市場調査レポート

有機太陽電池の見通し

Looking for a Future in Organic Photovoltaics

発行 Lux Research 商品コード 225941
出版日 ページ情報 英文 30 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=105.42円で換算しております。
Back to Top
有機太陽電池の見通し Looking for a Future in Organic Photovoltaics
出版日: 2011年04月08日 ページ情報: 英文 30 Pages
概要

有機太陽電池(OPV)デバイスでは光を電気に転換するため、有機ポリマーまたは有機分子を使用します。OPVはコストが低く、独自の形状や外観を持たせられることから関心が高まっております。ただし、効率性や寿命に問題があり、OPVのコストが劇的に低下したとしても、今後10年間、従来の太陽光市場では競合は難しいと思われます。従って、OPVは、建物一体型太陽光発電、防衛、発展途上国、標識、消費者家電など独自の価値提案をできる分野で独自市場を開拓すべきと思われます。OPV市場の見通しとしては、最も可能性の高いシナリオでは2020年に1億5,900万米ドル規模になると予測されますが、不確実性も大きく、シナリオによっては最大で4億7,000万米ドル、最低で3,300億米ドルにもなる可能性があります。

当レポートでは、有機太陽電池の将来について調査分析を行い、概略下記の構成で取り上げております。

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 市場の状況

  • OPVの可能性は企業、新興企業、投資家の関心を集めている
  • OPVの主な2つのクラス
    • BHJ OPVは柔軟性が長所だが、性能と寿命が短所
    • DSSCは性能は高いが、柔軟性と寿命が課題
  • OPVのコストは大幅に下がる見込みだが、その他の太陽電池にはかなわない
    • BHJのコストは非活性素材が大部分
    • DSSCのコストはまやかし
  • OPVが他の太陽光技術に勝つためには得意分野を絞るべき
    • OPVは独自の市場を開拓する必要がある
  • 結論

第3章 分析

  • OPVを取り巻く不確実性:様々な市場シナリオ
  • 市場により状況が異なるOPV

第4章 見通し

第5章 Lux Researchについて

第6章 巻末注

目次
Product Code: LREI-R-11-1

Organic photovoltaic (OPV) devices use organic (carbon-containing) polymers or molecules to convert light to electricity. Their potential for low costs, as well as their ability to enable unique form factors and appearance, has made them a subject of great commercial interest. So far, performance - efficiency and lifetime - has been lacking, and high-volume, low-cost production hasn't materialized. We find that while OPV costs will drop dramatically, it won't be able to compete with other photovoltaic (PV) technologies in traditional solar markets in the next decade. Instead, OPV must develop its own markets in building-integrated PV, defense, the developing world, signage, and consumer electronics, where it can provide a unique value proposition. We project the OPV market in the most likely scenario will be $159 million in 2020, but great uncertainty means that in other scenarios it could reach as high as $470 million or as little as $33 million.

Table of Contents

  • Executive Summary
  • Landscape
    • OPV's Scaling Potential Captures the Imagination of Corporations, Start-ups, and Investors
    • There Are Two Primary Classes of OPV
      • BHJ OPV Boasts Flexible Materials but Still Suffers on Performance and Lifetime
      • DSSCs Can Have Higher Performance, But Need Work on Flexibility and Lifetime
    • OPV Costs Will Come Down Dramatically, but Won't Beat Other Solar Options
      • BHJ Costs Are Led by Non-Active Materials
      • DSSC Costs May Be Deceiving
    • OPVs Chances of Beating Other Solar Technologies at Their Own Game Look Slim
      • OPV Needs to Find Its Own Markets
    • Landscape Conclusions
  • Analysis
    • Great Uncertainty Looms Around OPV; Market Scenarios Vary by an Order of Magnitude
    • OPV Has Different Fates in Different Markets
  • Outlook
  • About Lux Research
  • Endnotes
Back to Top