お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ
株式会社グローバルインフォメーション
表紙:ウェアハウスオートメーションサービス市場
市場調査レポート
商品コード
1009035

ウェアハウスオートメーションサービス市場

The Warehouse Automation Service Market

出版日: | 発行: Interact Analysis | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=111.33円
ウェアハウスオートメーションサービス市場
出版日: 2021年05月31日
発行: Interact Analysis
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

「アフターサービスは、収益拡大と顧客満足度にとって不可欠な要素です。継続的なトラブルシューティング、修理サービス、スペアパーツの提供は非常に重要であり、事実上すべての OEM/インテグレーターが何らかの形のライフサイクルサービスを提供しています。これらの基本以上のサービス能力の開発は、ベンダーの設置ベースの成熟度と、人材、トレーニング、組織への多額の投資に依存します。進化の各ステップは、リスクの高まりと人的資源の課題に見合った追加の収益機会を提供します。」

ウェアハウスオートメーションサービス業界の顧客は、市場、その需要、障壁、促進要因、競合情勢の詳細な分析を必要としています。当レポートでは、サービスタイプ別に、これらすべての要件を提供しています。

主な調査結果:

  • 世界のウェアハウスオートメーションハードウェアの収益は、2020年に196億米ドルで、追加の収益の43億米ドルは、OEM/インテグレーターによるアフターサービスによるものです。「ビッグ4」サービスカテゴリーは、リモートサービス、オンサイトサービス、スペアパーツ、モダナイゼーション・アップグレードです。
  • 自動化プロジェクトの設置ベースが増加するにつれ、サービスの機会も増加します。さらに、システムの複雑さ、ダウンタイムのコストの増加、顧客の動的な要件により、定期的なサービスとアップグレードが重要になります。
  • シェア以上のサービスの潜在市場が存在しますが、これはウェアハウスオートメーションOEMSとインテグレーターに起因するものです。これには、装置のメンテナンス・運用が主に社内で行われている/サードパーティに外部委託されている顧客が含まれます。
  • 2020年には、追加の49億米ドルの潜在的なアフターサービス収益が存在すると推定されています。
  • 2020年末の時点で、35,000以上のアクティブなプロジェクトが推定されています。これは、世界の150,000の倉庫の23%に相当する設置ベースですが、さまざまな自動化レベルが含まれており、そのうちの60%は基本的な半自動化された搬送・仕分けシステムです。
  • 南北アメリカと欧州・中東・アフリカは、2020年にOEMサービス収益の80%を生み出しました。これは、設置ベースの機会の格差によるものではなく、アジア太平洋地域のエンドユーザーと比較して、これらの地域の顧客が装置の定期的なサービスをOEMと契約する可能性が高いことによるものです。
  • コンピューター制御のウェアハウスオートメーション装置の複雑さが増すにつれ、ホットラインサービス側で、より高度な診断・トラブルシューティング機能が提供されるはずです。

目次

エンドユーザー業界別

  • ファッション・アパレル
  • 雑貨
  • 耐久財製造
  • 非耐久財製造
  • 医療
  • 食品・飲料
  • 食料雑貨品
  • 宅配便
  • その他

地域別

  • 南北アメリカ
  • 欧州・中東・アフリカ
  • アジア太平洋地域

サブリージョン別 (最上位データのみ)

  • 米国
  • その他の南北アメリカ
  • 英国
  • フランス
  • ドイツ
  • イタリア
  • その他の欧州
  • 中東・アフリカ
  • 日本
  • 中国
  • インド
  • オーストラリア
  • その他のアジア太平洋地域

収益源別

  • OEM/インテグレーターサービス
  • サービスの可能性

サービスタイプ別

  • ホットライン・リモートサポート
  • 予防保全
  • フィールドサービス
  • フルサービス契約
  • スペアパーツ
  • アップグレード・拡張
  • トレーニング
  • 予知保全

設置ベース別

  • 年内に完了したプロジェクト
  • 改修プロジェクト
  • 新規プロジェクト
  • 年末にアクティブなプロジェクト

その他の分析

年間プロジェクトごとのサービスの価格

競合情勢

  • 市場シェア分析:地域別
  • 企業プロファイル

動向

  • ハードウェア・サービスに対するCOVID-19の影響
  • オートメーションサービスのタイプ
  • 設置倉庫の価格

オートメーションシステム

  • 潜在的なサービス市場
  • プロジェクトのライフタイム
  • オートメーションプロジェクトの設置ベース
  • プロジェクトごとのサービス収益と装着率
目次

"After-sales services are a vital component to revenue expansion and customer satisfaction. So critical is the provision of ongoing troubleshooting, repair services, and spare parts, that virtually all OEMs/and integrators offer some form of lifecycle service. The development of that service capability beyond theses basics depends on the maturity of a vendor's installed base as well as a significant investment in manpower, training, and organization. Each step in the evolution provides additional revenue opportunity commensurate with elevated risk and human resource challenges."

