市場調査レポート

大圧縮:世界の水素経済の将来性

The Great Compression: The Future of the Hydrogen Economy

発行 Lux Research 商品コード 262118
出版日 ページ情報 英文 41 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.75円で換算しております。
Back to Top
大圧縮:世界の水素経済の将来性 The Great Compression: The Future of the Hydrogen Economy
出版日: 2012年12月11日 ページ情報: 英文 41 Pages
概要

世界各国の政治家や経済学者、環境主義者が水素経済−−燃料電池が自動車や発電のエネルギー源として活用されている状況−−を夢見る一方、燃料電池の開発者は市場成長の遅さを水素供給網の欠落のせいにしてきました。何が最大の障害・機会なのかを把握するために、今回、水素の各種コストについて詳細・包括的に分析しました。その結果、2030年時点の燃料電池の市場規模は30億米ドルに留まること、また燃料電池用の水素需要も、全世界の水素需要の0.56%にしか過ぎないことが分かりました。

当レポートでは、全世界の燃料電池およびその原料用の水素の市場について分析し、現在までの開発・普及状況や、各種コスト(生産・流通・貯蔵・消費)の現状と将来見通し、今後の需給動向と費用の推移などを調査・推計して、その結果を概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブ・サマリー

情勢

  • 水素技術はクリーンな発電・輸送用動力をもたらすが、コストはどうなのか?
    • 現在の水素市場の規模(827億米ドル)が、供給が問題なのではないことを示している
  • 水素経済に関する議論は、最初に需要のことを考え、その上で供給を評価しなくてはならない
    • 燃料電池への注目にも関わらず、その導入は極度に遅れている
    • 燃料電池技術のスペック:サイズ・効率・動作温度・原料
    • 輸送機械への応用:燃料電池の開発企業にとっての「聖杯」(究極の目標)であり続ける
    • 据置型燃料電池:様々な用途向けの柔軟な電力供給
  • 水素供給は多様な形態をとる
    • 革新的な水素発電技術は、そのコストを劇的に引き下げ、SMR(水蒸気メタン改質)と競合できるようにする
    • 流通:水素の流通オプションは限られている
    • 貯蔵:輸送機械への適用には不可欠である
    • 配合:車両燃料用に水素を配合することは、複雑性とコストの増大につながる
    • 水素の上流工程バリューチェーンに関する費用は、どの経路を選択するかに依存する
  • 水素のサプライチェーンには数多くの分岐点があるが、たいていは高コストへとつながる
  • 結論

分析

  • 需給バランス
    • 市場導入の手法
    • 輸送機械での利用に関する予測手法
    • 据置型での活用に関する予測手法
  • 輸送機械での利用は、2030年までに18億米ドルの市場を生み出す
    • 燃料電池のコスト低下と石油価格の上昇が市場を動かす
  • 据置型の市場規模は、2030年までに11億米ドルにまでに縮小する
    • 燃料価格の高さにも関わらず、水素のコスト総額は小規模に留まる
    • 燃料電池の発電向け利用には、非現実的な燃料価格上昇か、驚くほどの補助金と運用コスト削減が必要となる
  • 燃料電池の市場規模は、2030年までに30億米ドルに達する
    • 需要促進のためには、開発企業は中流工程に注目すべきである
    • 年平均(CAGR)21%の成長率にも関わらず、燃料電池からの水素に対する需要は、全世界の水素需要のごく一部に留まる
  • 結論

将来見通し

Lux Researchについて

文末脚注

目次
Product Code: LRSGI-R-12-4

Politicians, economists, and environmentalists have dreamt of a hydrogen economy for decades, where hydrogen fuel cells provide a significant portion of our power demand for stationary and transport applications. Meanwhile, fuel cell developers often attribute the painfully slow fuel cell adoption rates to the lack of a ubiquitous hydrogen supply chain. To illuminate this issue, we offer a detailed analysis of the entire cost of hydrogen generation, distribution, storage, and consumption in an effort to find the greatest bottlenecks and opportunities. By analyzing both hydrogen supply and demand, we determine that the hydrogen fuel cell market will reach $3 billion in 2030, held back by the cost of the fuel cell itself. Building on this, we find that hydrogen demand from fuel cells will total 140 million kg in 2030, a meager 0.56% of global hydrogen demand.

Table of Contents

  • Executive Summary
      • We Examine an Extensive List of Hydrogen Technologies to Identify the Most Economical Supply Chain
      • Fuel Cells for Stationary and Transport Applications Will Reach $3 Billion in 2030
      • Despite Opportunities for Improvement, the Hydrogen Economy Will not Revolutionize Our Energy Future
  • Landscape
    • Hydrogen Technologies Promise Cleaner Power and Transportation, but at What Cost?
      • The $82.7 Billion Hydrogen Market that Exists Today Indicates that Supply Is Not a Concern
    • Discussion of the Hydrogen Economy must First Consider Demand, then Evaluate Supply
      • Despite the Attention on Fuel Cells, Adoption has been Excruciatingly Slow to Date
      • Fuel Cell Technologies Range in Size, Efficiency, Operating Temperature, and Feedstock
      • Transportation Applications Remain the Holy Grail for Fuel Cells Developers
      • Stationary Fuel Cells Offer Flexible Power for a Wide Range of Applications
    • Hydrogen Supply Can Take Many Forms
      • Innovative Hydrogen Generation Technologies must Dramatically Reduce Their Costs to Compete with SMR
      • Distribution: Hydrogen has Limited Options for its Distribution
      • Storage: Hydrogen Storage Technologies are Critical for Transportation Applications
      • Dispensing: Dispensing Hydrogen for Fueling Vehicles Adds Complexity and Cost
      • Costs Associated with the Upstream Hydrogen Value Chain Depend upon the Pathway Selected
    • There are Many Forks in the Hydrogen Supply Chain, but Most Lead to High Cost
    • Landscape Conclusions
  • Analysis
    • The Balance of Supply and Demand
      • Market Adoption Methodology
      • Methodology for Forecasting Transportation Applications
      • Methodology for Forecasting Stationary Applications
    • Transportation Applications will Support a $1.8 billion Market in 2030
      • Falling Fuel Cell Costs and Rising Oil Prices and Move the Market
    • Stationary Applications Total a Meager $1.1 Billion in 2030
      • Even at High Fuel Costs, Hydrogen Comprises a Minority of the Lifetime Costs
      • Utility Fuel Cell Applications Require Unrealistic Fuel Cost Increases or Staggering Subsidies and Operational Cost Reductions
    • Fuel Cells will Reach $3.0 Billion in 2030
      • To Boost Demand, Developers Should Focus on the Midstream of the Value Chain
      • Despite a 21% CAGR, the Demand for Hydrogen from Fuel Cells is a Fraction of Global Hydrogen Demand
    • Analysis Conclusions
  • Outlook
  • About Lux Research
  • Endnotes
Back to Top