特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
表紙
市場調査レポート
商品コード
960352

デビットカードの地位向上:突如として最大の決済手段に浮上

Debit Card Abruptly Finds Itself Top of Wallet

出版日: | 発行: Mercator Advisory Group, Inc. | ページ情報: 英文 16 Pages, 9 Exhibits | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=105.60円
デビットカードの地位向上:突如として最大の決済手段に浮上
出版日: 2020年09月11日
発行: Mercator Advisory Group, Inc.
ページ情報: 英文 16 Pages, 9 Exhibits
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界規模の感染拡大とその後の「前例のない」景気後退を体験した後、米国のカード市場は2020年に入って、デビットカードでの決済件数・金額がクレジットカードを超過する、という全く初めての体験に直面しています。消費者は自らの支払い能力や家計の必要性を慎重に見極めて消費行動をしているので、デビットカードへの依存度が更に高まる可能性があります。長期的にはデビットカードの市場での地位が高まり、発行企業はその地位を維持するための活動に取り組むようになるでしょう。

当レポートでは、米国のクレジットカード・デビットカード市場の最新動向を調査すると共に、構造変化の方向性や、業界関係者が今後取り組むべき課題について考察しております。

当レポートで言及されている企業: American Express、Discover、Mastercard、Visaなど

本文中の図表より:

分析概略

  • 米国国内でのMastercardとVisaのデビット/クレジットカード取引データによれば、2020年第2四半期の購入額は2019年第2四半期よりも7%減少しました。クレジットカードでの購入額が21.2%減少したのが主な原因で、デビットカードは逆に8.6%の増加となりました。
  • 過去数年間の分析結果では、デビットカードとクレジットカードの成長はしばしば反対の動向を反映しています。特に最近はその対比が激しく、2四半期間 (2019年第4四半期~2020年第2四半期) に、デビットカードでの購入額シェアは46.4%から55.3%に上昇しました。
  • 2018年以降、単一の決済手段を優先して使用する傾向が拡大しています。カード所有者は自らのロイヤルティの高いクレジット/デビットカードを集中的に利用しており、決済手段の選択肢は減少する傾向にあります。
  • デビットカードの発行者は、長期的に忠実なデビットカードユーザーをどうやって獲得・維持するのか、深く検討し行動する必要に迫られています。
目次

The Debit Card Abruptly Finds Itself at the Top of the Wallet

Mercator Advisory Group's latest report suggests strategies debit card issuers may consider to retain this preferred card status with their cardholders.

In the continuing cycle of firsts and "unprecedented" events experienced during the global pandemic and the associated economic recession of 2020, the U.S. card market is currently experiencing a first of its own. Mastercard and Visa debit card transactions and dollar volumes are greater than those conducted on credit cards as explored in a new report, ‘Debit Card Abruptly Finds Itself Top of Wallet’. As consumers stare down potentially months of necessary household spending restrictions, they are relying on their debit cards much more, putting issuers in a new operating environment.

"We anticipate that changes in consumers' payment habits, largely driven by the COVID-19 pandemic, are likely to continue long term, if not become permanent routines. While the credit card market is being challenged, debit cards are now at an advantage and debit issuers will want to take steps to insure they retain this position," comments Sarah Grotta , Director, Debit and Alternative Products Advisory Service at Mercator Advisory Group and author of the report.

This report has 16 pages and 9 exhibits .

Companies mentioned in this report include: American Express, Discover, Mastercard, Visa.

One of the exhibits included in this report:

Highlights of the report include:

  • Review of Mastercard and Visa debit and credit data for the U.S., that finds purchase volumes in total were down 7% in Q2 2020 over Q2 2019. The decline was attributable solely to the 21.2% decline in credit purchase volume, compared with debit's 8.6% increase.
  • Analysis of data compiled over the last several years showing that debit card and credit card growth often reflect opposite trends. Recent data reveal a very stark reaction to the two primary card products. In just the space of two quarters (Q4 2019 to Q2 2020), debit cards went from a 46.4% share of purchase volume to 55.3% share.
  • Mercator survey data finds the use of a single preferred payment method has been increasing since 2018, with cardholders concentrating their payment loyalty to either credit or debit and a declining number choosing to use multiple payment options.
  • Activities that debit issuers will want to consider to hold on to loyal debit card users for the long term.
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.