株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

日本のAI (人工知能) 市場:IDC MaturityScape Benchmark

発行 IDC 商品コード 926889
出版日 ページ情報 和文 18 Pages
即納可能
価格
日本のAI (人工知能) 市場:IDC MaturityScape Benchmark
出版日: 2020年02月24日 ページ情報: 和文 18 Pages
概要

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティグループのリサーチマネージャーである飯坂 暢子氏は「AIはDXを実現する注力テクノロジーとして日常社会のあらゆる側面に浸透する。企業はAIの能力をいかに適正かつ優位に行使するかによって組織内外のエンゲージメントを促進し、イノベーションを加速することができる。企業はIDC MaturityScapeを利用し自社と競合企業の成熟度を比較することでギャップを明らかにし、自社のAI導入戦略の再評価/改善/実行を繰り返し行うべきである」と分析しています。

当レポートでは、情報サービス産業を除く国内企業で働く課長レベル以上で、AIを使用し意思決定に関わる人物を対象として、IDCが2019年11月に実施した「国内AIの成熟度ステージ調査」の結果を定量的に評価してステージ分類を行い、分析を加えています。IDC MaturityScapeおよびその特性別のステージ分類の結果は、国内企業が自社のAIの取り組みのベンチマークを実施する際にリファレンスとして活用することを想定しています。また、国内企業が各ステージで成し遂げなければならない活動とIDC MaturityScapeの特性を示し、ITバイヤーに対するガイドラインとして提供しています。

IDC MaturityScape Benchmark Figure

エグゼクティブサマリー

AI成熟度ベンチマークデータの分析

  • IDC MaturityScape AI成熟度ステージ
    • 調査結果:成熟度ステージ分析
  • IDC MaturityScape AI成熟度の特性
    • 調査結果:特性別の成熟度分析
  • AIの成熟度向上に向けて:フォロワー企業とリーダー企業
    • 調査結果:フォロワー企業とリーダー企業の比較
    • 調査結果:特性別のフォロワー企業とリーダー企業の比較

ITバイヤーへの提言

参考資料

  • 関連調査
  • 定義
  • 調査方法
  • 調査回答者分類