特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
市場調査レポート
商品コード
367313

IGZOパネルの課題と機会

Challenges and Opportunities of IGZO Panels

出版日: | 発行: MIC - Market Intelligence & Consulting Institute | ページ情報: 英文 27 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=105.84円
IGZOパネルの課題と機会
出版日: 2016年08月18日
発行: MIC - Market Intelligence & Consulting Institute
ページ情報: 英文 27 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

IGZO (インジウム・ガリウム・亜鉛・酸素) 薄膜トランジスタ (TFT) パネル - 以下IGZOパネル - は、解像度・省エネ性・透明性・大画面への適合性といった点で、アモルファスシリコン (a-Si) やLTPS (低温多結晶シリコン) よりも高い潜在的優位性を有しています。スマートフォンや2-in-1タブレット、ウェアラブル機器、デジタルサイネージといった分野での活用が見込まれています。IGZOパネルの潜在的需要は高いものの、2012年にシャープが開発して3年が経過した今も、その普及率は低いままとなっています。

当レポートでは、IGZOパネルの特徴やこれまでの開発・普及の経緯、普及に際しての問題点、今後の市場機会などについて調査・考察しております。

第1章 IGZOパネル技術の開発

第2章 IGZOパネル産業の主要企業の動向

  • IGZOの開発動向
  • IGZO技術の主導権を握る日本系・韓国系ベンダー
    • シャープ
    • LG Display
    • Samsung Display
    • 台湾系・中国系のディスプレイ・ベンダー
  • 生産能力の急速な拡大により、全てのディスプレイ・サイズへの対応が可能となる

第3章 IGZOパネルをエンドユーザー用デバイスに搭載する際の課題

  • ディスプレイベンダーの大半はまだ試作段階にあり、実用化の目途はまだ立っていない
    • シャープやLGEでは、市場成長を牽引するだけの力が足りていない
    • ハイエンド製品・ニッチ製品へのIGZO導入:市場シェアはまだ非常に小さい
    • タブレットの低価格化のため、Appleの後に続こうというブランド系ベンダーがいない

第4章 エンドユーザー用デバイス向けIGZOパネルの市場機会

  • スマートフォン
    • バッテリー寿命の延長の必要性から、LCD (IGZO) の需要が拡大
  • タブレット
    • LCD (IGZO) メーカーなら、ハイエンドの2-in-1タブレット向け市場機会が確保可能
  • ノートPC
  • TV・その他の大画面ディスプレイ
    • 120Hzディスプレイ (4K対応) の場合は、LCD (IGZO) はアモルファスシリコン (a-Si) ディスプレイより人気が高い
  • ウェアラブル機器・VR (仮想現実) 用ヘッドセット
    • AMOLED (IGZO) なら、現在より高い製品スペックにも対応できるが、まだ生産は始まっていない
  • フレキシブル・ディスプレイ (次世代型ディスプレイ)
    • フレキシブル・ディスプレイの登場により、AMOLED (IGZO) の普及が早まる

第5章 結論

  • コストが今でも、IGZO普及の最大の障害である
  • フレキシブルAMOLED (IGZO) の長期的な発展の可能性
  • 中国系ディスプレイベンダーの発展と、アモルファスシリコン技術のブレークスルーが、市場に不確実性をもたらす

付録

用語集

企業一覧

  • Apple、ASUS、AUO、BOE Technology、CEC Panda LCD Technology、CEC-Panda Home Appliance、CSOT、CPT、Dell、富士通、Giantplus、Haier、Hannstar、iiyama (マウスコンピューティング)、IVO、Innolux、KDDI、Konka、LGD、LGE、Meizu、NEC、NTT、Razer、SDI、シャープ、Skyworth、ソフトバンク、ソニー、Teclast、Tianma、Trulysemi、Yexin Technology

図表一覧

目次
Product Code: DPRPT16081801

IGZO (Indium Gallium Zinc Oxide) TFT (Thin Film Transistor) panel, hereinafter as IGZO panel, has potential advantages over a-Si (Amorphous Silicon) and LTPS (Low Temperature Polycrystalline Silicon) ones, including high resolution, low power consumption, transparency and higher suitability for large area processes. IGZO TFT panels can be used in smartphones, 2-in-1 tablets, wearables, TVs, and digital signage. Despite possessing the solution to meet market needs, however, its market penetration remains low three years after Sharp produced the first IGZO panel in 2012. This report takes an in-depth look of characteristics of IGZO panels and discusses the challenges and opportunities facing in the development of IGZO panels.

