市場調査レポート

顧客あたりの平均売り上げ(ARPU)を刺激するスマートフォンのシェアとキーアプリケーションの成長

Growing Smartphone Share & Key Apps to Stimulate ARPU

発行 Mobile Market Development Ltd 商品コード 203997
出版日 ページ情報 英文 30 pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.32円で換算しております。
Back to Top
顧客あたりの平均売り上げ(ARPU)を刺激するスマートフォンのシェアとキーアプリケーションの成長 Growing Smartphone Share & Key Apps to Stimulate ARPU
出版日: 2011年07月07日 ページ情報: 英文 30 pages
概要

当レポートでは、MNO(モバイルネットワーク事業者)が先進国のコンシューマー市場でどのようにスマートフォンの販促を行い、台数とその結果としてついてくるデータ利用を増やしているかを調査検証するとともに、MNOが発展途上国でどのようにスマートフォンとデータの販促を行っているかについて言及し、これらからネットワーク事業者がこの成長から収入と利益を得られるようにするためのスマートフォンとデータ市場開発の手助けとなるような提言と結論を導き、概略以下の構成でお届けします。

第1章 概要

第2章 序

  • 報告の背景
  • 報告の内容
  • 通貨とコンバージョン
  • 更なる疑問とフィードバック

第3章 スマートフォン市場のシェアを築く

  • 背景
  • なぜスマートフォンの使用を促進する必要があるのか
    • モバイルデータの利用促進のため
    • 購買数を増加するため
    • 収入を増やすため
  • どうすればスマートフォンの使用を促進できるか
    • 安価な端末はMNOへの助成金を減らす
    • さまざまな端末を提供
    • 発展市場を増やす
    • スマートフォンの採用を促進するために関税を利用
    • スマートフォンの採用を促進するためにコンテンツとサービスを利用
    • 次世代ネットワークを導入

第4章 ハンドセットのアプリケーション

  • 収入モデル
    • 事業者の課金
    • 広告
    • アプリケーションでの支払い
  • 収入を生み出すアプリケーション
    • ビデオサービス
    • M-Health(モバイルヘルス)
    • ゲーム
    • ソーシャルネットワーキング

第5章 結論と提言

索引

目次

Smartphones, from top-of-the-range to budget devices are making their mark on device sales worldwide. The adoption of Android as the platform of choice for many handset OEMs and the fall in costs of the hardware bill of materials is helping to drive down device unit costs, and is promoting smartphone take-up. There has been a dramatic increase in smartphone penetration in the past four years, especially in Western European and North American markets, and this adoption is beginning to boost the use of handset applications and other data services and thus increase the level of data use. Operators are continuing to promote smartphone take-up in order to sell many more data subscriptions and promote application use, and at the same time rebalance their tariffs in order to increase data service revenues and better monetise their networks.

This report examines how MNOs are promoting smartphone take-up in the consumer market to increase penetration and therefore data usage in developed markets. It also looks at how MNOs can promote both smartphone and data take-up in less developed markets.

It draws conclusions and provides recommendations to help in developing these smartphone and data markets in order that operators might derive revenues and benefit from this growth.

Table of Contents

  • 1. Overview
  • 2. Introduction
    • 2.1. Background to the Report
    • 2.2. Report Content
    • 2.3. Currency and Conversions
    • 2.4. Further Questions and Feedback
  • 3. Building Smartphone Market Share
    • 3.1. Background
    • 3.2. Why Smartphone Usage Should be Encouraged
      • 3.2.1. To Promote the Use of Mobile Data
      • 3.2.2. To Increase the Number of Subscriptions
      • 3.2.3. To Increase Revenues
    • 3.3. How Smartphone Usage can be Encouraged
      • 3.3.1. Cheaper Devices Mean Lower Subsidies For MNOs
      • 3.3.2. Offering a Wide Portfolio of Handsets
      • 3.3.3. Expanding Developing Markets
      • 3.3.4. Using Tariffs to Promote Smartphone Take-up
      • 3.3.5. Using Content and Services to Promote Take-up
      • 3.3.6. Introducing Next Generation Networks
  • 4. Handset Applications
    • 4.1. Introduction
    • 4.2. Revenue Models
      • 4.2.1. Operator Billing
      • 4.2.2. Advertising
      • 4.2.3. In-App Payments
    • 4.3. Applications for Revenue Generation
      • 4.3.1. Video Services
      • 4.3.2. M-Health
      • 4.3.3. Games
      • 4.3.4. Social Networking
  • 5. Conclusions and Recommendations
  • Appendix - Feedback Questions
Back to Top