表紙:ディープフェイクの作成・検出向けAI - 敵か味方か?
市場調査レポート
商品コード
1042643

ディープフェイクの作成・検出向けAI - 敵か味方か?

Artificial Intelligence for Deepfakes Creation and Detection - Friends or Foes?

出版日: | 発行: IDATE DigiWorld | ページ情報: 英文 42 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=130.29円

ご注意: Single Departmentライセンスは、DRM (デジタル著作権管理システム) 付PDFになります。
認証されたPC上のみでの閲覧となっております。

ディープフェイクの作成・検出向けAI - 敵か味方か?
出版日: 2021年12月03日
発行: IDATE DigiWorld
ページ情報: 英文 42 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

当レポートでは、ディープフェイクの作成・検出向けAIについて調査しており、ディープフェイクとその基礎技術の現状、ディープフェイクが使用されている、あるいは使用できる状況、様々なアプリケーション分野におけるディープフェイクの影響、ディープフェイクを検出するための積極的な取り組みや最先端の技術などを総合的に分析しています。

目次

第1章 主な調査結果

第2章 ディープラーニングの変化

  • コンセプトのイントロダクション
    • AI
    • AIの一分野である機械学習
    • 機械学習の一分野であるディープラーニング
    • AIのゲームチェンジャーであるディープラーニング
  • ディープラーニングの影響

第3章 ディープフェイクの概要

  • ディープフェイク
  • ディープフェイクの影響
  • ディープフェイクのアプリケーション分野
  • ディープフェイクのポジティブおよびニュートラルな影響
  • ディープフェイクのソフトウェア
  • ディープフェイクの概念
  • ディープフェイク作成オファリング

第4章 AI、偽情報の生成

  • ディープフェイク作成のベンチマーク
  • ディープフェイクウェブ - フェイススワップ
  • REFACE - フェイススワップ
  • Modulate.ai - 音声の複製
  • Rephrase.ai - 新たな文字データを話すディープフェイク動画

第5章 AI、ディープフェイクの検出

  • 誤った情報に取り組む主な国家的イニシアチブ
  • ディープフェイク検出の一般的な手法
  • ディープフェイク検出技術
    • FacebookのAIツール
    • Microsoft Video Authenticator
    • InVID & WeVerify
    • Project Origin
    • The News Provenance Project
  • ディープフェイクと偽情報の検出に関する積極的なイニシアチブのベンチマーク
目次
Product Code: M00022A

This report is an all-encompassing analysis of the current state of the art of deepfakes and their underlying technology, the contexts in which deepfakes are and can be used, the impact of deepfakes in the various areas of application, as well as active initiatives and cutting-edge techniques used to detect them.

It focuses on artificial intelligence and its major subfields , identifies deepfakes creation and detection examples including use cases and provides a quick overview of the national initiatives developed to tackle deepfakes.

Key questions answered in the report:

  • What are "Deepfakes" and what is the technology behind them?
  • What are their areas of application?
  • What techniques can spot them and who are the major players engaged in developing such techniques?
  • What are countries doing to face the threats deepfakes bring to the societies?

Table of Contents

1. Key findings

2. What deep learning has changed

  • 2.1. Introduction of concept
    • Artificial Intelligence
    • Machine Learning, a branch of Artificial Intelligence
    • Deep Learning, a branch of Machine Learning
    • Deep Learning, an AI game changer
  • 2.2. Impact of deep learning

3. Explaining deepfakes

  • 3.1. Deepfakes
  • 3.2. Implications of deepfakes
  • 3.3. Deepfakes areas of applications
  • 3.4. Positive and neutral impacts of deepfakes
  • 3.5. Deepfakes software
  • 3.6. Conception of deepfakes
  • 3.7. Deepfakes creation offering

4. AI, generating disinformation

  • 4.1. Benchmark of deepfakes creation
  • 4.2. Deepfakes web - face-swap
  • 4.3. REFACE - face-swap
  • 4.4. Modulate.ai - voice cloning
  • 4.5. Rephrase.ai - deepfake videos speaking any new text

5. AI, Detecting deepfakes

  • 5.1. Major national initiatives that tackle misinformation
  • 5.2. The common techniques of deepfake detections
  • 5.3. Deepfakes detection techniques
    • Facebook's AI tool
    • Microsoft Video Authenticator
    • InVID & WeVerify
    • Project Origin
    • The News Provenance Project
  • 5.4. Benchmarking of active initiatives on detecting deepfakes and disinformation