株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

統合エンドポイント管理の実現に向けた取り組み

Pave the Road to Unified Endpoint Management

発行 Info-Tech Research Group 商品コード 603420
出版日 ページ情報 英文 101 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=111.17円で換算しております。
Back to Top
統合エンドポイント管理の実現に向けた取り組み Pave the Road to Unified Endpoint Management
出版日: 2018年01月30日 ページ情報: 英文 101 Pages
概要

統合エンドポイント管理 (UEM) は避けて通ることのできない課題ですが、実現するには多くの課題を解決しなければなりません。

当レポートの対象:

  • デスクトップシステムの管理チーム
  • モバイルデバイスの管理チーム
  • エンドユーザーデバイスの管理チーム
  • ITサービスのマネジャー
  • インフラストラクチャ担当ディレクター
  • CIO

当レポートは、以下のような場面で役立てることができます:

  • サービス要求への対応に必要な時間を短縮する。
  • ユーザーのデバイスに対する技術者の介入件数を減らす。
  • デバイスやアプリを配備するための作業を簡素化する。
  • パッチ管理によりシステムのセキュリティを改善する。

UEMは、デスクトップ管理チームやモバイルデバイス管理チームの負担を軽減するための手法です。UEMを導入することにより、同じ技能を有するスタッフが同じシステムを使って組織内のすべてのデバイスを管理できるようになり、モバイルデバイスを利用する際に必要な作業も大幅に簡素化されて、エンドユーザーの満足度が高まります。

その一方でUEMの導入には、大きな負担が伴います。既存のツールをUEMに置き換えた場合、既存のスタッフが有するスキルセットも置き換える必要があるうえ、不十分な態勢で新たなツールを導入した場合、担当するチームが日々苦戦を強いられ、資金と時間を無駄に投入し続けなければならない状況に陥る可能性もあります。

消火設備を交換する際には、対処しようとしている火災の種類を把握しておく必要があります。漏電による火災と油脂による火災の両方に対応できる消火器が存在しないのと同様、IT部門が直面するさまざまな問題に同じツールやプロセスで対処するのも不可能です。

Info-Techのベストプラクティスは、事業体のITガバナンスと管理のためのフレームワークであるCOBIT 5やITサービスマネジメントのための国際標準であるITIL2011に加え、膨大な件数の取材、アナリストによる電話対応、専門家の支援による実装、ワークショップ、コンサルティングなどを通じて集められた数多くの実例に基づいています。

また、実用性の高いツールやテンプレートも用意されており、UEMの実現に向けて道筋をつける作業に役立てることができます:

  • エンドユーザーデバイス管理標準の運用手順 (.doc)
  • エンドユーザーデバイス管理についてのプレゼンテーション (.ppt)
  • エンドユーザーデバイス管理のワークフローライブラリー (Visio)
  • エンドユーザーデバイス管理のワークフローライブラリー (.pdf)
目次
Product Code: 73518

Unified endpoint management (UEM) is inevitable, but work still lies ahead.

This research is designed for:

  • Desktop Management Teams
  • Mobile Device Management Teams
  • End-User Device Management Teams
  • IT Service Managers
  • Infrastructure Directors
  • CIOs

This research will help you:

  • Reduce the time it takes to fulfill service requests
  • Reduce the number of technician interventions on user devices
  • Simplify the deployment of devices and apps
  • Better secure the system with patch management

Unified endpoint management promises to simplify the lives of desktop management teams and mobile device management teams. The same skill set and the same pane of glass can be used to manage all of your devices. The result is a greatly simplified mobile experience and a happier end user.

There is a big cost to UEM. Replacing an existing tool with UEM means that you need to replace an existing skill set. Poorly implementing a new tool means continued financial and time costs as your team fights it every day.

Before you change out your firefighting equipment, ensure that you know what type of fires you are fighting. Just as you can't fight an electrical fire or a grease fire with the same extinguisher, you also can't fight different IT fires with the same tools and processes.

Our best practices are informed by COBIT 5, ITIL 2011, and the experiences we've gathered from countless interviews, analyst calls, guided implementations, workshops, and consulting engagements.

The blueprint includes ready to use tools and templates to help you pave the road to unified endpoint management:

  • End-user device management stndard operating procedure (doc.)
  • End-user device management presentation (ppt.)
  • End-user device management workflow library (Visio)
  • End-user device management workflow library (PDF)

Executive Summary

Situation:

  • Desktop and mobile device management teams use separate tools and different processes.
  • People at all levels of IT are involved in device management.
  • Patch deployment is increasing in scope beyond Windows OS updates

Complication:

  • Vendors are pushing unified endpoint management (UEM) products, and teams struggling with device management are hoping that UEM is their savior.
  • The number and variety of devices will only increase with the continued advance of mobility and emergence of the Internet of Things (IoT).

Resolution:

  • Define the benefits that you want to achieve and optimize based on those benefits.
  • Define the roles and responsibilities involved in end-user device management.
  • Create a training plan based on what your team needs to do with the tool.
  • Create standardized processes within each team first. After each team has standardized, decide if a new tool is required.
  • Stop using device management practices from the era of Windows XP. Create a plan for lean images and app packages.
  • Take an evolutionary, rather than revolutionary, approach to merging end-user support teams. Process and tool unity comes first.
Back to Top