが使用されています。これらの脂肪族は潤滑油に使用されます。DMFはSO2の溶解度が高いため、硫黄含有率の高い燃料の燃焼排ガスを浄化し、CO2を回収することができます。
  • また、無機・有機系の残留フラックスもDMFによく溶ける。そのため、洗浄剤としても使用されています。また、工業用塗料の剥離剤としても使用されています。また、無機物の溶解性が高いことから、高電圧コンデンサーの製造にもDMFが使用されています。
  • 溶剤や中間体の用途の増加、繊維産業の拡大、医療技術の向上、発展途上国の化学処理部門などが、今後数年間にわたり、さまざまな化学品製造に使用されるジメチルホルムアミドの需要を牽引しています。
  • 化学産業は、ジメチルホルムアミド市場の成長に重要な役割を果たします。2021年から2024年の3年間で、あらゆるセグメントで成長が見込まれ、2024年の業界全体の成長率は1.8%と予想されます。基礎化学品は2024年に2.1%の予測で、化学品セグメントの中で最大の成長が見込まれます。

アジア太平洋地域が市場を独占する見込み

  • アジア太平洋地域は、化学処理産業、製薬産業、繊維産業が高度に発達していることから、世界市場を独占すると予想されます。
  • 繊維産業では、アクリル繊維やポリウレタン製品の製造、人工皮革、フィルム、表面コーティングの製造にDMFが使用されています。国際貿易庁によると、アジア太平洋は繊維産業にとって最大の市場です。
  • 農業、石油化学、ポリマー、精製などの化学処理産業は、さまざまな用途にジメチルホルムアミドを主に使用しています。インドは現在、世界の10大製造国のうち6位にランクされています。石油化学産業は化学工業の原料の約30%を占めており、2025年には3000億米ドルに達すると予想されています。石油化学産業自体も2021年にはCAGR14%で1000億米ドルを越えると予想されています。
  • アクリル繊維は、セーター、ブーツ、帽子、手袋、運動着、カーペット、毛布、防護服、ウィッグ、ヘアエクステンションなどに使用されています。このため、アクリル繊維の生産におけるジメチルホルムアミドの需要が増加しました。
  • Die Chemiefaserindustrie in der Bundesrepublik Deutschlandによると、近年、中国とインドが世界の繊維消費をリードしています。
  • ジメチルホルムアミドは、農業における農薬の生産、石油化学産業における精製に役立ち、様々な印刷や繊維染色用途のインクや染料に使用されています。
  • インドの化学品産業は2019年に1780億米ドルとなり、2025年にはCAGR9.3%を記録して3040億米ドルに達すると予想されます。化学品の需要は、2025年までに年率9%拡大すると予想されています。2020年9月の主要化学品の生産量は8,36,435MT、石油化学品は17,26,502MTでした。
  • また、特殊化学品はインドの化学品・石油化学品市場全体の22%を占めています。特殊化学品の需要は、2019-22年にCAGR12%で上昇すると予想されています。石油化学製品の需要は2019年から2023年にかけてCAGR7.5%を記録し、ポリマー需要は8%で増加すると予想されます。農薬市場はCAGR8%で22年度には37億米ドル、25年度には47億米ドルに達すると予測されます。
  • この地域では、工業用溶剤の用途が増え、研究所の研究開発目的の需要が増加していることから、今後数年間はジメチルホルムアミドを牽引していくと予想されます。

競合情勢

ジメチルホルムアミド市場は部分的に統合されており、少数の大手企業が市場のかなりの部分を占めています。主要企業には、BASF SE、Eastman Chemical Company、Merck KGaA、Belle Chemical、HELM AGなどが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • 溶媒としてのDMFの産業用途の増加
    • 製薬業界からの需要拡大
  • 抑制要因
    • 危険性の高い物質と他の代替品への置き換え
    • COVID-19のパンデミックによる影響
    • その他の制約
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 用途
    • 化学処理および溶剤
    • 医薬品
    • テキスタイル
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、契約
  • 市場シェア分析**/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • BASF SE
    • Eastman Chemical Company
    • HELM AG
    • Jiutian Chemical Group Ltd
    • Merck KGaA
    • Mitsubishi Gas Chemical Company Inc.
    • Paari Chem Resources LLP
    • Pon Pure Chemicals Group
    • Belle Chemical
    • Zhejiang Jiangshan Chemical

第7章 市場機会と今後の動向

  • 研究室におけるDMFの使用量増加
  • その他のビジネスチャンス
目次
Product Code: 69351

The dimethylformamide market is projected to register a CAGR of around 6% during the forecast period (2021-2026).

The market was negatively impacted by COVID-19 in 2020. Owing to the pandemic scenarios, several countries around the world went into lockdown to curb the spreading of the virus. The demand for dimethylformamide from various applications, such as chemical processing and solvents, and textiles, was severely affected due to halt in various industries such as construction, electrical and electronics, and others. Owing to all these aforementioned factors, dimethylformamide's market growth was negatively impacted by the COVID-19 pandemic. However, the condition is expected to recover in 2021, thereby benefitting the growth of the market studied over the forecast period.

Key Highlights

  • Over the medium term, the factors driving the demand in the dimethylformamide market are the increasing number of industrial applications for DMF as the solvent and the growing demand from the pharmaceutical sector.
  • On the flip side, Due to rising health concerns, as long exposure to dimethylformamide can cause health issues to human beings, and replacement by less harmful substitutes like dimethyl sulfoxide is expected to hinder the market growth.
  • However, the increasing DMF usage in research labs is likely to provide opportunities for the studied market during the forecast period.
  • Asia-Pacific is expected to dominate the global market, owing to the highly developed chemical processing industries, pharmaceutical, and textile sectors in emerging economies such as China, India, and Japan.