Table of Contents

1.Development of IGZO Panel Technology

2.Development of Major Players in IGZO Panel Industry

  • 2.1 Development Trends of IGZO
  • 2.2 Japanese and Korean Vendors Lead in IGZO Technology
    • 2.2.1 Sharp
    • 2.2.2 LG Display
    • 2.2.3 Samsung Display
    • 2.2.4 Taiwanese and Chinese Display Vendors
  • 2.3 Rapid Growth in Production Capacity Has Led to Greater Coverage of All Display Sizes

3.Challenges of IGZO Panels in End User Devices

  • 3.1 Most Display Vendors are Only Testing the Waters, Bringing Little Value to the Market
    • 3.1.1 Sharp and LGE Lack the Force to Drive Growth of IGZO Market 13
    • 3.1.2 IGZO Adoption in Higher End and Niche Products Makes Only Insignificant Market Share
    • 3.1.3 Fewer Branded Vendors Following Apple's Lead Due to Low-price Trends in Tablets

4.Opportunites of IGZO Panel in End User Devices

  • 4.1 Smartphones
    • 4.1.1 Need for Longer Battery Life May Lead to Demand for LCD (IGZO)
  • 4.2 Tablets
    • 4.2.1 LCD (IGZO) Players Can Seek Opportunities in The Higher-End 2-In-1 Tablet Market
  • 4.3 Notebook PCs
  • 4.4 TVs and Other Larger Area Displays
    • 4.4.1 LCD (IGZO) is Favored over A-Si Displays in 120Hz Displays with 4K Resolution
  • 4.5 Wearables and VR Headsets 18
    • 4.5.1 AMOLED (IGZO) Can Support Higher Product Specs, But Have Yet to Start Production
  • 4.6 Flexible Displays (Next Generation Displays)
    • 4.6.1 The Emergence of Flexible Displays May Accelerate the Adoption of AMOLED (IGZO)

5.Conclusion

  • 5.1 Cost Remains Primary Barrier to IGZO Adoption
  • 5.2 Flexible AMOLED (IGZO) Has More Development Potential over the Long Term
  • 5.3 Development of Chinese Display Vendors and Breakthroughs in A-Si Technology Bring Uncertainty to Market

Appendix

Glossary of Terms

List of Companies

List of Topics

Development of IGZO panel technology, touching on latest trends and production capacity

Development of major players, including Sharp, LG Display, Samsung Display, Taiwanese and Chinese display vendors

Analysis of key challenges facing IGZO panel manufacturers today

Analysis of key opportunities of IGZO panel manufacturers in the area of smartphone, tablet, notebook PC, TV and other large-area display, wearable and VR headset, and flexible display

List of Figures

  • Figure 1: Changes in LCD (IGZO) Production Capacity, 2015-2017
  • Figure 2: Changes in LCD (IGZO) Production Capacity by Country, 2015-2017

List of Tables

  • Table 1: Comparison of TFT Technologies
  • Table 2: Fab Generations in the TFT LCD Industry by Display Vendors
  • Table 3: Adoption of IGZO Panels in End User Devices

Companies covered

Apple, ASUS, AUO, BOE Technology, CEC Panda LCD Technology, CEC-Panda Home Appliance, CSOT, CPT, Dell, Fujitsu, Giantplus, Haier, Hannstar, Iiyama, IVO, Innolux, KDDI, Konka, LGD, LGE, Meizu, NEC, NTT, Razer, SDI, Sharp, Skyworth, Softbank, Sony, Teclast, Tianma, Trulysemi, Yexin Technology

株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.