市場調査レポート

集光型太陽熱発電(CSP)の最先端部品市場の活発化

Turning Up the Heat on Advanced Concentrating Solar Power Components

発行 Lux Research 商品コード 293205
出版日 ページ情報 英文
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=105.69円で換算しております。
Back to Top
集光型太陽熱発電(CSP)の最先端部品市場の活発化 Turning Up the Heat on Advanced Concentrating Solar Power Components
出版日: 2013年12月25日 ページ情報: 英文
概要

集光型太陽熱発電(CSP)業界は僅か数年前に、各国の金融機関や政府当局から巨額の投資を獲得しましたが、そのまま市場から消えてなくなりました。太陽電池(PV)モジュールの価格が2010年に暴落したため、CSPプロジェクトの開発業者は数多くのプロジェクトを中断したり、太陽光発電方式に切り替えたりしています。事態を逆転させて、結晶シリコン型太陽電池との市場競争に打ち勝つためには、CPS技術のプロバイダーは、最先端部品の開発・一体化を進め、動作温度の引き上げや、低コストの蓄熱(TES)装置との一体化、素材投入量の削減、システム性能の維持などを実現する必要があります。分析結果によれば、こうした最先端部品は2020年までにはタワー型・線形フレネル型の太陽熱発電プラントにTES装置ごと組み込まれる見込みで、DNI(法線面直達日射量)の高い環境におけるユーティリティスケール(電力事業規模)の多結晶シリコン(mc-Si)方式の水準にまで、均等化エネルギー費用(LCOE)を引き下げることが期待されています。このような技術進歩により、CSP方式は発電市場での地位を取り戻し、間欠的な再生可能エネルギーに必要な無効電力の供給源としての地位を高めています。

当レポートでは、全世界の集光型太陽熱発電(CSP)用の高性能部品の現在・将来の技術水準や、CSP発電市場にもたらす効果について分析し、その結果を概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブ・サマリー

情勢

  • CSP向け技術プロバイダーは、フラットパネル型太陽電池との競合のために、システム効率の改善とコスト削減を必要としている

分析

  • 最先端部品と蓄熱技術が、集光型太陽熱発電(CSP)をユーティリティスケール・単独型の太陽エネルギー発電の最前線に連れ戻す

将来展望

脚注

目次

After winning huge investments from financiers and government agencies just a few years ago, concentrating solar power (CSP) has fallen out of the limelight. As photovoltaic (PV) module prices have crashed since 2010, CSP project developers have canceled numerous projects or replaced the technology with PV. To reverse the dwindling CSP pipeline and combat the crystalline silicon onslaught, CSP technology providers need to develop and integrate advanced components that can increase operating temperatures, integrate low-cost thermal energy storage (TES), reduce materials, and maintain system performance. Our analysis shows that in 202o, these advanced components integrated into power tower and linear Fresnel reflector systems with TES can reduce the levelized cost of energy (LCOE) of CSP below that of utility-scale multicrystalline silicon (mc-Si) in high direct normal irradiance environments. Such advances could bring CSP back into relevance and add a much-needed reactive power source to the world's suite of intermittent renewable energy solutions.

Table of Contents

Executive Summary

Landscape

  • CSP technology providers need to improve system efficiency and reduce costs to compete with flat-panel PV.

Analysis

  • Advanced components and thermal energy storage can bring CSP back to the forefront of the solar industry for utility-scale, stand-alone power applications.

Outlook

Endnotes

Back to Top