デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1005628

インドネシアの肥料市場 - 成長、動向、COVID-19 の影響、予測(2022年~2027年)

Indonesia Fertilizer Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 106 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
インドネシアの肥料市場 - 成長、動向、COVID-19 の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 106 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

インドネシアの肥料市場は2020年に41億2,240万米ドルとなり、2026年には59億4,620万米ドルに達すると予測され、予測期間中に4.6%のCAGRを記録している

COVID-19の大流行は、同国の肥料産業に最も深刻な影響を及ぼしました。生産量は20.0~30.0%減少し、供給不足により価格が上昇しました。また、度重なるロックダウンにより、業界は深刻な労働力不足に見舞われ、生産、輸出、輸入ビジネスに影響を及ぼしました。2020年1月末から業界の大部分が操業停止となり、輸送と貯蔵の制約により、関連するすべての投入物の需要と供給の両方が制限され、セクター全体で課題が山積しています。

窒素セグメントは、調査した市場の中で最大のセグメントとみなされ、他のセグメントの中で主要なシェアを占めています。尿素は最も取引されている窒素肥料です。ベトナム、シンガポール、タイ、フィリピンなどの数カ国から尿素肥料の輸出需要が高く、国内の尿素肥料の生産需要が増強される

インドネシア農業省(MOA)は、土地の生産性低下の根本原因を取り除くため、偽肥料、不良種子、危険な農薬の市場外での所持・使用など、農家の生産性に影響を与える基準を規制・監視しています。

したがって、人口増加に伴う食糧需要の増加により、国は食用作物の生産性を向上させるために多くの努力を必要としています。これは、作付け強度の上昇と、肥料を含む適切な肥料の供給によって達成することができます。したがって、これらの要因は、市場を推進し、予測期間中に積極的な成長を登録するのに役立つと予想されます。

主な市場動向

耕作地の増加

インドネシアの肥料市場は、同国の耕地面積の増加により、プラスの成長を遂げることが観察されています。FAOによると、インドネシアの耕作地は長年にわたって増加しています。2016年、同国の耕地面積は4760万ヘクタールを占め、2019年には5700万ヘクタールまで増加します。耕地と肥料消費量の間には正の相関があるため、インドネシアの肥料市場は耕地に応じて変動します。したがって、耕地面積の増加は、肥料市場の成長を促進します。

近年の農業開発の向上は、商業化、工業化、都市化とともに、農業生産システムに大きな変化をもたらしています。近代的な農法の採用により、インドネシアのさまざまな農場で肥料の使用が促進されています。環境の安全性を維持しながら作物の生産性を向上させることの重要性が高まっていることが、バイオ肥料の需要をより大きく押し上げています。

このため、耕地面積の増加や、国内の農作物生産量を向上させるための高品質な肥料の需要増加が、予測期間中の市場の牽引役となることが予想されます。

補助金を通じた政府からの支援

農業はインドネシア経済の重要な部分を占めており、国内の数百万人の農家が依存する第2位のセクターです。肥料は生産性を高める重要な要素であると考え、政府は肥料の使用量を増やすための補助金を提供しています。

インドネシア政府は、持続可能な食料生産と栄養確保を実現するため、消費する食料の主要な供給源を国内生産とする国家政策を策定しています。その中で、肥料を供給し、農家に補助金として配布しています。これにより、農家は肥料を積極的に使って農作業を行い、生産量を増やすことができ、同国の市場成長の原動力となっています。

同国では、米が主要作物の一つとなっています。インドネシア統計局によると、2018年、稲作における肥料の平均コストは9.43%であり、土地と労働のコストはそれぞれ25.6%と48.7%を占めています。肥料のコストは比較的小さいもの、肥料は必要不可欠な要素であり、適切に施用することで収量を増やすのに役立つ。政府はこのことをよく理解しており、肥料に補助金を出すなどして、国内での肥料の利用促進に力を入れています。Ditjen PSPによると、2019年の化学肥料と有機肥料の補助金総量は955万トンだったそうです。

