市場調査レポート

世界の太陽電池市場の動向:均衡状態への回帰

Market Size Update 2013: Return to Equilibrium

発行 Lux Research 商品コード 268700
出版日 ページ情報 英文 36 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.06円で換算しております。
Back to Top
世界の太陽電池市場の動向:均衡状態への回帰 Market Size Update 2013: Return to Equilibrium
出版日: 2013年04月09日 ページ情報: 英文 36 Pages
概要

世界の太陽電池市場は、2011年には補助金減額前の駆け込み需要で77%もの成長を遂げましたが、その後の市場動向については悲観的な見方が広がっています。そして2018年までには市況は回復に向かうとの見方が出ています。モジュール価格の低下に伴い競争が激化し、競争力の低い企業が退出する一方、米国・中国・日本・インドなどで市場が拡大し、全世界の市場規模(設備容量合計)は2012年の31GWから、2018年には62GWにまで拡大しています。結果として過剰供給が解消され、関連企業はプラスの利益を得ることが可能になります。

当レポートでは、全世界の太陽電池(PV)市場の現状と将来展望について分析し、現在の市場の構造・動向や、今後6年間の市場動向の予測、地域別・技術別・用途別の詳細動向などを調査・推計して、その結果を概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブ・サマリー

情勢

  • 太陽電池の設置容量は2012年に15%増加し、31GWに達する
    • 南北アメリカ:最も急速に成長している市場−−2010〜2012年の年平均(CAGR)成長率は73%に達する
    • アジア太平洋地域:強力なインセンティブや、大幅な電力不足に伴い、市場は年平均(CAGR)61%で成長している
    • 欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域:欧州財政危機に伴い、市場規模は17.8GWにまで縮小し、回復の兆しも見えない
  • モジュールの過剰供給量は104%に達し(2012年)、価格圧力上昇・利益率低下を促進させる
  • 結論

分析

  • 記録的な低価格が太陽電池市場の成長を促す:2018年までの年平均(CAGR)成長率は11%、同年の市場規模は1550億米ドルに達する
    • 南北アメリカ:2018年の市場規模は14GWとなる−−米国は世界第2位の市場となる
    • アジア太平洋地域:域内電力需要の増大に伴い、年平均(CAGR)成長率は18.7%、2018年の市場規模は30.3GWとなる
    • 欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域:市場は縮小した後、2018年には17.6GWの規模で安定化する
  • 各技術が特定の市場に絞って適用されるのに伴い、多結晶シリコンの市場シェアは縮小する
    • 電力企業用部門が急速に成長しているが、商用部門が全体の38%を占めて最大の部門となる
    • 多結晶シリコン(Mc-Si)が未だに最大の部門(2018年段階で35GW)だが、市場シェアは8%減少する
    • 集光型太陽熱発電(CSP)市場は2022年には3GWで安定化するが、大規模プロジェクトの今後の成否によっては大きく変動する
  • 2015年には需給が均衡し、各メーカーは収益を確保できるようになる
    • モジュール価格の持続的下落が休止し、2018年には0.68米ドル/Wで安定化する
    • 各企業の業績は需要増大と共に拡大するため、過剰供給は2015年までに12%縮小する

将来展望

付録1:地域別の市場規模

付録2:技術別の市場規模

付録3:活用分野別の市場規模

脚注

目次
Product Code: LRSSI-R-13-1

The solar photovoltaic (PV) market's 77% year-on-year explosion as developers rushed to complete installations before scheduled incentive reductions in 2011 foreshadowed a pessemistic 2012. A modest 15% year-on-year growth in 2012 from growth in China and the U.S. while Europe fades could be seen as the beginning of the end. If demand continues to slow and even slide from subsidy cuts in Europe, overcapacity will continue to erode margins, large manufacturers will fall, and solar could become a niche technology. However, installations and market conditions will improve, resulting in 11% CAGR through 2018. Record low prices from gross margins reaching near zero or below have made solar installations competitive in more markets. The U.S., China, Japan, and India will take over where Germany and Italy left off, driving global demand from 31 GW in 2012 to 62 GW in 2018. Low prices will also weed out uncompetitive manufacturers as consolidation reduces global capacity. Rising demand and falling capacity will bring the two within 12% of each other in 2015, easing price pressure, returning manufacturers to profitability, and returning the industry to equilibrium.

Table of Contents

  • Executive Summary
  • Landscape
    • PV Installations Grew 15% to 31 GW in 2012
      • The Americas was the Fastest-Growing Region as It Grew at 73% CAGR from 2010 through 2012
      • In Asia and Pacific, Strong Incentives and Hunger for Domestically-Generated Electricity Drove 61% CAGR
      • European Fiscal Woes Push EMEA Down to 17.8 GW in 2012 with No Sign of Rebounding
    • Module Overcapacity Hit 104% in 2012, Exacerbating Price Pressure and Poor Margins
    • Landscape Conclusions
  • Analysis
    • Record Low Prices Drive PV Market at an 11% CAGR to $155 Billion in 2018
      • The Americas Grows to 14 GW in 2018, as the U.S. Rises to Become the World's Second Largest Market
      • Rising Demand for Domestic Energy Production in Asia and Pacific Results in 18.7% CAGR to 30.3 GW in 2018
      • The EMEA Region Falls, then Slowly Stabilizes at 17.6 GW in 2018
    • Multicrystalline Silicon Loses Share as Technologies Target Specific Market Segments
      • Utility-scale Grows the Fastest, but Commercial Remains the Biggest Segment with 38% of the Total Market
      • Mc-Si Still in the Lead with 35 GW in 2018, but Loses 8% Absolute Market Share Over the Period
      • CSP to Stabilize at 3 GW in 2022, but Large Projects in Unproven Markets Will Make for a Bumpy Ride
    • Supply and Demand Meet in 2015, Returning Manufacturers to Profitability
      • Module Prices Halt their Tumbling Decent and Stabilize to $0.68/W in 2018
      • Overcapacity to Shrink to 12% in 2015 as Companies Go Under and Demand Rises
  • Outlook
  • Appendix 1: Market Size by Geography
  • Appendix 2: Market Size by Technology
  • Appendix 3: Market Size by Application Segment
  • Endnotes
Back to Top