市場調査レポート

タッチパネル方式の家電市場への復帰:新規ハプティクス技術の市場機会の分析

Getting Back in Touch with Electronics: Finding Opportunity in Emerging Haptics

発行 Lux Research 商品コード 289746
出版日 ページ情報 英文 28 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.95円で換算しております。
Back to Top
タッチパネル方式の家電市場への復帰:新規ハプティクス技術の市場機会の分析 Getting Back in Touch with Electronics: Finding Opportunity in Emerging Haptics
出版日: 2013年06月27日 ページ情報: 英文 28 Pages
概要

タッチパネルを搭載した家電がどこでも見られるようになったため、メーカー各社はハプティクス・フィードバック方式を再び採用して、ユーザーエクスペリエンスの強化を実現しようとしています。主な市場は家電製品ですが、自動車やフィットネス、医療機器での普及も見込まれています。世界のハプティクス技術関連市場は、2012年の8億4200万米ドルから、20205年には138億米ドルにまで拡大するものと予想しています。

当レポートでは、全世界のハプティクス(接触型)技術市場の現状と将来展望について分析し、技術の概要や現在までの開発・普及状況、今後の技術開発・活用の可能性や市場機会、市場動向の見通しなどを調査・推計して、その結果を概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブ・サマリー

情勢

  • デバイスの急増・発展に伴う、ハプティクス(接触技術)の市場規格の促進
    • 現在のハプティクス技術から、ユーザーは限られた量の情報しか得られてない
  • 新たなハプティクスは様々なプラットフォームで、ユーザー・インターフェースに組み込まれていく
    • 新たなハプティクスには、全デバイス/表面被覆式技術が含まれている
    • ハプティクスの性能を向上させるピエゾ(圧電)アクチュエーター
    • 電気活性高分子(EAP):振動・変形可能なコンフォーマルフィルムの創出
    • 静電気式ハプティクスによるテキスチャ・摩擦の創出
    • マイクロフルイディクス(微小流体技術):生産性アプリケーション向け低電力ソリューション
  • 新たなハプティクスが様々な家電に搭載されていく
    • 家電向け用途が現在のハプティクス開発を促進している
    • 自動車向け用途の今後の展望
    • エンタテインメント・玩具・ゲーム向けの適切な振動効果
    • 医師・患者・熱狂家向けの医療・フィットネス用アプリケーション
    • 公共向けインターフェース:家電・自動車・玩具・ゲームよりも価格に敏感ではない市場
  • 結論

分析

  • コスト・性能・開発サイクルが導入率を向上させる
  • コスト削減率は全デバイス・ハプティクスと表面被覆式ハプティクスで異なる
    • ピエゾアクチュエーター:LRA/ERMアクチュエーターのコストギャップを埋める
    • 表面被覆式ハプティクスのコストは急減するが、それでも高い水準に留まる
    • 全てのハプティクス技術の比較:携帯電話の場合の事例
  • 新規ハプティクス技術の導入状況は、セグメントにより異なる
    • 家電:ハプティクス市場を主導し、2025年には138億米ドルを突破
    • 表面被覆技術の進歩に伴い、ピエゾアクチュエーターが現在のハプティクスを代替する
    • 代替的シナリオ:ハプティクス市場は最大で209億米ドル、最小で127億米ドルの規模に達する
  • Lux Innovation Grid(LIG):ハプティクス開発企業の評価方法
    • ピエゾ開発企業の良好な技術・市場成長の見通し

将来展望

Lux Researchについて

脚注

目次
Product Code: LREI-R-13-2

As touch-based electronic devices have become ubiquitous, original equipment manufacturers (OEMs) turned to haptic feedback to enhance user experience. Now, a crop of emerging haptic feedback technologies - including piezoelectric actuators, electroactive polymer (EAP) actuators, electrostatic force haptics, and microfluidic haptics - is on the rise, offering lower power consumption, faster response times, and a richer user experience. While consumer electronics is the biggest opportunity for emerging haptics, markets like automotive, fitness, and medical applications are all poised to adopt these technologies. In the near term, piezoelectrics will be the first to replace incumbent linear resonant actuators (LRAs) and eccentric rotating mass (ERM) actuators, but technologies that cover the whole device surface will begin to come to market in scale towards 2020. As these technologies continue to gain market share, the 2025 haptics market will climb to $13.8 billion, up from $842 million in 2012.

Table of Contents

  • Executive Summary
  • Landscape
    • Device Proliferation and Development Drive Haptics Opportunities
      • Users Get Limited Information from Current Haptic Technologies
    • Emerging Haptics Are Poised to Disrupt User Interfaces across Platforms
      • Emerging Haptics Include Whole-Device and Surface-Coverage Technologies
      • Piezoelectric Actuators Raise the Haptics Performance Bar
      • Electroactive Polymers Provide Conformal Films that Vibrate and Deform
      • Electrostatic Force Haptics Create Texture and Friction
      • Microfluidics Offers a Low-Power Solution for Productivity Applications
    • Emerging Haptics Go Beyond Consumer Electronics
      • Consumer Electronics Applications Drive Today's Haptics Development
      • Automotive Applications Look Further Down the Road
      • Good Vibrations from Entertainment, Toys, and Games Applications
      • Medical and Fitness Applications Benefit Doctors, Patients, and Enthusiasts
      • Public Interfaces Provide a Less Price-Sensitive Market than Consumer, Automotive, and Toys and Games
    • Landscape Conclusions
  • Analysis
    • Cost, Performance, and Development Cycles Drive Adoption Rates
    • Cost Reduction Rates Vary for Whole-Device and Surface-Coverage Haptics
      • Piezoelectric Actuators Will Close the Cost Gap with LRAs and ERM actuators
      • Cost of Surface Haptics Falls Quickly, but Remains High until 2020
      • We Use Mobile Phones to Provide a Direct Comparison across All Haptics Technologies
    • Emerging Haptics Technology Adoption Varies by Market Segment
      • Consumer Electronics Lead Haptics Market Growth to $13.8 Billion in 2025
      • Piezoelectric Actuators Replace Current Haptics Soon, as Surface Coverage Technologies Gain Steam Later
      • Alternative Scenarios Could See Haptics Rise as High as $20.9 Billion or Fall as Low as $12.7 Billion
    • The Lux Innovation Grid Provides a Framework to Assess Haptics Developers
      • Piezoelectric Developers Populate the Dominant Quadrant
  • Outlook
  • About Lux Research
  • Endnotes
Back to Top