特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
市場調査レポート
商品コード
960571

モバイル決済サービスの主なトレンドと主要ブランドの戦略

Mobile Payment Trends and Leading Brands Deployment Strategies (pre-order)

出版日: | 発行: MIC - Market Intelligence & Consulting Institute | ページ情報: 英文 29 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=105.45円
モバイル決済サービスの主なトレンドと主要ブランドの戦略
出版日: 2020年09月10日
発行: MIC - Market Intelligence & Consulting Institute
ページ情報: 英文 29 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 図表
  • 目次
概要

世界的な大手企業の積極的なプロモーションにより、モバイル決済は主要な決済方法の1つとなっています。モバイル決済が広く普及している中国では、市場の90%をAlipayとWeChat Payが支配しているのに対し、台湾では複数の企業がしのぎを削っています。台湾のモバイル決済サービスプロバイダーは、業界の動向と革新的なアプリケーションの可能性を追求することで他社との差別化を図っています。

当レポートは、モバイル決済サービス市場の主なトレンドやアプリケーションについて調査したもので、デジタルトランスフォーメーションの進展などの情報を提供しています。

目次

第1章 モバイル決済のエコシステム

第2章 トレンド#1:特定の用途から幅広い用途への移行

  • 用途の拡大に伴う使用頻度の増加
  • マルチチャネル戦略による市場の急速な拡大
    • 各種の外貨両替をサポートすることによる世界的なのネットワークを継続的な拡大
    • 合弁事業、電子決済ライセンスの取得
  • 技術志向の輸出による各国政府や企業からの支援獲得
    • Ant Financialが一帯一路構想に対応
    • Amazonとメキシコ政府が共同でCoDi支払いシステムを構築

第3章 トレンド#2: 市場シェア獲得から金融分野での競争への移行

  • 手数料の調整または補助金の提供
    • 利益増加を目的とした手数料の調整
    • 市場での採用拡大と競争力維持を目的とした補助金の提供
  • 未開拓の市場機会としての金融サービス
    • Appleが利益を伸ばすための強力な武器となるモバイル決済
    • Facebook、インドのローン市場をターゲットに
  • モバイル決済でより多くの利益を生み出すインターネット専業銀行

第4章 トレンド#3:各種の要素を組み込んだ全体的なビジョン

  • 統合ソリューションによる相互利益の創出
    • ブラジルの地下鉄システム市場をターゲットにしたVisaと安全な決済システムのベンダーの提携
    • 韓国と日本のベンダーにソリューションを提供するLINE
    • アジアの大手モバイル決済企業がQRコード決済ソリューションを共同開発
  • 革新的なファイナンスソリューションの実現と市場拡大を目的とした株式の取得
    • 革新的な支払い、資金調達、統合化された商業サービスの開発を進めるVisa
    • 英国の新興企業を国際的な事業展開の跳躍台として活用するAnt Financial
  • ポイントサービスとエコシステムを統合して競争力を強化
    • LINE、ポイントサービスを備えたスマートポータルを展開
    • 加入者、データ、ブランドマーケティングをスーパーポイントサービスで結びつけるRakuten
    • ブランドエクイティを活用して多様なサービスエコシステムを構築しているApple

第5章 アプリケーション:消費者向けからIDEAへ

  • 車両のインターネット:音声サービスとの新たな相互作用
  • デジタルトランスフォーメーション:Starbucks
    • エンタープライズ市場:LINEの給与支払、送金サービス
    • AIアプリケーション#1:生体認証または製品識別ビジネスの最適化
      • Ant Financialが顔認識をサポートする「Dragonfly Payment Device」をロールアウト
      • Tencentが顔認識対応の「Frog Payment Systems」を発表
      • Walmart、チェックアウトおよびリアルタイムの在庫チェックのためのアイテム識別技術を開発
    • AIアプリケーション#2:デジタルフットプリントに基づくカスタマイズされたサービスやサイバーセキュリティの脅威の防止
      • LINEがパーソナル化されたローンサービスとプッシュ通知サービスを開発
      • ユーザーの潜在的なニーズを予測し、サイバーセキュリティの脅威を防止するRakutenのシステム

第6章 今後の展望

付録

図表

List of Topics

Development of mobile payment ecosystems and includes mainly international and Taiwan players in the financial, e-ticketing, retail, communications, and telecommunication sectors

Three key trends driving the growth in the mobile payment industry and market are elaborated

Mobile payment application shifting from consumer-wise applications to applications associated with IoV (internet of vehicle), digital transformation, enterprise market, and AI applications

