株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

ZigBeeチップメーカーのアプリケーション開発動向およびInternet of Things(モノのインターネット)戦略

ZigBee Chipmakers Application Development Trends and Strategies on the Internet of Things

発行 Market Intelligence & Consulting Institute (MIC) 商品コード 171968
出版日 ページ情報 英文 17 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=114.77円で換算しております。
Back to Top
ZigBeeチップメーカーのアプリケーション開発動向およびInternet of Things(モノのインターネット)戦略 ZigBee Chipmakers Application Development Trends and Strategies on the Internet of Things
出版日: 2011年02月25日 ページ情報: 英文 17 Pages
概要

ZigBee Smart Energy2.0は、2009年米国エネルギー省およびNISTにおいて、HANの相互運用可能な規格として選択されました。しかし、Zigbee規格に対する関心はICT企業によって様々であり、メーカーが相互のコンセンサスに達するまでには少し時間がかかるものと考えられます。

当レポートでは、ZigBeeのIP設計、アプリケーション、TIやEmber,FreescaleといったZigbeeチップメーカーのIOT開発動向などを調査しまとめており、概略下記の構成でお届けいたします。

目次

  • ZigBeeのネットワークプロトコル設計
  • ZigBeeにおける3つの主要なトポロジー
  • IOTにおけるZigBeeの主要アプリケーション
  • ZigBee RF4CEインターネットプロトコール
  • ZigBeeおよびその他の無線センサーネットワーク技術のベンチマーキング
  • TI社のZigBeeアプリケーション開発スイート
  • TI社の低消費電力RF ZigBee SoC(システムオンチップ) 開発
  • Ember社のInsight Development Suite は高度なZigBeeアプリケーションを利用できるようにする
  • Freescale社のZigBeeアプリケーション開発スイート
  • Zigbeeチップメーカーの製品スペックにおけるベンチマーキング
  • ZigBeeチップメーカー技術のベンチマーキング:製品の統合 vs.顧客ニーズ
  • ZigBeeチップメーカーのアプリケーション開発
目次

ZigBee Smart Energy 2.0 was selected by the US Department of Energy and the NIST (National Institute of Standards and Technology) as an initial interoperable standard for HAN (Home Access Network) in 2009, allowing ZigBee to spur development in HAN environment. The ZigBee standard evolves slowly due to the fact that a large amount of members, which are mainly ICT companies, have conflicts of interests and therefore ZigBee members require longer time to reach mutual consensus. With the IOT (Internet Of Things) concept, the completeness of MCU (Microcontroller) products and technologies determines customer demands; customers prefer companies who possess MCU manufacturing capabilities in order to reduce integration time; MCU shipment thus has some effects on ZigBee product shipments. This report profiles ZigBee IP architecture and applications and efforts of ZigBee chipmakers such as TI, Ember, and Freescale to push the development of the IOT in terms of applications and strategies.

Table of Contents

  • ZigBee Network Protocol Architecture
  • ZigBee' s Three Major Topologies
  • ZigBee' s Key Applications on IOT
  • ZigBee RF4CE Internet Protocol
  • Benchmarking ZigBee and Other Wireless Sensor Network Technologies
  • TI ZigBee Application Development Suite
  • TI Low-power RF ZigBee System-on-chip Development
  • Ember Insight Development Suite Enables Sophisticated ZigBee Applications
  • Freescale ZigBee Application Development Suite
  • Freescale ZigBee Healthcare Applications
  • Benchmarking ZigBee Chipmakers' Product Specs
  • Benchmarking ZigBee Chipmaker Technologies: Product Integration vs. Customer Needs
  • ZigBee Chipmakers' Application Deployments

List of Topics

  • Profiles ZigBee' s IP architecture and applications
  • Application development tends of ZigBee' s chipmakers on IOT
  • Analysis and comparison of leading ZigBee chipmakers' respective product strategies on IOT such as TI, Freescale, and Ember
  • Benchmarking ZigBee and other wireless sensor network technologies
  • Benchmarking ZiBee chipmakers' product specifications
Back to Top