こうした政府のスキームにより、農家の肥料使用への参加率も高まっています。2017年の調査によると、尿素肥料の使用率は、稲作とトウモロコシ栽培で100%を占め、大豆では80%程度と高いことが確認されています。有機肥料の使用率は、国内では低い水準にあります。補助金付きの化学肥料の使用率が高いことが、同国の市場成長を促進すると予想されます。

競合情勢

インドネシアの肥料市場は非常に集約されており、大手企業が大きなシェアを占めています。国営企業は、PT Pupuk Kalimantan Timur, PT.Pupuk Sriwidjaya Palembang、Petrokimia Gresik、PT pupuk kujang、PT Pupuk Iskandar Mudaなどの国営企業が市場を独占しています。市場の主要なプレーヤーは、市場での地位を強化するために最も採用された戦略として、パートナーシップを築いています。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 種類
    • 窒素肥料
      • 尿素
      • 硝酸アンモニウムカルシウム(CAN)
      • アンモニア
      • 硝酸アンモニウム
      • 硫安
      • その他窒素肥料
    • リン酸質肥料
      • リン酸一アンモニウム(MAP)
      • リン酸二アンモニウム < DAP
      • トリプル過リン酸塩 < TSP>(Triple Superphosphate)
      • その他リン酸質肥料
    • カリ肥料
      • カリ石灰混合肥料(MOP)
      • その他カリ肥料
    • 副栄養素肥料
    • 微量要素肥料
  • 用途
    • 穀物および穀類
    • 豆類・油糧種子
    • 商業作物
    • 果実および野菜
    • その他の用途

第6章 競争情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • PT. Pupuk Sriwidjaya Palembang
    • PT Petrokimia Gresik
    • PT Pupuk Kujang
    • PT. Pupuk Kalimantan Timur
    • PT Pupuk Iskandar Muda
    • PT Jadi Mas
    • Wilmar International Limited
    • Kuok Group(Agrifert)
    • PT. Dupan Anugerah Lestari

第7章 市場機会と将来動向

第8章 COVID-19の市場への影響評価

目次
Product Code: 52964

The Indonesia Fertilizers market was valued at USD 4,122.4 million in 2020, and it is projected to reach USD 5,946.2 million by 2026, registering a CAGR of 4.6% during the forecast period

The COVID-19 pandemic had the most critical impact on the fertilizer industry in the country. Production went down by 20.0-30.0% and prices increased due to supply constraints. The industry also suffered from severe labor shortages, due to repeated lockdowns that affected the production, export, and import business. A large part of the industry was shut down from the end of January 2020, limiting both demand and supply of all relevant inputs, as transport and storage constraints presented mounting challenges across the sector.

The nitrogenous segment is considered to be the largest segment of the market studied and accounts for a major share among other segments. The Urea is the most-traded nitrogenous fertilizer. There is high demand for exports of urea fertilizers from several countries, such as Vietnam, Singapore, Thailand, and the Philippines, which augments the demand for the production of urea fertilizers in the country

The Ministry of Agriculture of Indonesia (MOA) regulates and monitors standards that affect farmer productivity, such as possessing and using fake fertilizer, bad seed, and dangerous pesticides off the market, in order to eliminate the root cause of decreased land productivity.

Therefore., with the increasing food demand coupled with a growing population, the country requires much effort to improve food crop productivity. This can be achieved by rising cropping intensity and providing the appropriate fertilizers, including fertilizers. Therefore, these factors are anticipated to drive the market and aid in registering positive growth during the forecast period.

Key Market Trends

Increased Arable Land

Indonesia's fertilizer market is observed to have positive growth for an increase in arable land in the country. According to FAO, the arable land in Indonesia has been increasing over the years. In 2016, the total arable land in the country accounted for 47.6 million hectares, which increased to 57.0 million hectares in 2019. The positive correlation between arable land and fertilizer consumption makes the Indonesian fertilizer market fluctuate according to arable land. Hence, the increase in arable land drives the growth of the fertilizer market.