Key Market Trends

Growing Demand from the Chemical Industry

  • The demand for dimethylformamide (DMF) has been growing from the chemical industry, owing to its increasing uses as a solvent, a chemical intermediate, and an additive.
  • DMF is a commonly used solvent in polyurethane coatings, synthetic leathers, and artificial leather fabrics because it is highly soluble in nature, has low volatility, and has a low evaporation rate.
  • Dimethylformamide is also used as a solvent for many purposes, such as residue in synthetic leather, processing solvents, plastic, rubber, adhesives, and printing inks.
  • DMF has extraordinary solvency parameters so that it can be used as a reaction and crystallization solvent for pharmaceutical purposes, and DMF is also for purification purposes in the pharmaceutical industry.
  • In the petrochemical industry, DMF is used for the purification of acetylene from ethylene and butadiene from C4 streams. Those aliphatics are used in lube oils. Due to the high solubility of SO2 in DMF, exhaust combustion streams from high sulfur-containing fuels can be purified with CO2 being recovered.
  • Additionally, inorganic and organic-based residual fluxes are highly soluble in DMF. Therefore, this solvent is used as a cleaner. DMF is also used as an industrial paint stripper. This high solubility of inorganic substances also leads to the application of DMF in the production of high voltage capacitors.
  • Increasing uses of solvents and intermediates, expanding textile industries, increasing medical technology, and chemical processing sectors in developing countries are driving the demand for dimethylformamide used for various chemical manufacturing purposes through the years to come.
  • The chemical industry plays an important role in the growth of the dimethylformamide market. Over the three years from 2021 to 2024, the industry is expected to grow in every segment, with overall industry growth expected to be 1.8% in 2024. Basic chemicals are expected to see the largest growth of any chemical segment, at a 2.1 percent forecast for 2024.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is expected to dominate the global market owing to the highly developed chemical processing industries, pharmaceutical, and textile sectors.
  • The textile industry has been using the DMF in the production of acrylic fibers and polyurethane products, as well as in the manufacture of artificial leathers, films, and surface coatings. According to the International Trade Administration, Asia-Pacific is the largest market for the textile industry.
  • Chemical processing industries such as agricultural, petrochemical, polymer, and refining are majorly using dimethylformamide for various applications. India has now been ranked sixth among the world's ten largest manufacturing countries. The petrochemical industry contributes about 30% of raw material to the chemical industry, which is expected to reach USD 300 billion by 2025. The petrochemical industry itself is expected to cross the USD 100 billion by 2021 at a CAGR of 14%.
  • Acrylic fibers are being used in sweaters, boots, hats, gloves, athletic wear, carpeting, blankets, protective clothing, wigs, and hair extensions. This increased the demand for dimethylformamide in the production of acrylic fibers.
  • According to the Die Chemiefaserindustrie in der Bundesrepublik Deutschland, China and India lead global fiber consumption in recent years.
  • Dimethylformamide helps in the production of pesticides in agriculture, purification in petrochemical industries, and it is used in inks and dyes in various printing and fiber-dying applications.
  • The Indian chemicals industry stood at USD 178 billion in 2019, and it is expected to reach USD 304 billion by 2025, registering a CAGR of 9.3%. The demand for chemicals is expected to expand by 9% per annum by 2025. In September 2020, the production of key chemicals was 8,36,435 MT, and petrochemicals were 17,26,502 MT.
  • Also, specialty chemicals constitute 22% of the total chemicals and petrochemicals market in India. The demand for specialty chemicals is expected to rise at a 12% CAGR in 2019-22. The petrochemicals demand is expected to record a 7.5% CAGR between 2019 and 2023, with polymer demand increasing at 8%. The agrochemicals market is expected to witness an 8% CAGR to reach USD 3.7 billion by FY22 and USD 4.7 billion by FY25.
  • Increasing applications for industrial solvents and growing demand for laboratory research and development purposes in the region are expected to drive dimethylformamide through the years to come.

Competitive Landscape

The dimethylformamide market is partially consolidated in nature, with a few major players dominating a significant portion of the market. Some of the major companies are BASF SE, Eastman Chemical Company, Merck KGaA, Belle Chemical, and HELM AG, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Industrial Applications for DMF as Solvent
    • 4.1.2 Growing Demand from the Pharmaceutical Sector
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Higher Hazard Substance and Replacement by Other Substitutes
    • 4.2.2 Impact of the COVID-19 Pandemic
    • 4.2.3 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Chemical Processing and Solvents
    • 5.1.2 Pharmaceuticals
    • 5.1.3 Textiles
    • 5.1.4 Other Applications
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 Asia-Pacific
      • 5.2.1.1 China
      • 5.2.1.2 India
      • 5.2.1.3 Japan
      • 5.2.1.4 South Korea
      • 5.2.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.2 North America
      • 5.2.2.1 United States
      • 5.2.2.2 Canada
      • 5.2.2.3 Mexico
    • 5.2.3 Europe
      • 5.2.3.1 Germany
      • 5.2.3.2 United Kingdom
      • 5.2.3.3 France
      • 5.2.3.4 Italy
      • 5.2.3.5 Rest of Europe
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 South Africa
      • 5.2.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 BASF SE
    • 6.4.2 Eastman Chemical Company
    • 6.4.3 HELM AG
    • 6.4.4 Jiutian Chemical Group Ltd
    • 6.4.5 Merck KGaA
    • 6.4.6 Mitsubishi Gas Chemical Company Inc.
    • 6.4.7 Paari Chem Resources LLP
    • 6.4.8 Pon Pure Chemicals Group
    • 6.4.9 Belle Chemical
    • 6.4.10 Zhejiang Jiangshan Chemical

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Usage of DMF in Research Labs
  • 7.2 Other Opportunities