株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

モバイル・ネットワーク共有の登場とこれから

Emergence and Future of Mobile Network Sharing

発行 Mobile Market Development Ltd 商品コード 238146
出版日 ページ情報 英文 25 pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=114.77円で換算しております。
Back to Top
モバイル・ネットワーク共有の登場とこれから Emergence and Future of Mobile Network Sharing
出版日: 2012年04月20日 ページ情報: 英文 25 pages
概要

モバイルインフラの共有がモバイル業界に広まっています。事業者はコストや環境・規制への配慮の点でのメリットをもとめる消費者獲得のために争っています。しかし、共有にはもともとモバイルサービスを拡大させる潜在力があり、対象地域やネットワーク容量の両方において、データをベースとするサービスへの需要の拡大への支援が求められます。

当レポートでは、ネットワークインフラの共有モデルの概要や、実践的な経験のレポートなどを盛り込み、概略下記の構成でお届けいたします。

1. 概要

2. イントロダクション

  • レポートの背景
  • レポート内容
  • 通貨と換算
  • フィードバック

3. ネットワーク共有の活性因子

  • 財務的活性因子
    • ネットワークコスト
    • ネットワーク競争の終了
    • 都心部での非LTEネットワーク共有の活性因子
    • 地方でのネットワーク共有の活性因子
  • 環境への配慮
  • 規制の活性因子

4. ネットワーク共有モデル

  • パッシブ・インフラ共有
    • ネットワークサイト共有
    • タワー共有
  • アクティブ・インフラ共有
    • 無線アクセス・ネットワーク(RAN)共有
    • コアネットワーク共有
    • ナショナル・ローミング

5. ネットワーク共有の実践的的経験

  • スウェーデン−3GからLTEへのネットワーク共有の進化
  • LTE共有と今後
  • アフリカ−パッシブ・インフラ共有
    • 既存のパッシブ・ネットワーク資産のアウトソーシングとスピンオフ
    • 新しいアフリカのネットワーク範囲経済の変化
  • ナショナル・ローミング(NR)
    • ナショナル・ローミングの規制者に対する信頼
    • ナショナル・ローミングの実践的経験

6. 経験からの学習

7. 提言

参考資料

目次

The sharing of mobile infrastructure is becoming increasingly embedded into the mobile industry. Operators that otherwise compete for customers see the benefits in terms of cost, environmental and regulatory considerations. However, sharing also has the potential to allow mobile services a better route to expansion. This is both in terms of geographic coverage and the network site capacity required to support an exponential increase in demand for data based services.

Like any other form of commercial agreement and co-operation between mobile operators, network infrastructure sharing is subject to potential problems for the participants. Imbalances in negotiating strength and diverging operator coverage and capacity requirements are just two examples of this.

As well as explaining the models of network infrastructure sharing, this report draws on the practical experiences of the players in the models' operation. Contributions from outsourcing players such as the tower companies as well as operators themselves provide vital insight and lessons for mobile operators considering launch or evolution of network sharing arrangements.

Table of Contents

1. Overview

2. Introduction

  • 2.1. Background to the Report
  • 2.2. Report Content
  • 2.3. Currency and Conversions
  • 2.4. Further Questions and Feedback

3. Network Sharing Drivers

  • 3.1. Financial Drivers
    • 3.1.1. Network Costs
    • 3.1.2. The End of Network Competition
    • 3.1.3. Non-LTE Network Sharing Drivers in Urban Areas
    • 3.1.4. Network Sharing Drivers in Rural Areas
  • 3.2. Environmental Considerations
  • 3.3. Regulatory Drivers

4. Network Sharing Models

  • 4.1. Passive Infrastructure Sharing
    • 4.1.1. Network Site Sharing
    • 4.1.2. Tower Sharing
  • 4.2. Active Infrastructure Sharing
    • 4.2.1. Radio Access Network (RAN) Sharing
    • 4.2.2. Core Network Sharing
    • 4.2.3. National Roaming

5. Practical Experiences of Network Sharing

  • 5.1. Sweden - The Evolution of Network Sharing From 3G to LTE
  • 5.2. LTE Sharing and the Future
  • 5.3. Africa - Passive Infrastructure Sharing
    • 5.3.1. Outsourcing and Spinning Off Existing Passive Network Assets
    • 5.3.2. Changing the Economics of New African Network Coverage
  • 5.4. National Roaming (NR)
    • 5.4.1. The Reliance of National Roaming on Regulators
    • 5.4.2. Practical Experiences of National Roaming

6. Lessons from Experience

7. Recommendations

Appendix - Feedback Questions

Back to Top