お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ
株式会社グローバルインフォメーション
市場調査レポート
商品コード
962117

国内IoTセキュリティ製品市場予測アップデート、2020年~2024年

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 和文 12 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格は税抜き表示となります
国内IoTセキュリティ製品市場予測アップデート、2020年~2024年
出版日: 2020年09月25日
発行: IDC
ページ情報: 和文 12 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
概要

当レポートでは、2020年8月末時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響および見通しを考慮し、国内IoTセキュリティ製品市場を分析し、2020年~2024年の予測を行っています。ITシステムでのランサムウェアによる被害や個人情報の流出、IoTデバイスを踏み台とするDDoS(Distributed Denial of Service)攻撃によるサービス停止といった数多くの事件が継続して発生しており、セキュリティ対策とインシデント発生時の対応が、企業や組織の経営や活動に影響を与えかねない状況となっています。OT(Operational Technology)セキュリティに関しては、IT関係者とOT関係者が歩み寄り、相互理解を深め、OTに対するセキュリティリスクと対策の必要性を同じレベルで認識することが重要です。

List of Attachments

IDC Market Forecast Figure

  • 国内IoTセキュリティ製品市場 売上額

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場予測

国内IoTセキュリティ製品市場の予測

  • 国内IoTセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測、2018年~2024年
  • 国内IoTセキュリティ市場 機能市場セグメント別 売上額予測、2018年~2024年

市場の変化

促進要因と阻害要因

  • 促進要因
    • クラウドサービスの安全性評価制度の影響
    • 改正個人情報保護法の施行
    • セキュリティ脅威の変化
  • 阻害要因
    • COVID-19の企業の生産活動への影響
    • 既存セキュリティ技術の活用による新市場への投資の減速

市場動向ハイライト

  • やまないIoTデバイスの被害とデバイスの認証制度
  • ITとOTの融合

前回予測からの変更

  • 国内IoTセキュリティ市場 前回の売上額予測(2020年5月)との比較、2017年~2024年

市場定義

IoT(Internet of Things)セキュリティ製品市場定義

  • IoTセキュリティ製品市場構成

調査方法

  • 売上額の集計方法について

関連調査

株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.