Improved agricultural development in recent years, along with commercialization, industrialization, and urbanization, has led to significant changes in the agricultural production systems. The adoption of modern farming methods has encouraged the use of fertilizers across various agricultural farms in Indonesia. The growing importance of improving crop productivity along with preserving environmental safety has boosted the demand for biofertilizers to a greater extent.

Therefore, the rise in arable land and the increased demand for quality fertilizers to enhance the domestic production of crops are anticipated to drive the market during the forecast period.

Support from the Government through Subsidies

Agriculture is considered an important part of Indonesia's economy, and it is the second largest sector ​where millions of farmers in the country depend on. Considering fertilizers an important part of productivity, the government is providing subsidies for fertilizers to increase their usage.

n order to achieve sustainable food production and nutrition security, the government of Indonesia has formulated a national policy stating that the prominent source of food for consumption should be from domestic production. Under this, it is providing fertilizers and distributing them to farmers at subsidized rates. This has encouraged farmers to use fertilizers intensively in farming and boost production, thereby driving the growth of the market in the country.

Rice is one of the major crops in the country. According to Statistics of Indonesia, in 2018, the average cost of fertilizers in rice farming was 9.43%, whereas the cost of land and labor accounted for 25.6% and 48.7%, respectively. Though the cost of fertilizers is relatively small, they are an essential component and help in increasing the yield when applied properly. The government, understanding this thoroughly, is focusing on the promotion of fertilizer usage in the country by giving subsidies on fertilizers. According to Ditjen PSP, the total volume of subsidized chemical and organic fertilizers in 2019 was 9.55 million metric ton.

With these government schemes, the participation rate of farmers in using fertilizers is also increasing. According to a study in 2017, the use of urea fertilizers is observed to be high in rice and maize farming, accounting for 100%, while for soybean, the usage accounted for around 80%. The use of organic fertilizers is at low rates in the country. The high use of subsidized chemical fertilizers is anticipated to drive the growth of the market in the country.

Competitive Landscape

The Indonesia Fertilizers market is highly consolidated, with major players holding a major share in the market% . The state-owned enterprises such as PT Pupuk Kalimantan Timur, PT. Pupuk Sriwidjaya Palembang, PT Petrokimia Gresik, PT pupuk kujang and PT Pupuk Iskandar Muda which are subsidiaries of PT Pupuk Indonesia Holding Company dominates the market. Major players in the market are making partnerships as their most adopted strategy to consolidate their position in the market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Nitrogenous Fertilizers
      • 5.1.1.1 Urea
      • 5.1.1.2 Calcium Ammonium Nitrate (CAN)
      • 5.1.1.3 Ammonia
      • 5.1.1.4 Ammonium Nitrate
      • 5.1.1.5 Ammonium Sulfate
      • 5.1.1.6 Other Nitrogenous Fertilizers
    • 5.1.2 Phosphatic Fertilizers
      • 5.1.2.1 Mono-Ammonium Phosphate (MAP)
      • 5.1.2.2 Di-Ammonium Phosphate (DAP)
      • 5.1.2.3 Triple Superphosphate (TSP)
      • 5.1.2.4 Other Phosphatic Fertilizers
    • 5.1.3 Potash Fertilizers
      • 5.1.3.1 Muriate of Potash (MOP)
      • 5.1.3.2 Other Potash Fertilizers
    • 5.1.4 Secondary Nutrient Fertilizers
    • 5.1.5 Micronutrients
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Grains and Cereals
    • 5.2.2 Pulses and Oil Seeds
    • 5.2.3 Commercial Crops
    • 5.2.4 Fruits and Vegetables
    • 5.2.5 Other Applications

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 PT. Pupuk Sriwidjaya Palembang
    • 6.3.2 PT Petrokimia Gresik
    • 6.3.3 PT Pupuk Kujang
    • 6.3.4 PT. Pupuk Kalimantan Timur
    • 6.3.5 PT Pupuk Iskandar Muda
    • 6.3.6 PT Jadi Mas
    • 6.3.7 Wilmar International Limited
    • 6.3.8 Kuok Group (Agrifert)
    • 6.3.9 PT. Dupan Anugerah Lestari

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 AN ASSESSMENT OF COVID-19 IMPACT ON THE MARKET