特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
市場調査レポート
商品コード
960567

中国の5大5Gモジュールブランドの発展とその製品戦略

Development of Five Leading Chinese 5G Module Brands and Their Product Strategies (pre-order)

出版日: | 発行: MIC - Market Intelligence & Consulting Institute | ページ情報: 英文 28 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=105.70円
中国の5大5Gモジュールブランドの発展とその製品戦略
出版日: 2020年09月04日
発行: MIC - Market Intelligence & Consulting Institute
ページ情報: 英文 28 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 図表
  • 目次
概要

2019年には、世界の大手通信事業者が足場を固めるための競争を展開し、5Gの商業ネットワークにも大きな影響が出ました。5Gモジュール市場の発展により、IoT(モノのインターネット)関連の開発が促され、通信業界での注目度も高まっています。

当レポートは、中国の5つの主な5GモジュールブランドであるHuawei、ZTE、Fibocom、Quectel、SIMComの製品ポートフォリオと市場の開発状況を分析したもので、製品関連の主なトレンド、業界の主なトレンドなどの情報を提供しています。

目次

第1章 世界の5Gモジュール市場の現状

第2章 主要なベンダーの製品開発

  • Huawei
  • ZTE
  • Fibocom
  • Quectel
  • SIMCom

第3章 製品関連の主なトレンド

  • サブ6GHz帯とmmWaveモードの両方をサポートする5Gモジュール
  • 専用5Gモジュールに対する需要の高まり
  • 価格高騰が市場成長の足かせに

第4章 業界の主なトレンド

  • 新型コロナウイルス感染症(Covid-19)パンデミック下での5Gモジュールの潜在的な需要
  • IoTが5Gモジュールの販売を促す一方、5GがIoTの普及を促進
  • Huaweiに対する米国の禁輸措置により、5Gモジュール市場で台湾ベンダーにチャンス
  • 今後の展望
  • 中国市場をターゲットとする世界の 5Gモジュール供給
  • 台湾ベンダーが研究開発能力とサプライチェーンを利用して海外からの注文を獲得

付録

  • 企業のリスト
図表

List of Topics

Development of the global 5G module market

Development of leading vendors and their product development, including Huawei, ZTE, Fibocom, Quectel, and SIMCom

Three key product and industry trends observed

Companies covered

AeroJones Aviation Technology

AI-Link

Anritsu

BYD

Changan Automobile

China Mobile

China Telecom

CloudMinds

Cogent Communications

Dongfeng Motor Corp.

FAW

Fibocom

F-Ling Technology

GloDio

Great Wall Motor

Guodong Group

HISilicon

Hongdian Corp.

Huawei

Jianghuai Automobile

MediaTek

Nanjing Iveco

Neusoft

NR Electric

Quectel

SAIC Motor

Seres

SIMCom

Sunrise

TVU Networks

UNISOC

ZT

目次
Product Code: MCRPT20090401

2019 was a seminal year for commercial 5G networks as the world's telecom heavyweights vyed to gain a foothold. Therefore, the growing development of the 5G module market has been able to facilitate the development of IoT (Internet of Things) and have caught the communications industry’s attention over the years. This report analyzes the product portfolios and market development of five leading Chinese 5G module brands: Huawei, ZTE, Fibocom, Quectel, and SIMCom; looks into the progress of their 5G services and key issues facing the global mobile communications market to explore opportunities and future trends.

Table of Contents

1. Current Status of the Worldwide 5G Module Market

2. Leading Vendors’ Product Development

  • 2.1 Huawei
  • 2.2 ZTE
  • 2.3 Fibocom
  • 2.4 Quectel
  • 2.5 SIMCom

3. Key Product Trends

  • 3.1 5G Modules to Support Both Sub-6GHz and mmWave Modes
  • 3.2 Growing Demand for Purpose-built 5G Modules
  • 3.3 High Pricing Likely to Push Back Market Growth

4. Key Industry Trends

  • 4.1 Potential Demand for 5G Modules Emerges on Covid-19
  • 4.2 5G Fuels IoT While IoT Drives 5G Module Sales
  • 4.3 US Ban on Huawei Brings Opportunities for Taiwanese Vendors in the 5G Module Market
  • 5 MIC Perspective
  • 5.1 Global 5G Module Supply to Target the Chinese Market in 2020
  • 5.2 Taiwanese Vendors Can Use R&D Capabilities and Complete Supply Chain to Win International Orders

Appendix

  • List of Companies

List of Tables

  • Table 1 Huawei’s 5G Module
  • Table 2 ZTE’s 5G Module
  • Table 3 Fibcom’s 5G Modules
  • Table 4 Quectel’s 5G Modules
  • Table 5 SIMCom’s 5G Modules

List of Figures

  • Figure 1 Number of 5G Devices by Form Factor
  • Figure 2 Frequency Bands Supported by Top Five Brands’ Modules
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.