市場調査レポート

建物一体型太陽光発電(BIPV):展示するだけの時代はもう終わり

Building Integrated Photovoltaics: Moving Beyond Showcase Projects

発行 Lux Research 商品コード 225963
出版日 ページ情報 英文 23 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=105.42円で換算しております。
Back to Top
建物一体型太陽光発電(BIPV):展示するだけの時代はもう終わり Building Integrated Photovoltaics: Moving Beyond Showcase Projects
出版日: 2011年10月24日 ページ情報: 英文 23 Pages
概要

スタートアップ企業から大企業まで、あらゆる事業者から注目されるその訴求力にもかからず、建物一体型太陽光発電システム(BIPV)は、高コスト、厳格な仕様要件、また、従来の建物を置き換えるカギとなる薄膜太陽光発電モジュール開発の未成熟ゆえに、ニッチに留まってきました。

当レポートでは、60億ドル規模の市場性を秘めるこの建物一体型太陽光発電(BIPV)を技術的・商業的側面から検証し、今後主要市場に発展することの可否を探る最新の調査情報を集め、概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブサマリー

  • これほどの訴求力にもかかわらず、BIPVシステムは、その全体を成す太陽光発電市場に少しも貢献できないままでいる
  • BIPVセクターの命運を握るオンサイト分散発電
  • コストや標準化の課題克服を見込める技術は少数のみ

概況

  • BIPV:見果てぬ夢か幻か?
    • 性能要件や採用への課題を理解するには、BIPVシステムと建物据付型太陽光発電システム(BAPV)の明確な区別が必要
    • BIPVシステム開発者は、さまざまな形で従来型太陽光発電技術との融合に取り組んでいる
    • BIPV商品は、従来の建材に比して常に割高
    • 現時点でBIPVシステムの導入要因は、固定価格買い取り制度と美意識
    • BIPVは、その全体を成す太陽光発電市場の1分野に留まったまま、欧米が大半を占めている
    • 今後十年の期待を担うLEED認定およびゼロエネルギー建築(NEZEB)
  • 特例優遇措置や標準化の遅れをめぐる不透明感が普及の妨げに
  • 推進要因と障害が入り混じり、見えないBIPVシステムの将来性
  • 概況についての結論

分析

  • BIPVシステム発展のカギは高効率エネルギー生産を通じたコスト節約に
    • 太陽光資源として見たBIPVの評価に寄与する電力コストの平準化
    • BIPVシステムを建築資源と認定するには、多くの必須基準が存在するものの、そのいずれもLCOE(LaneCat Outside Edition)ほど簡単なものではない
    • カリフォリニアおよびインドでは、屋根材としての用途がもっとも現実的
    • 一体型サイディング材はスタートアップ企業に人気を博しているものの、性能はどう見ても不安定
  • BIPVシステム普及の推進役はゼロエネルギーおよびLEED認定建築
    • もっとも想定しやすいシナリオによれば、欧州がBIPVシステム設置数の伸長を牽引し、2016年には発電力が1.2ギガワットまで引き上げられる
  • 長期展望:BIPVは、2017-2018年の時期に正念場を迎える

将来展望

Lux Researchについて

巻末注

目次
Product Code: LRGI-R-11-3

Despite attracting attention from start-ups as well as large corporations, building-integrated photovoltaics (BIPV) has remained a niche due to high costs, stringent specification requirements, and the early developmental stage for thin-film solar modules best suited for replacing traditional building materials. In this report, we examine the technological and commercial status of BIPV and answer the $6 billion question: "Will BIPV ever become a a major market, or will it stay limited to the aesthetics-minded buyer?"

Table of Contents

  • Executive Summary
      • Despite this Appeal, BIPV Has Failed to Make a Dent in the Larger Solar Market
      • On-site Distributed Generation Will Prove to be a Lifeline for the BIPV Sector
      • A Few Technologies Will Overcome the Cost and Standardization Challenges
  • Landscape
    • BIPV: A Dream Deferred or a Dream Denied?
      • A Clear Distinction between BIPV and BAPV Is Critical to Understand Performance Requirements and Adoption Challenges
      • BIPV Developers Take a Number of Different Approaches in Adapting Conventional PV Technologies
      • All BIPV Products Exhibit a Price Premium over Conventional Building Construction Materials
      • FiT Premiums and Aesthetics have Driven the Current Adoption of BIPV
      • BIPV Remains a Small Fraction of the Larger Solar Installed Base, Dominated by Europe and the U.S.
      • LEED-certified and Net-zero-energy Buildings Might Take Over in the Coming Decade
    • Uncertainty Surrounding BIPV-specific Financial Incentives and a Lack of Standardization Slows Adoption
    • Mix of Drivers and Barriers Makes BIPV's Prospects Uncertain
    • Landscape Conclusions
  • Analysis
    • BIPV's Case Hinges on Cost Savings through Efficient Energy Generation
      • Levelized Cost of Electricity Proves Useful for Evaluating BIPV as a Solar Asset
      • Many Necessary Criteria Exist to Qualify BIPV as a Structural Asset, but None are as Easily Quantifiable as LCOE
      • Roofing Applications Prove Most Viable in California, India
      • BIPV Siding has Proven Popular for Start-ups, but Performance Is Shaky at Best
    • BIPV's Growth is Driven by NZEBs and LEED-certified Buildings
      • In the Most Likely Scenario, Europe Drives the Growth of BIPV Installations, Propelling Them to 1.2 GW by 2016
    • Long-term Outlook: BIPV's inflection point comes in the 2017-2018 timeframe
  • Outlook
  • About Lux Research
  • Endnotes
Back to Top