特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
市場調査レポート
商品コード
938498

国内オフィス/ホームプリント市場予測、2020年~2024年

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 和文 24 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格は税抜き表示となります
国内オフィス/ホームプリント市場予測、2020年~2024年
出版日: 2020年05月18日
発行: IDC
ページ情報: 和文 24 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
概要

2019年の国内オフィス/ホームプリント市場の支出額全体は、前年比1.0%減の1兆5,859億1,800万円でした。内訳は、ハードウェア購入支出が5,041億4,000万円(全体の31.8%)、ハードウェア保守支出が28億1,300万円(同0.2%)、ページボリューム関連支出が1兆225億8,800万円(同64.5%)、プリント関連ビジネス(ソリューション)が422億300万円(同2.7%)、プリント関連ビジネス(アウトソーシング)が141億7,500万円(同0.9%)でした。

IDC Japan イメージング、プリンティング&ドキュメントソリューションのグループマネージャーである石田 英次氏は、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で在宅勤務を実施する企業が増加した結果、国内のプリントボリュームは大きく減少する。そしてCOVID-19の収束後には、紙によるワークフローをデジタル化する動きが一気に加速する可能性が高い。プリント機器ベンダーは、COVID-19後の新たな働き方のビジョンを示すと共に、新しい働き方を支援するソリューション/サービスを提供すべきである」と述べています。

当レポートは、国内オフィス/ホームプリント市場の支出額実績調査と、2020年~2024年の市場予測をまとめたものです。当レポートで用いる市場予測では、2020年3月末時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響および見通しを考慮しています。

IDC Market Forecast Figure

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場予測

  • COVID-19を考慮した予測の前提条件
  • 国内オフィス/ホームプリント(ハードウェア購入)市場 出荷台数
  • 国内オフィス/ホームプリント(ハードウェア購入)市場 支出額
    • 国内オフィス/ホームプリント(ハードウェア購入)市場 支出額、COVID-19シナリオ別
  • 国内オフィス/ホームプリント市場 支出額
    • 国内オフィス/ホームプリント市場 支出額予測

市場の変化

  • 促進要因と阻害要因
    • 促進要因
      • 在宅勤務実施企業増加に伴う家庭でのプリント量の増加
      • 国内経済動向
    • 阻害要因
      • 在宅勤務実施企業増加に伴うオフィスプリント量の減少
      • ワークフローのデジタル化
      • プリント機器の製造/物流の停滞
  • 市場動向ハイライト
  • 国内MPDS市場 支出額予測、従業員規模別
  • 前回予測からの変更
    • 国内オフィス/ホームプリント市場 支出額
    • 国内MPDS市場

市場定義

  • Worldwide Peripherals Hardcopy Peripherals Trackerにおける定義
    • プリンティング方式に関する定義
    • 複合機/プリンターに関する定義
  • ハードウェア保守に関する定義
  • ドキュメントアウトソーシングサービス(Outsourced Document Services)の定義
  • プリント関連ビジネス(Adjacent Business Areas)に関する定義
  • マネージドプリント/ドキュメントサービス(MPDS:Managed Print and Document Services)

調査方法

関連調査

株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.