お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ
株式会社グローバルインフォメーション
市場調査レポート
商品コード
973155

国内エンタープライズストレージシステム保有容量 産業分野別予測、2020年~2024年

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 和文 19 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格は税抜き表示となります
国内エンタープライズストレージシステム保有容量 産業分野別予測、2020年~2024年
出版日: 2020年11月23日
発行: IDC
ページ情報: 和文 19 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
概要

当レポートでは、IDCの各種の調査に基づいて、国内企業が保有するエンタープライズストレージシステム保有容量を算出し、2018年~2019年の実績と2020年~2024年の予測を提供しています。また、エンタープライズストレージシステム保有容量については、産業分野別に実績と予測を提供しています。

List of Attachments

IDC Market Forecast Figure

  • 国内エンタープライズストレージシステム保有容量

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場予測

国内エンタープライズストレージシステム保有容量予測

  • 出荷容量実績と保有容量実績の見直し、2017年~2019年
  • 保有容量予測、2018年~2024年
  • 保有容量予測、2018年~2024年

国内エンタープライズストレージシステムの産業分野別保有容量予測

  • 産業分野別 保有容量予測、2018年~2024年
  • 産業分野別 保有容量構成比予測、2018年~2024年

市場の変化

促進要因と阻害要因

  • 促進要因
    • 「データ駆動型ビジネス」の拡大に伴うデータ量の増加
    • データ保有場所の選択肢の拡大
    • 保有データの多様化
  • 阻害要因
    • データの分散化と管理体制のギャップ

市場動向ハイライト

  • ストレージ容量の伸びを牽引しているITプロジェクト
    • ストレージ容量の伸びを牽引しているITプロジェクト(上位7項目)
  • 分散化が進むデータ保有環境
    • 最も伸びが高いストレージ容量の保存場所
    • データの分散化が進んでいる理由(上位7項目)
  • データ保有の分散化の課題
    • データの分散化に伴うデータ管理の課題(上位8項目)
    • ストレージ容量の伸びを牽引しているプロジェクト(産業分野別)

前回予測からの変更

市場定義

エンタープライズストレージシステム保有容量の定義

  • 調査対象市場
  • 保有容量
  • 産業分野の分類

調査方法

関連調査

株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.