Companies covered

7-11

ADTC

Alipay

Amazon

Apple

Asia Express

Baidu

Bank of Taiwan

Bank SinoPac

Barclays

Capital On

Cathay United

China UnionPay

Chinatrust Commercial Bank

Chunghwa Telecom

Citibank

CTBS

Dante Coffee

E.Sun Bank

ezPay

FamilyMart

Far Eastern

FarEasTone

Fidor Bank

First Bank

Flytech

Gangu Tech

Garmin

Gomaji

Google

HuaNan

iPass

Jkos

JP Morgan

KGI Bank

LG

Line

Macrowell

MCX

Mega Bank

Microsoft

Mr. Brown Café

Neweb Technologies

Samsung

Shin Kong

Smart Catch

Soft-World

Sony

Starbucks

Subway

Sun Tech

Syscom

Systex

Taishin Bank

Taiwan Cooperative Bank

Taiwan High Speed Rail

Taiwan Mobile

Taiwan Mobile Payment

TKEC

Trade-van

WeBank

Yahoo!

YanKey

Yuanta Ban

目次
Product Code: NARPT20091001

Thanks to leading international players’ aggressive promotion, mobile payment has become a major payment method nowadays. However, even in China where mobile payment has been widely adopted, 90% of the market has been dominated by Alipay and WeChat Pay. Unlike China, Taiwan has seen the emergence of several mobile payment players. By keeping track of industry trends as well as potential innovative applications, Taiwanese mobile payment service providers will be able to differentiate themselves from others. This report analyzes leading international mobile payment service providers’ deployment strategies in five market segments and explores three major trends and four applications for their mobile payment services in 2020 and beyond.

Table of Contents

1. Mobile Payment Ecosystem

2. Trend #1: Focus Shifting from Specific to Comprehensive Applications

  • 2.1 Application Diversity to Boost Frequency of Use
  • 2.2 Rapid Expansion in Overseas and Domestic Markets with Multi-channel Strategy
    • 2.2.1 Continuously Expand Global Networks by Supporting More Currency Exchanges
    • 2.2.2 Form JVs or Obtain Electronic Payment Licenses
  • 2.3 Technology-oriented Export to Obtain Support from Foreign Countries and Businesses
    • 2.3.1 Ant Financial Adopts One Belt, One Road Strategy
    • 2.3.2 Amazon and Mexican Government Co-build CoDi Payment System

3. Trend #2: Focus Shifting From Grabbing Market Share to Initiating Financial Competition

  • 3.1 Adjust Fees or Offer Subsidy
    • 3.1.1 Adjust Fees for Subscribers to Increase Profits
    • 3.1.2 Offer Subsidy to Increase Market Adoption and Maintain Competitiveness
  • 3.2 Financial Services as Untapped Opportunity for Brands
    • 3.2.1 Mobile Payment Becomes Apple’s Powerful Weapon for Boosting Profits
    • 3.2.2 Facebook Targets the Indian Loan Market
  • 3.3 Pure-play Internet Banks to Create More Profits for Mobile Payment

4. Trend #3: Incorporate Parts into a Whole

  • 4.1 Create Mutual Benefits through Integrated Solutions
    • 4.1.1 Visa and Secure Payment System Vendor Join Hands to Target the Brazilian Metro System Market
    • 4.1.2 Line Offers Solutions for Korean and Japanese Vendors
    • 4.1.3 Leading Asian Mobile Payment Players Co-develop QR Code Payment Solution
  • 4.2 Acquire Other Companies’ Stake for Innovative Financing Solutions or Market Expansion
    • 4.2.1 Visa Develops Innovative Payment, Financing, and Integrated Commercial Services
    • 4.2.2 Ant Financial Uses British Startup as Spring Board for Globalization
  • 4.3 Points Services and Ecosystem Integrated to Consolidate Competitiveness
    • 4.3.1 Line Serves as Smart Portal with Line Points Services
    • 4.3.2 Rakuten Connects Members, Data, and Brand Marketing with Super Points Services
    • 4.3.3 Apple Leverages its Brand Equity to Create Diversified Service Ecosystems

5. Applications: From Consumer-wise to I.D.E.A

  • 5.1 Internet of Vehicle: Create New Interactions with Voice Services

5.2Digital Transformation: Starbucks

  • 5.3 Enterprise Market: Line to Pay Salary and Transfer Money
  • 5.4 AI Application #1: Business Optimization with Biometrics or Product Identification
    • 5.4.1 Ant Financial Rolls out “Dragonfly Payment Device” Supporting Facial Recognition
    • 5.4.2 Tencent Launches Facial Recognition-enabled “Frog Payment Systems”
    • 5.4.3 Walmart Develops Item Identification Technology for Checkout and Real-time Inventory Checking
  • 5.5 AI Application #2: Customized Services based on Digital Footprints or Prevent Threats in Cybersecurity
    • 5.5.1 Line Develops Personalized Loan Services and Push Notification Services
    • 5.5.2 Rakuten Predicts Users’ Potential Needs and Prevent Threats in Cybersecurity

6. MIC Perspective

Appendix

株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.