Customers in the Warehouse Automation Services industry require a detailed analysis of the market, its demands, barriers, drives and the competitive landscape. This report provides all of these requirements for each type of service. Research produced from Primary Data via in-depth interviews and data reported by suppliers, along with research from existing warehouse automation and robotic reports published by Interact Analysis, has enabled the cross collaboration of data and model structures to build a high quality report - not available anywhere else.

With over 25 years of experience in robotics, automation and technology, Interact Analysis have conducted over 30 in-depth industry interviews with key stakeholders and suppliers to produce a truly distinct report.

Key Findings:

  • Global Warehouse Automation hardware revenues were valued at $19.6 billion in 2020. $4.3 billion in additional revenue came from after-sales services performed by the OEMs and Integrators. The "big four" service categories are remote services, on-site services, spare parts, and modernizations and upgrades.
  • As the installed base of automation projects increases so too will the service opportunity. Moreover, the complexity of systems, increased cost of downtime, and dynamic customer requirements make regular service and upgrades more critical.
  • A significant potential market for servicing exists beyond the share that is attributed to Warehouse Automation OEMS and Integrators. This includes customers where the maintenance and operations of equipment is predominately done in-house or outsourced to third parties.
  • It is estimated that an additional $4.9 billion of potential after-sales service revenue existed in 2020.
  • There were just over 35,000 active projects estimated to be in situ at the end of 2020. While this is a significant installed base representing 23% of the 150,000 warehouses globally, it includes various levels of automation of which 60% are the more basic, semi-automated conveyance and sortation systems.
  • The Americas and EMEA generated 80% of OEM service revenues in 2020. This was driven not so much by a disparity in installed base opportunity, but rather the higher likelihood of customers in those regions engaging with OEMs for regular servicing of equipment, as compared to APAC end users.
  • The increasing complexity of computer-controlled warehouse automation equipment should afford a greater degree of diagnostic and troubleshooting ability on the part of hotline services.

What Our Customer Say:

"We can highly recommend collaboration with Interact Analysis as very productive and output-driven. The team at Interact Analysis consists of reliable and motivated professionals who were able to meet and exceed our expectations and deliver very good results." - KÖrber Logistics.

"The report from Interact Analysis goes into much greater depth and detail than other reports we have used in the past. In addition, the analyst team is very responsive and helpful whenever I have questions and support me beyond just providing a report." - Kollmorgen.

Table of Contents

By End User Industries

  • Fashion/Apparel
  • General Merchandise
  • Durable manufacturing
  • Non-durable manufacturing
  • Healthcare
  • Food & Beverage
  • Groceries
  • Parcel delivery
  • Other

By Region

  • Americas
  • EMEA
  • APAC

By Sub-Region (top-level data only)

  • United States
  • Rest of Americas
  • UK
  • France
  • Germany
  • Italy
  • Rest of Europe
  • Middle East and Africa
  • Japan
  • China
  • India
  • Australia
  • Rest of APAC

By Revenue Source

  • OEM/Integrator Service
  • Service Potential

By Service Type

  • Hotline and Remote Support
  • Preventative Maintenance
  • Field Service
  • Full-Service Contracts
  • Spare Parts
  • Upgrades and Extensions
  • Training
  • Predictive Maintenance

By Installed Base

  • Projects Completed in Year
  • Refurb Projects
  • New Projects
  • Projects Active at Year-end

Other Analysis

Value of Service per Project per Year

Competitive Landscape

  • Market share analysis by region
  • Company profiles

Trends

  • The Impact of COVID-19 on Hardware

and Services

  • Types of Automation Services
  • Value of Installed Warehouse

Automation Systems

  • The Potential Service Market
  • Project Lifetimes
  • Installed Base of Automation Projects
  • Service Revenue per Project and Attach

Rate

株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.