特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
市場調査レポート
商品コード
931813

コアからエッジへ:IoT (モノのインターネット) はいかにして、未来のインフラを形成していくのか

Core to Edge: How Internet of Things Is Shaping the Future of Infrastructure

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 英文 13 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=106.56円
コアからエッジへ:IoT (モノのインターネット) はいかにして、未来のインフラを形成していくのか
出版日: 2020年04月06日
発行: IDC
ページ情報: 英文 13 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

モノのインターネット (IoT) は、いまでは様々な業界で受容・活用されるようになり、IoTプラットフォームに接続されるデバイスの数も増加してきましたが、その首尾よい展開のためには、価格やスループット、遅延性などを深く考慮する必要があります。そのため、IoTソリューションの堅牢性と応答性を確保するために、一体型IoTプラットフォームについてよく考え直す必要があります。 IoTプラットフォームは、デバイスをインターネットに接続し、生成されたデータを取得し、ビジネスの利用要件に合わせた方法と場所にデータを保存し、目的の出力を得る意味のある方法で処理するための基盤を提供します。よって、IoTプラットフォームが接続されたデバイスの統合管理を提供することで、開発者は特定のソリューションの付加価値に集中することができます。ただし、IoTプラットフォームは1つの共通の定義で説明できますが、実際の実装と構造は大きく異なる可能性があります。

当レポートでは、クラウドコンピューティングとエッジコンピューティング - IoTプラットフォームアーキテクチャを構築・管理するための2通りのアプローチ - に関わりのあるIoTソリューションの進化について議論すると共に、特殊環境におけるその適合性について総括します。

エグゼクティブサマリー

市場の新たな動向とダイナミクス

  • エッジコンピューティングアのプローチ
  • IoTとトラフィックの規模
  • エッジコンピューティングとデータ管理への影響

技術サプライヤーへの提言

  • 市場の背景事情と促進要因
    • IoTの利用事例の拡大見通し
      • 前提条件
      • 影響
    • 人工知能 (AI) と機械学習 (ML) によるエッジデータの解放
      • 前提条件
      • 影響
    • サービスプロバイダーによる投資の拡大
      • 前提条件
      • 影響
  • 市場の背景事情と抑制要因
    • 上級管理職の抵抗と、既存のビジネスプロセスとの摩擦
      • 前提条件
      • 影響
    • マクロ経済の減速
      • 前提条件
      • 影響
  • 市場の定義

参考資料

  • 関連調査
  • 要約
目次
Product Code: AP45496420

Internet of Things (IoT) has become an accepted term finding its applications across different industry verticals. Although the quantum of connected devices in IoT platform are increasing, price, throughput, and latency become key considerations for a successful deployment. Hence, to ensure IoT solutions to be robust and responsive, it is evident to rethink on the IoT integration platform. An IoT platform provides the foundation for connecting devices to the Internet, acquiring the generated data, storing it in the manner and location which aligns with utilization requirements in the business and processing them in a meaningful way to get the desired output. Thus, an IoT platform offers unified management of connected devices, leaving developers to focus on the added value of a particular solution. However, even though IoT platforms can be described with one common definition, their actual implementation and structure can greatly vary.This perspective discusses the evolution of IoT solutions as they engage two approaches to the creation and management of IoT platform architectures, namely cloud computing and edge computing, and summarizes their suitability for specific environments."With the inclusion of data processing and analytics requirements, technology suppliers need to focus on the vertical-specific solution and take a multifaceted approach to deployment," says Abhishek Mukherjee, senior market analyst, IDC India." Depending on the data processing and latency requirement, the IoT infrastructure can be laid out in terms of light and heavy edge, it is imperative to align the data governance, risk and compliance (GRC) policies across core and the edge infrastructure," he adds.

Executive Snapshot

New Market Developments and Dynamics

  • Edge Computing Approach
  • The Scale of IoT and Traffic
  • Implications for Edge Computing and Data Management

Advice for the Technology Supplier

  • Market Context Drivers
    • Expected Growth of IoT Use Cases
      • Assumption
      • Impact
    • AI and ML Unlock Edge Data
      • Assumption
      • Impact
    • Increased Investment by Service Providers
      • Assumption
      • Impact
  • Market Context Inhibitors
    • Resistance of Senior Management and Friction with Existing Business Process
      • Assumption
      • Impact
    • Macroeconomic Slowdown
      • Assumption
      • Impact
  • Market Definition

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.