お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ
株式会社グローバルインフォメーション
表紙:5Gおよびネットワークシェアリング:新しい時代、新しい戦略
市場調査レポート
商品コード
982053

5Gおよびネットワークシェアリング:新しい時代、新しい戦略

5G and Network Sharing: New Era, New Strategies

出版日: | 発行: IDATE DigiWorld | ページ情報: 英文 31 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=110.63円

ご注意: Single Departmentライセンスは、DRM (デジタル著作権管理システム) 付PDFになります。
認証されたPC上のみでの閲覧となっております。

5Gおよびネットワークシェアリング:新しい時代、新しい戦略
出版日: 2020年12月22日
発行: IDATE DigiWorld
ページ情報: 英文 31 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

当レポートでは、増加傾向にあるネットワークシェアリングに対する5Gの潜在的な影響について調査し、従来のネットワークシェアリングメカニズムを徹底的に要約することで、5Gに関連するさまざまな機能と技術(スライス、仮想化、MIMO、DSS)がネットワークシェアリングの実装のための技術オプションをどのように再構成できるかについて検証しており、欧州および中国におけるユースケース、5Gを最大限に活用する方法について分析しています。

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 ネットワークシェアリングのイントロダクション

  • ネットワークシェアリングの主な推進要因は、カバレッジ要件とコスト削減
  • ネットワークシェアリングとは何か?さまざまな形式のネットワークシェアリングに焦点を当てる

第3章 5Gとネットワークシェアリング:多くの変化

  • カバレッジ圧力から容量圧力へ
  • 5Gスペクトルは、ネットワークの高密度化を推進
  • より多くの容量をサポートするために、より大きなネットワーク密度が必要な理由
  • 容量の増加は、バックホール容量への圧力が高まることも意味
  • 大規模MIMOとビームフォーミング:ネットワークシェアリングへの影響
  • より集中化されたベースバンド処理と無線リソースの相互化に向けて
  • ネットワークスライシング:5G変換機能の中心
  • 新しい形のスペクトルシェアリング?

第4章 世界のネットワークシェアリングの状況:企業の戦略

  • Vodafone:ネットワークシェアリングのケーススタディ
  • Fastweb-WindTre:ケーススタディ
  • China Telecom と China Unicom:ケーススタディ
  • ケーススタディ:要約

第5章 新しいビジネスモデルを解き放つ

  • ネットワークスライシングは垂直分離を容易に
  • 5Gがネットワークシェアリングにもたらす変化
目次
Product Code: M20470MRA

This report reviews the potential impact of 5G on the growing trend of network sharing .

Opening with a thorough recap of traditional network-sharing mechanisms, it then examines how the various features and technologies associated with 5G (slicing, virtualisation, MIMO, DSS) could reconfigure technical options for the implementation of network sharing.

Three advanced use cases in Europe and China are analysed on how they best leverage 5G.

The onward surge of the trend is paving the way, the report concludes, for new business models in network sharing.

Table of Contents

1. Executive Summary

2. Introduction to network sharing

  • 2.1. Coverage requirements and cost savings, the main drivers for network sharing
  • 2.2. What is network sharing? Focus on the different forms of network sharing

3. 5G and network sharing: a raft of change

  • 3.1. From coverage pressure to capacity pressures
  • 3.2. 5G spectrum pushes for more densification in the network
  • 3.3. Why greater network density is needed to support more capacity
  • 3.4. Increased capacity also means more pressure on backhaul capacity
  • 3.5. Massive MIMO and beamforming: their impact on network sharing
  • 3.6. Towards more centralised baseband processing and mutualisation of radio resources
  • 3.7. Network slicing: at the heart of 5G transformation capability
  • 3.8. Towards new forms of spectrum sharing?

4. Status of network sharing in the world: Player strategies

  • 4.1. Vodafone network sharing case study
  • 4.2. Fastweb - WindTre case study
  • 4.3. China Telecom and China Unicom case study
  • 4.4. Case studies: summarised

5. Unleashing new business models

  • 5.1. Network slicing facilitates vertical separation
  • 5.2. The changes that 5G will bring to network sharing

List of tables and figures

  • Presentation of different network sharing architectures
  • Main pros and cons of the different frequency bands
  • How calling networks have evolved to accommodate more complex and demanding uses
  • Comparison of cell and massive MIMO coverage
  • Percentage of spectrum owned in each band vs competition
  • 5G countries where Vodafone has a network sharing deal
  • MNO market share as of June 2020 and evolution 2018-2020, in Italy
  • What players offer, what they get from the sharing deal: Fastweb and WindTre
  • 5G market forces in China as of mid-2020
  • Network slicing and sharing has evolved, from infrastructure-based to service-based competition
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.