市場調査レポート

バックアップ電源および無停電電源装置(UPS):不安定な据置型蓄電装置市場の中での安定的な成長

Backup and UPS: Stable Growth in the Unstable Stationary Storage Markets

発行 Lux Research 商品コード 289761
出版日 ページ情報 英文 17 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.95円で換算しております。
Back to Top
バックアップ電源および無停電電源装置(UPS):不安定な据置型蓄電装置市場の中での安定的な成長 Backup and UPS: Stable Growth in the Unstable Stationary Storage Markets
出版日: 2013年09月29日 ページ情報: 英文 17 Pages
概要

まだ初期の騒々しい段階にあるグリッドストレージ市場にもついに新規技術企業が参入しようとしていますが、その将来性はまだ不確実です。一方、既存の蓄電・オンサイト発電市場−−バックアップ電源および無停電電源装置(UPS)の市場−−は全世界で800GWもの市場規模(設備容量)に達しています。各企業は製品寿命の延長や電力密度の上昇といった形で差別化を図り、投資増大・業績拡大に取り組もうとしています。

当レポートでは、全世界のバックアップ電源および無停電電源装置(UPS)の市場について分析し、現在の技術・市場の概要や競争状態、今後の市場成長・技術開発の見通し、技術別(リチウムイオン電池、ニッケルカドミウム電池、ナトリウムニッケル塩化物電池など)の詳細動向などを調査・考察して、その結果を概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブ・サマリー

  • 新規技術の市場規模は、2020年には8億9600万米ドルに達する
  • 無停電電源装置(UPS)は、全世界の据置型リチウムイオン電池需要を12.5%拡大させる

情勢

  • バックアップ電源・UPS市場:据置型電源装置の中でも成熟化した市場
  • 市場ニーズの大半をバックアップ電源・UPSが押さえている
  • 新規バッテリー技術が、コスト・寿命の点で既存技術を追い抜こうとしている
    • ディーゼル発電機・鉛蓄電池がバックアップ・UPS市場を独占する
    • 新規技術は、コスト低下の推進・アンメットニーズの充足で差別化を図る
  • 結論

分析

  • 分析手法
  • 市場予測
  • コスト比較
    • UPS:リチウムイオン電池が鉛蓄電池よりも、寿命延長の点で僅かに優勢となる
    • バックアップ:電池には立つべき足場が無い
  • リチウムイオン電池の開発ロードマップにおけるUPS・バックアップの役割
    • 需要量・供給量は拡大の見通し−−ただし、新規参入企業が無い場合
  • 結論

将来展望

Lux Researchについて

目次
Product Code: LRSGI-R-13-3

Emerging storage developers are finally beginning to make headway in the nacent and tumultuous grid storage markets, but the future remains uncertain. By contrast, conventional energy storage and on-site generation technologies comprise a massive 800 GW global installation base in steady, strong backup power and uninterruptable power supply (UPS) markets.Therefore, storage developers have focused efforts on backup and UPS clients, claiming enhanced calendar life and power density justfiy higher captial expenditures. This report finds that lithium-ion, nickel cadmium, and sodium nickel chloride batteries will grow to a $896 million market within backup and UPS in 2020, with lithium-ion leading the growth. Furthermore, the report examines the broader impact on the global stationary storage market, finding that the incremental growth in the UPS and backup markets bring the global demand for stationary lithium-ion systems in-line with forecased supply.

Table of Contents

  • Executive Summary
    • Emerging technologies will claim $896 million in 2020
    • The UPS sector will add 12.5% to global demand for stationary lithium-ion systems
  • Landscape
    • Backup Power and Uninterruptable Power Supply Markets are Mature Sectors for Stationary Storage
    • Backup and UPS Customers Dictate System Needs
    • Emerging Battery Technologies are Attempting to Overthrow Incumbents on Cost and Calendar Life
      • Diesel Generators and Lead Acid Batteries Occupy the Backup and UPS Sectors
      • Emerging Technologies Try to Differentiate by Lowering Cost Drivers and Addressing Unmet Needs
    • Landscape Conclusions
  • Analysis
    • Methodology
    • Market Forecast
    • Cost Comparison
      • UPS: Lithium-ion Narrowly Beats Lead Acid, Due to Enhanced Lifetime
      • Backup: Batteries Don't Have a Leg to Stand On
    • The Role of UPS and Backup in the Roadmap for Lithium-ion
      • Supply and Demand Look to Level Out, but Only in the Absence of New Entrants
    • Analysis Conclusions
  • Outlook
  • About Lux Research
Back to Top