特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
市場調査レポート
商品コード
934381

カスタムアプリケーション開発 (CAD) サービスの世界市場と米国市場の予測:2020年~2024年

Worldwide and U.S. Custom Application Development Services Forecast, 2020-2024

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 英文 18 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=105.84円
カスタムアプリケーション開発 (CAD) サービスの世界市場と米国市場の予測:2020年~2024年
出版日: 2020年04月29日
発行: IDC
ページ情報: 英文 18 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

COVID-19 (新型コロナウイルス感染症) は、2020年第1四半期に企業に大きな影響を与えました。2019年はカスタムアプリケーション開発 (CAD) サービスの強力な成長を示しましたが、2020年以降の成長はさまざまな要因に依存します。特に、業界全体の組織がウイルスがキャッシュフローにもたらした影響と戦うためです。カスタム開発されたアプリへの投資は長期にわたって続きますが、企業はカスタム開発プロジェクトに現金を使用するのではなく、運用を維持するためにその現金を使用することに取り組んでいます。保険や個人消費者などの業種は、近くのチームでのウイルスの影響が最も大きな打撃を受けると予想されます。この前例のないパンデミックはほとんどの業界に悪影響を及ぼしており、CADサービスプロバイダーが2019年の成功に基づいて構築するための非常に厳しい環境を作り出しています。

当レポートでは、世界のカスタムアプリケーション開発 (CAD) サービス市場について調査分析し、2020年~2024年までの予測について、体系的な情報を提供しています。

目次

IDCの市場予測値

エグゼクティブサマリー

技術サプライヤーへの提言

市場予測

  • 世界のカスタムアプリケーション開発サービスの予測
    • 地理的成長動向
  • 米国のカスタムアプリケーション開発サービスの予測

市場状況

  • 促進要因と阻害要因
    • 促進要因
      • 財務管理の最適化
      • キャッシュフローモデルと現金生成効率
    • 阻害要因
      • セキュリティ
      • 特定の企業知識の欠如
      • パッケージ化されたアプリケーションの採用
  • 重要な市場動向
  • 前回予測からの変更

市場定義

調査手法

関連調査

目次
Product Code: US46210115

This IDC study presents forecasts of spending (customer expenditures) for the custom application development (CAD) services market for 2020-2024. This IDC research document includes advice to CAD services providers, an analysis of key market and industry trends by importing market, key market drivers and inhibitors, significant market developments, and highlights of key changes from the prior forecast. This study also updates the previous forecast published in Worldwide and U.S. Custom Application Development Services Forecast, 2019-2023 (IDC #US43777619, April 2019)."COVID-19 has had a profound effect on businesses in 1Q20. While 2019 showcased strong growth for custom application development services, growth for the remainder of 2020 and beyond will depend on a variety of factors, especially as organizations across industry verticals battle against the impact that the virus has caused to their cash flows. While investments in custom developed apps will continue over the long haul, enterprises are wrestling with using cash for custom development projects versus using that cash to keep operations afloat. Because of that, IDC believes custom development projects will systemically be tabled across a variety of industries in the short term. Verticals like insurance and personal consumer are expected to be hit hardest by the virus' impact in the near team, while industries like healthcare and government may actually be areas of opportunity for custom application development services providers to target for the remainder of 2020 and into 2021. Regardless, this unprecedented pandemic is negatively affecting most industries and creating a very tough environment for CAD services providers to build upon the success of 2019." - Pete Marston, research director, Worldwide Intelligent Application Services Research at IDC

IDC Market Forecast Figure

Executive Summary

Advice for Technology Suppliers

Market Forecast

  • Worldwide Custom Application Development Services Forecast
    • Geographic Growth Trends
  • U.S. Custom Application Development Services Forecast

Market Context

  • Drivers and Inhibitors
    • Drivers
      • Optimizing Financial Management
      • Cash Flow Models and Cash Generation Efficiency
    • Inhibitors
      • Security
      • Lack of Specific Firm Knowledge
      • Adoption of Packaged Applications
  • Significant Market Developments
  • Changes from Prior Forecast

Market Definition

Methodology

  • Market Sizing: Discrete Versus Bundled

Related Research

株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.