市場調査レポート

モバイル消費者セグメントの再調査

Mobile Consumer Segments Re-examined

発行 Mobile Market Development Ltd 商品コード 133411
出版日 ページ情報 英文 25 PAGES
納期: 即日から翌営業日
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
Back to Top
モバイル消費者セグメントの再調査 Mobile Consumer Segments Re-examined
出版日: 2010年09月17日 ページ情報: 英文 25 PAGES

当商品の販売は、2016年07月01日を持ちまして終了しました。

概要

当レポートでは、2007年に発行したWireless Profitシリーズで取り扱ったモバイル市場における消費者セグメントについて、その後の急速な環境変化をふまえ、当時の結果が今なお有効かどうか検証するとともに、成功事例の最新状況をケーススタディーとして提供し、読者がそれぞれの組織におけるセグメンテーションの実施について見直しするために考えるべき事項を盛り込み、概略下記の構成でお届けいたします。

第1章 概要

第2章 イントロダクション

  • 本レポートの背景
  • 本レポートの内容
  • 通貨とコンバージョン

第3章 顧客セグメンテーションの目的

  • 顧客セグメンテーションの戦略的ゴール
  • 成熟したモバイル市場におけるセグメンテーション目的の不一致
  • 顧客セグメンテーション機会としてのデバイスのコストと価値

第4章 MNO(モバイルネットワーク事業者)の顧客セグメンテーションの実施

  • duによるcustomer journeyアプローチ
  • OrangeのAnimalプランとその開発
    • OrangeのオリジナルAnimalプラン
    • OrangeのMonkeyとYouthセグメント
    • 外部ブランドとコンテンツプロバイダーによるMonkey協会

第5章 MNOの顧客セグメンテーションの進歩

  • 持続するMNO独自のセグメンテーション
    • 大まかに定義されたセグメントの課題
    • 大まかなセグメントの明白なターゲットと定義の問題
    • 伝統的なモバイルセグメンテーションフレームワークの影響
  • MNO外部の要素を利用したセグメンテーション

第6章 主な調査結果

第7章 提言

目次

In 2007 a Wireless Profit series paper provided an overview of objectives and methodologies of consumer segmentation in mobile markets. There can be few areas of mobile marketing where the environment changes so quickly. Those changes are also taking place in areas of the value chain, such as handsets and value added services (VAS) where the mobile operator invariably has limited control. For example, mobile operators will pay major handset vendors huge premiums to be the exclusive channels for their new products, even if only for a short time.

This paper revisits the 2007 overview to examine whether it is still valid and to provide case studies that provide an updated view of best practice. It is designed to provide readers with food for thought in a re-examination of segmentation practice within their own organisations, so they can generate new consumer market segment schemes, which will satisfy the increasingly critical key criteria for high quality market segments that are needed to mitigate commoditisation and price competition.

Table of Contents

1. Overview

2. Introduction

  • 2.1. Background to the Report
  • 2.2. Report Content
  • 2.3. Currency and Conversions

3. Customer Segmentation Objectives

  • 3.1. Strategic Goals of Customer Segmentation
  • 3.2. The Clash of Segmentation Objectives in a Mature Mobile Market
  • 3.3. The Costs and Benefits of Devices as Customer Segmentation Opportunities

4. MNO Customer Segmentation Practice

  • 4.1. The du Approach of Customer Journey
  • 4.2. Orange Animal Plans and their Development
    • 4.2.1. Orange' s Original Animal Plans
    • 4.2.2. Orange Monkey and the Youth Segment
    • 4.2.3. Monkey Association With External Brands and Content Providers

5. MNO Segmentation Practice Advances

  • 5.1. Sustaining Unique Segmentation Within the MNO
    • 5.1.1. The Issues of Broadly Defined Segments
    • 5.1.2. Problems of Definition and Overt Targeting of Broad Segments
    • 5.1.3. Impact on the Traditional Mobile Segmentation Framework
  • 5.2. Segmentation Using Elements Outside the MNO

6. Key Findings

7. Recommendations

Back to Top