株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

排出量削減の促進:バイオ燃料・代替燃料車による、CO2排出量の削減目標の達成

Driving Down Emissions: Achieving CO2 Emissions Reduction Goals through Biofuels and Alternative Fuel Vehicles

発行 Lux Research 商品コード 355758
出版日 ページ情報 英文 15 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=114.42円で換算しております。
Back to Top
排出量削減の促進:バイオ燃料・代替燃料車による、CO2排出量の削減目標の達成 Driving Down Emissions: Achieving CO2 Emissions Reduction Goals through Biofuels and Alternative Fuel Vehicles
出版日: 2016年03月19日 ページ情報: 英文 15 Pages
概要

地球温暖化・気候変動を防止するために、COP21 (気候変動枠組条約第21回締約国会議) では参加国からのINDC (自主的な約束草案) が提出され、2030年までの二酸化炭素 (CO2) の排出量の削減目標が制定されました。その具体的な取り組みとして、CO2排出量の少ないバイオ燃料への移行や、代替燃料車の普及により、道路交通からのCO2排出量を削減しようという動きが進みつつあります。

当レポートでは、各種のバイオ燃料および代替燃料車の活用によるCO2削減の見通しについて分析し、各種のバイオ燃料 (エタノール、バイオディーゼルなど) および代替燃料車 (電気自動車、燃料電池車など) によるCO2削減効果や、今後の道路交通からのCO2排出量の削減見通しなどについて調査・推計しております。

エグゼクティブ・サマリー

市場環境

  • INDC (各国の自主的な約束草案) では、全世界の道路交通からのCO2排出量を2030年までに23.9%削減すると誓約

分析

  • バイオ燃料・代替燃料車・燃費改善技術を併用すれば、道路交通からのCO2排出量は2030年までに29.1%削減することが可能

将来展望

図表一覧

  • 世界の道路交通からのCO2排出量 (1980〜2015年)
  • 道路交通からのCO2排出量の予測:経済活動が以前通りの場合、INDCの誓約内容を無条件で/条件付きで遵守する場合
  • 第1世代エタノール・繊維質エタノールのCO2排出量:ガソリンとの比較、混合比率別 (E5、E10、E85)
  • 第1世代バイオディーゼル・再生可能バイオディーゼルのCO2排出量:ガソリンとの比較、混合比率別 (E5、E10、E85)
  • CNG (圧縮天然ガス)・LNG (液化天然ガス) のCO2排出量:ディーゼル燃料との比較、メタンの供給源別 (天然ガス、嫌気性消化バイオガス、埋め立て地ガス)
  • ハイブリッド車 (PHEV)・電気自動車 (EV)・燃料電池車 (FCV) のCO2排出量:ガソリン車との比較、電気・水素の供給源別 (化石燃料、再生可能エネルギー)
  • 第1世代/次世代型バイオ燃料と天然ガス車 (NGV) で、2030年までに、道路交通における化石燃料の消費量を45.4%以上も代替できる
  • 道路交通からのCO2排出量の予測:代替燃料 (車) の普及率がゼロ/低水準/中水準/高水準の場合
目次

Global warming returns to center stage as a global agreement on climate change was reached at 21st session of the Conference of the Parties (COP21). Of 34 billion tons (GT) of global CO2 emissions in 2015, road transportation made up 5.7 GT and has steadily increased over the years. With Intended Nationally Determined Contributions (INDC) pledges from nations accounting for nearly 99% of global yearly CO2 emissions, significant strides must be made in biofuels and alternative fuel vehicles to achieve the goal set for 2030. The transition of the biofuels industry towards low-carbon biofuels in combination with market penetration of alternative fuel vehicles and improved vehicle technologies are pivotal in reducing global road transportation CO2 emissions.

Table of Contents

EXECUTIVE SUMMARY

LANDSCAPE

  • INDC pledges target 23.9% reduction in global road transportation CO2 emissions in 2030.

ANALYSIS

  • Combination of biofuels, alternative fuel vehicles, and fuel efficiency improvements results in 29.1% reduction of global road transportation CO2 emissions in 2030.

OUTLOOK

TABLE OF FIGURES

  • Figure 1: Graphic Global Road Transportation Emissions (GT CO2), 1980 to 2015
  • Figure 2: Graphic Global Road Transport CO2 Emissions Projection Based on Business-as-usual, Unconditional, and Conditional INDC Pledges
  • Figure 3: Graphic First-generation Ethanol and Cellulosic Ethanol CO2 Emissions Reduction Relative to Gasoline by Blending Percentage (E5, E10, and E85)
  • Figure 4: Graphic First-generation Biodiesel and Renewable Diesel CO2 Emissions Reduction Relative to Diesel by Blending Percentage (B5, B20, B100)
  • Figure 5: Graphic Compressed Natural Gas (CNG) and Liquefied Natural Gas (LNG) CO2 Emissions Reduction Relative to Diesel by Methane Source (Natural Gas, Anaerobic Digestion Biogas, Landfill Gas)
  • Figure 6: Graphic Plug-in Hybrid Electric Vehicles (PHEV), Electric Vehicles (EV), and Fuel Cell Vehicles (FCV) CO2 Emissions Reduction Relative to Gasoline by Electricity and Hydrogen Source (Fossil, Renewable)
  • Figure 7: Graphic First-generation biofuels, next-generation biofuels, and NGVs account for at least 45.4% of potential fossil fuel displacement in road transportation in 2030
  • Figure 8: Graphic Global Road Transportation CO2 Emission Projections Based on No-adoption, Low-adoption, Medium-adoption, and High-adoption of Alternative Fuels and Vehicles
Back to Top