表紙:ケーブル事業者にとっての主なジレンマ:FTTH 対 DOCSIS 4.0 - マルチGbpsネットワークの未来はどこにあるのか?
市場調査レポート
商品コード
1002907

ケーブル事業者にとっての主なジレンマ:FTTH 対 DOCSIS 4.0 - マルチGbpsネットワークの未来はどこにあるのか?

Key Dilemma for Cable Operators: FTTH versus DOCSIS 4.0 - Where Lies the Future of Multi-Gbps Networks?

出版日: | 発行: IDATE DigiWorld | ページ情報: 英文 42 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=115.68円

ご注意: Single Departmentライセンスは、DRM (デジタル著作権管理システム) 付PDFになります。
認証されたPC上のみでの閲覧となっております。

ケーブル事業者にとっての主なジレンマ:FTTH 対 DOCSIS 4.0 - マルチGbpsネットワークの未来はどこにあるのか?
出版日: 2021年04月26日
発行: IDATE DigiWorld
ページ情報: 英文 42 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行は、世界経済の大部分に影響を及ぼしています。自宅勤務やソーシャルディスタンスが新たなスタンダードになりつつある中で、通信事業者は経済を維持するための重要なアクセラレーターになっています。このような危機的状況の中で、ブロードバンド接続は明らかに「設備」として捉えられていますが、通信事業者にとっては新たな視点が生まれています。現時点では、ほとんどのケーブル事業者が自国でDOCSIS 3.0を導入していますが、既存のネットワークをDOCSIS 3.1にアップグレードする方が収益性が高いのか、それともケーブルのスループットの限界を考慮して徐々にフルファイバーネットワークに移行していく方が賢明なのか、という議論が生じています。

当レポートでは、ケーブルおよびファイバー市場がどのように発展しているかを詳細に調査し、米国や欧州などの主要市場で見られる主なトレンドを明らかにするほか、ケーブル事業者の戦略、DOCSISとFTTHを区別する特異性、フルファイバーまたはDOCSISの実装のトレンドを形成する要因、意思決定プロセスで考慮すべき主な点などについてまとめています。

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 マルチGbpsネットワークの未来はどこにあるのか?

  • ファイバー企業・ケーブル企業
  • FTTHおよびケーブルブロードバンド市場
  • 米国
  • 欧州
  • FTTHとDOCSIS:仕様の比較

第3章 通信企業のエコシステム全体が新しい現実に直面している

  • パンデミック下の帯域幅の強化
  • エンドユーザーが注目している新機能
  • 帯域幅の現実、ケーブルオペレーターの役割とその容量

第4章 投資の意思決定プロセスをガイドするツール

  • ジレンマ:どこで、いつ、どのように行動するのか?
  • 世界中のケーブル企業で観察されている現在の戦略
  • 近い将来ケーブル事業者が検討すべき7つの重要な戦略

第5章 FTTHとDOCSIS:ケーブル事業者が検討するコスト変数と投資シナリオ

  • 投資シナリオ1:ケーブル事業者はHFCネットワークの最適化に重点を置く
  • 投資シナリオ2:ケーブル事業者はFTTHネットワークに移行
  • 投資シナリオ3:賢明な考え方はコンバージェンスにあり

第6章 DOCSIS:固定ブロードバンドの新しいゲームチェンジャー?

  • SWOTマトリックス
  • 今後10年間で10Gbpsも必要になるのか?
  • ケーブル事業者は今後5年から10年の間にどこに投資を集中させるか?
  • 市場分析

第7章 結論

目次
Product Code: M00006MRA

Summary:

The COVID-19 pandemic has affected entire sectors of our global economy. With working from home and social distancing becoming the new standard, the telecom sector appears to be a key accelerator in keeping our economies up and running.

While broadband connectivity is now seen as a evident 'facility' in these times of crisis, new perspectives have emerged for telecom operators. At this time, most cable operators have deployed DOCSIS 3.0 in their country of operations. However, two trends have emerged for them. The issue is if it is more profitable to upgrade existing networks towards DOCSIS 3.1 or if it is wiser to gradually migrate towards full-fibre networks, given the throughput limitations of cable.

This study examines in detail how cable and fibre markets are evolving, thus defining the main trends observed in key markets as the US and Europe.

The major part of the study examines the range of tools able to guide a decision-making process (where/when/how to make the move towards FTTH? DOCSIS?).

Finally, it discusses whether DOCSIS should be seen as a game changer when compared to FTTH.

Key questions:

  • How are cable and fibre broadband markets evolving?
  • What are the main trends identified in key markets?
  • Which strategies are being implemented by cable operators now, or can be expected in the near future?
  • Which specificities differentiate DOCSIS from FTTH?
  • What options shape a move towards full fibre or DOCSIS implementation?
  • What are the main characteristics to take into account in the decision-making process?

Table of Contents

1. Executive Summary

2. Where lies the future of multi-Gbps networks?

  • 2.1. Fibre companies or cable companies
  • 2.2. FTTH and cable broadband markets: where are we now?
  • 2.3. Focus on United States of America
  • 2.4. Focus on Europe
  • 2.5. FTTH versus DOCSIS: specifications compared

3. The entire telco eco-system faces a new reality

  • 3.1. Intensified bandwidth in times of pandemic
  • 3.2. New Features on which end users are focusing their attention
  • 3.3. Bandwidth reality, cable operators role and its capacity

4. Tools to guide the investment decision-making process

  • 4.1. The dilemma: Where, when and how to make the move?
  • 4.2. Current strategies observed at cable companies worldwide
  • 4.3. Seven key strategies to be considered by cable operators in the near future

5. FTTH versus DOCSIS: Cost variables and investment scenarios for cable operators to consider

  • 5.1. Investment scenario 1: Cable operators focused on optimising their HFC network
  • 5.2. Investment scenario 2: Cable operators move towards FTTH networks
  • 5.3. Investment scenario 3: The wise thinking is on convergence

6. DOCSIS, new game-changer for fixed broadband?

  • 6.1. SWOT matrix
  • 6.2. Will 10 Gbps even be needed in the next 10 years?
  • 6.3. Where cable providers are focusing their investments for the next five to 10 years?
  • 6.4. Market analysis

7. Conclusion

List of tables and figures

2. Where lies the future of multi-Gbps networks?

  • DOCSIS 3.x subscriptions and homes passed, 2019-2024
  • FTTH/B subscriptions and homes passed, 2019-2024
  • Geographical breakdown of FTTH/B and DOCSIS 3.x subscribers, June 2020
  • Trends in DOCSIS 3.x subscribers and homes passed in the USA, 2019-2024
  • Key US cable providers, June 2020
  • Breakdown of superfast access technologies in the USA, June 2020
  • Breakdown of superfast broadband subscribers in Europe, June 2020
  • DOCSIS subscriptions in main European cable markets, June 2020
  • Technical capabilities, by type of network (from DSL to cable and FTTH)

3. The entire telco eco-system faces a new reality

  • Throughput requirements for key Internet applications

4. Tools to guide the investment decision-making process

  • Current strategies observed at cable companies worldwide