市場調査レポート

太陽電池の金属被膜に関する主な課題と技術革新

Key Issues and Innovations in Photovoltaic Metallization

発行 Lux Research 商品コード 246156
出版日 ページ情報 英文 30 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.12円で換算しております。
Back to Top
太陽電池の金属被膜に関する主な課題と技術革新 Key Issues and Innovations in Photovoltaic Metallization
出版日: 2012年06月27日 ページ情報: 英文 30 Pages
概要

太陽電池(PV)向けの既存の金属被膜手法は、現在の主要技術−−x-Si(結晶シリコン)、CIGS(銅・インジウム・ガリウム・セレン)、CdTe(テルル化カドミウム)−−に対して最適とは言えない状態にあり、それが効率ロスや高コスト、低生産性につながっています。太陽電池のバリューチェーン全体を通した価格引下げ圧力に対応するには、技術開発によるコストの最適化は必要不可欠だと言えます。

当レポートでは、太陽電池の金属被膜技術に関する最新の技術開発動向について分析し、現在主流の太陽電池技術に対応した最適な手法のあり方や、現在・将来の研究開発動向などを調査・考察して、その結果を概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブ・サマリー

市場環境

  • 金属被覆用ペースト・インキ:工程上最も重要であり、ウェーハ自体を除けば最も費用のかかる部品である
  • x-Si・CIGS・CdTe技術向けの現在の金属被覆手法
    • 従来式のx-Si型太陽電池の、前面・背面の金属被膜:有効ではあるが、最適とは言えない水準に留まる
    • CIGS:金属被覆のためのスパッタリング・スクリーンプリンティングの活用
    • CdTe:バック接点による銅の拡散が、金属被膜の大きな課題である
  • 結論

分析

  • 太陽電池産業全体を通じて、金属被膜技術は製造コスト低減・利益率改善の目的に沿って最適化されている
    • 結晶シリコン太陽電池用の先進式のフロント接点金属被膜
    • 銅の被服による、安価・低温な太陽電池生産の実現
    • 電導性接着剤・バックシートによる、はんだフリーのモジュール統合の実現化
    • CIGS型太陽電池向けの先進式のフロント接点金属被膜化
    • バック接点による銅の拡散:CdTe型太陽電池メーカー・研究者の課題として残っている

将来展望

Lux Researchについて

目次
Product Code: LRSCI-R-12-2

Existing photovoltaic (PV) metallization techniques are far from optimal across the three incumbent technologies - crystalline silicon (x-Si), copper indium gallium (di)selenide (CIGS), and cadmium telluride (CdTe) - resulting in efficiency loss, high cost of metallization materials, and low yields. With the push for cost reductions across the entire PV value chain, optimization is needed. This report covers innovations in metallization techniques which address the key metallization issues.

Table of Contents

  • Executive Summary
  • Landscape
    • Metallization Pastes and Inks are the Most Process Critical and Expensive Materials in Cell Production besides the Wafer Itself
    • Current Metallization Techniques for x-Si, CIGS, and CdTe Technologies
      • Conventional x-Si cell Front and Back Metallization Does the Job but Remains Suboptimal
      • Copper Indium Gallium (di)Selenide Utilizes Sputtering and Screen Printing for Metallization
      • Copper Back Contact Diffusion is a Key Issue in CdTe Metallization
    • Landscape Conclusions
  • Analysis
    • Across the PV Industry, Metallization Techniques are being Optimized to Reduce Production Costs and Improve Margins
      • Advanced Front-Contact Metallization for Crystalline Silicon Photovoltaic Cells
      • Copper Metallization will Enable Cheaper Production Costs and Low Temperature Cell Processing
      • Electrically Conductive Adhesives and Backsheets will Enable Module Integration without Soldering
      • Advanced Front-Contact Metallization for CIGS Photovoltaic Cells
      • Copper Diffusion from Back Contact Remains a Challenge for CdTe PV Manufacturers and Researchers
  • Outlook
  • About Lux Research
Back to Top