表紙
市場調査レポート

市場シェア動向の分析:電気自動車 (EV) 向けバッテリー市場におけるパナソニック企業の主導権を、LG Chemなどが奪える可能性について

Watch the Throne: How LG Chem and Others Can Take Panasonic's EV Battery Crown by 2020

発行 Lux Research 商品コード 341261
出版日 ページ情報 英文
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.50円で換算しております。
Back to Top
市場シェア動向の分析:電気自動車 (EV) 向けバッテリー市場におけるパナソニック企業の主導権を、LG Chemなどが奪える可能性について Watch the Throne: How LG Chem and Others Can Take Panasonic's EV Battery Crown by 2020
出版日: 2015年07月30日 ページ情報: 英文
概要

現在、世界のプラグイン電気自動車 (PHEV) 向けバッテリー市場はパナソニックが主導権を握っています。特に、Tesla Motorsとの間には大規模な部品供給関係が構築されています。驚くべきことに、この2社間の取引量だけで、他の競合企業 (LG ChemやSamsung SDIなど) の自動車向けバッテリーの総合計量を上回っています。しかし、長期的にはパナソニックがシェアを失う可能性もまだ残っています。

当レポートでは、パナソニックが市場シェアの地位をLG Chemなどに取って代わられる可能性について分析すると共に、PHEV向けバッテリー市場 (大手自動車メーカー向け) における大手サプライヤー各社の市場シェアや、ドイツ車・日本車の市場競争状態、パナソニックが取り得る反撃策などについて推計・考察しております。

目次

  • エグゼクティブ・サマリー
  • 市場環境
    • LG ChemやSamsung SDIが大手自動車メーカ向けー市場を獲得するも、Tesla Motors向け需要の分だけ、パナソニックの市場シェアがより大きい
  • 分析
    • 楽観的なケース (ドイツ車のPHEV比率が高い場合) では、LG Chemが2020年までに首位に立つが、それ以外なら、日産自動車への供給分も獲得する必要がある

図表一覧

  • 図1:バッテリーメーカーとプラグイン電気自動車 (PHEV) 業界との、主な部品供給関係 (概略)
  • 図2:PHEV市場におけるパナソニックの市場シェア - 2014年は平均39%、2015年第1四半期は49%に
  • 表3:自動車メーカーの戦略の相違点 - PHEV、ハイブリッド車、燃料電池車の場合
  • 図4:パナソニックの市場シェアの将来見通し (2020年まで) - Teslaの売上高のおかげで、今後も第一位の地位を保つ見通し
  • 図5:VW Group・BMW・Daimlerもまた、自動車用バッテリーの主要ユーザーとして台頭する
  • 図6:ドイツ車のPHEVのシェアが6%に達すれば、LG Chemは2020年までに市場の主導権をパナソニックから奪える
目次

For now, Panasonic rules the battery landscape for plug-in vehicles. It has just one large-volume supply relationship - it sells to Tesla Motors. Astonishingly, that single deal with a niche OEM outperforms more than a dozen other deals that Panasonic's competitors LG Chem, Samsung SDI, and others have struck with giant automakers. However, Panasonic could still lose the long game. This report details the conditions in which LG Chem and others can dethrone Panasonic by 2020, thereby gaining billions of dollars of market share in the process. Key strategies include helping accelerate the plug-in hybrid sales of two key German OEMs, winning over a supply contract with a Japanese OEM in need of help, and being first to mass-market with next-generation solid-state batteries. Finally, this report also outlines defensive strategies that Panasonic can deploy to counter these moves from its competitors, and what others can do to disrupt the battery world's "big three."

Table of Contents

EXECUTIVE SUMMARY

LANDSCAPE

Despite striking deals with the world's largest OEMs, battery suppliers like LG Chem and Samsung SDI find themselves behind in market share to Panasonic because of Tesla Motors.

ANALYSIS

In the optimistic case of strong PHEV sales by German OEMs, LG Chem captures the number one spot by 2020. In the more likely case, however, it needs to win the Nissan supply deal, too.

TABLE OF FIGURES

  • Figure 1: Graphic Selection of Key Supply Relationships by Battery Makers into the Plug-in Vehicle Industry
  • Figure 2: Graphic Panasonic Averaged 39% Share in Plug-in Vehicle Batteries since 2014, Spiking to 49% in Q1 2015
  • Figure 3: Table Key OEMs Differ Wildly in Their Strategies for Plug-in Vehicles, Hybrids, and Fuel Cell Vehicles
  • Figure 4: Graphic In the Likely Case, Panasonic Keeps Its #1 Position in 2020, Thanks to Tesla's EV Sales
  • Figure 5: Graphic The VW Group Will Emerge Is a Key User of Batteries, while BMW and Daimler Grow Well, Too
  • Figure 6: Graphic If German OEMs Can Sell 6% of Their Cars as PHEVs, LG Chem Takes Lead from Panasonic by 2020
Back to Top