市場調査レポート

プレミアムから大量市場向けデータローミングモデルへの進化

Evolving from a Premium to a Mass Market Data Roaming Model

発行 Mobile Market Development Ltd 商品コード 206608
出版日 ページ情報 英文 29 pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=105.42円で換算しております。
Back to Top
プレミアムから大量市場向けデータローミングモデルへの進化 Evolving from a Premium to a Mass Market Data Roaming Model
出版日: 2011年07月28日 ページ情報: 英文 29 pages
概要

「請求書ショック(billshock)」という言葉は、通信規制当局にとってはときの声であり、モバイルオペレーターにとっては悪夢となっています。このため、規制当局は、データローミングの大量市場化を妨げている高い価格設定の排除を念頭に、国際データローミング価格に注目してきました。しかしEUの取り組みや、その取り組みに関するメディアの報道は、特に消費者を中心とした反響を招き、逆にデータローミングの大量市場への移行を妨げてきました。大量市場がデータローミングを受け入れるためには、差別化されたデータローミングの提案が不可欠であり、オペレーター各社は、顧客がためらうことなく再接続できるローミングサービスを提供する必要があります。

当レポートでは、主として欧州におけるデータローミングの現状および動向について調査分析し、モバイルデータローミングの大量市場化を実現するために、規制当局が行うべき活動および戦略、そしてその他の諸条件について分析するなど、概略以下の構成でお届けいたします。

第1章 概要

第2章 イントロダクション

  • レポートの背景
  • レポートの内容
  • 通貨および換算レート
  • その他の問題およびフィードバック

第3章 これまでのローミング規制

  • 欧州連合
    • ローミング規制と欧州市場に対する影響
    • 欧州におけるデータローミングの影響
  • 欧州の経験が米国およびアフリカ南部に与えることが期待される影響

第4章 データローミング提案における新機軸

  • 概要
  • ローミングデータバンドル:Vodafone Data Traveller
  • 定額料金:Meteor Ireland
  • 課金および使用上限設定:O2 UKおよびStarhub Singapore
    • O2 UK月次課金上限
    • Starhub Singapore Roam Manager

第5章 主な調査結果

  • ホールセールデータローミングコストの影響
  • データ通知および使用上限の役割
  • 効果的な大量市場向けデータローミング提案の主な特徴

第6章 提言

付録:フィードバックの質問

目次

The term ‘billshock’ has become a rallying cry for telecom regulators and a nightmare for mobile operators. It has led to regulators, most notably the EU Commission for the Digital Agenda, focusing on the price of international data roaming with the objective of eliminating the high prices that prevent data roaming from becoming a mass market service.

It is arguable that the efforts of the EU and others and media reporting on these efforts has hampered the transformation of data roaming from premium service to the mass market. The overwhelming response of many roamers, especially consumers, is a fear that leads them to closely control their usage or even curtail it altogether.

Practices such as disabling automatic data services (e.g. BlackBerry Messaging and e-mail syncing) are common. However, despite the regulatory activity and ensuing publicity, mobile operators also need to look at their own legacies in the data roaming market. These are frequently a combination of high prices and the encouragement of practices such as curtailed usage and the informal encouragement of automatic service disablement.

The pathway to mass market acceptance of data roaming lies in differentiated data roaming propositions. Operators must re-connect customers with roaming services that they use without a second thought in the home network environment. This paper examines the conditions for achieving mass market take up of mobile data roaming, significant regulatory activity and the strategies that can lead to success.

Table of Contents

1. Overview

2. Introduction

  • 2.1. Background to the Report
  • 2.2. Report Content
  • 2.3. Currency and Conversions
  • 2.4. Further Questions and Feedback

3. Roaming Regulation to Date

  • 3.1. The European Union
    • 3.1.1. Roaming Regulation and its Effects on the European Market
    • 3.1.2. The Implications for Data Roaming in Europe
  • 3.2. The Expected Influence of the European Experience in the USA and Southern Africa

4. Innovation in Data Roaming Propositions

  • 4.1. Overview
  • 4.2. Roaming Data Bundles - Vodafone Data Traveller
  • 4.3. Flat Rates - Meteor Ireland
  • 4.4. Charging and Usage Caps - O2 UK and Starhub Singapore
    • 4.4.1. O2 UK Monthly Charging Caps
    • 4.4.2. Starhub Singapore Roam Manager

5. Key Findings

  • 5.1.1. The Influence of Wholesale Data Roaming Costs
  • 5.1.2. The Role of Data Notifications and Usage Caps
  • 5.1.3. Key Features of Effective Mass Market Data Roaming Propositions

6. Recommendations

Back to Top