市場調査レポート

SIMオンリープロポジションの位置付け & 影響

SIM-only Propositions Positioning & Impact

発行 Mobile Market Development Ltd 商品コード 327523
出版日 ページ情報 英文 35 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.95円で換算しております。
Back to Top
SIMオンリープロポジションの位置付け & 影響 SIM-only Propositions Positioning & Impact
出版日: 2015年03月31日 ページ情報: 英文 35 Pages
概要

近年、SIMオンリープロポジションの売り上げが急増しています。よく設計されたSIMオンリープロポジションは、オペレーターが安い端末補助金・低い売上手数料の結果として、コスト削減を達成するのに役立ちます。しかし契約義務の欠如は、結果として高いチャーン率を伴い、顧客が比較的短い期間で去ることが出来ることを意味します。

当レポートでは、現在、欧州の主要3市場にわたって欧州の主要MNO・MVNOが市販するSIMオンリープロポジションについて調査し、料金設計のレビュー、製品差別化・ポジショニング、エントリーレベルのポストペイ会費、集中型マルチプレイプロポジションおよびデータオンリーSIMに関する分析をまとめ、SIMオンリーポリシーの最適化を目指すMNOへの提言などとともに、お届け致します。

第1章 概要

第2章 イントロダクション

第3章 SIMオンリーポリシーの重要性

  • SIMオンリープランを提供するオペレーターの理由
  • SIMオンリー販売の市場促進因子
  • 端末ソーシングの変化・チャネルの合理化

第4章 料金プランの設計 & ポジショニング

  • プラン設計
    • 月額割
    • 契約期間
  • ポジショニング & ターゲッティング
    • SIMオンリーのエントリーレベルプラン
    • マルチプレイコンテクストにおけるSIMオンリー
    • データオンリーSIM
  • SIMオンリープロポジションのベンチマーク

第5章 SIMオンリーサービスの影響

  • 顧客ミックス
  • 財務KPI

第6章 主な調査結果

第7章 提言

付録:質問へのフィードバック

目次

In recent years there has been a surge in sales of SIM-only propositions. Well-designed SIM-only propositions can help operators achieve cost reductions as a result of lower handset subsidies and lower sales commissions. However, lack of contract commitment means the customer can leave at relatively short notice, with higher churn a consequence. Additionally, lack of control of the devices connected can potentially lead to revenue loss, as customers equipped with old handsets may not be able to make the most of new digital services. In this report we look at the SIM-only propositions currently marketed by leading European MNOs and MVNOs across three key European markets. The analysis includes a review of tariff design, product differentiation and positioning, in the context of entry-level postpay subscriptions, converged multi-play propositions and data-only SIMs. The report concludes with a set of recommendations for MNOs aimed at optimising SIM-only policies, with the ultimate objective of offering customers plenty of choice whilst maintaining a healthy position in terms of both customer mix and key performance indicators.

In this report we look at the SIM-only propositions currently marketed by leading European MNOs and MVNOs across three key European markets. The analysis includes a review of tariff design, product differentiation and positioning, in the context of entry-level postpay subscriptions, converged multi-play propositions and data-only SIMs.

The report concludes with a set of recommendations for MNOs aimed at optimising SIM-only policies, with the ultimate objective of offering customers plenty of choice whilst maintaining a healthy position in terms of both customer mix and key performance indicators.

Table of Contents

1. Overview

2. Introduction

  • 2.1. Background to the Report
  • 2.2. Report Content
  • 2.3. Currency and Conversions
  • 2.4. Further Questions and Feedback

3. Significance of SIM-only Policies

  • 3.1. Reasons for Operators to Offer SIM-only Plans
  • 3.2. Market Drivers for SIM-only Sales
  • 3.3. Changes in Handset Sourcing and Streamlining of Channel

4. Tariff Plan Design & Positioning

  • 4.1. Plan Design
    • 4.1.1. Discounted Monthly Fee
    • 4.1.2. Contractual Terms
  • 4.2. Positioning & Targeting
    • 4.2.1. SIM-only Entry-Level Plans
    • 4.2.2. SIM-only in the Multi-play Context
    • 4.2.3. Data-only SIMs
  • 4.3. SIM-only Propositions Benchmarks

5. Impact of SIM-only Propositions

  • 5.1. Customer Mix
  • 5.2. Financial KPIs

6. Key Findings

7. Recommendations

Appendix - Feedback Questions

Back to Top