株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

2019年国内カンバセーショナルAI システム市場動向:ボットシステムと音声AI

発行 IDC 商品コード 916000
出版日 ページ情報 和文 15 Pages
即納可能
価格
Back to Top
2019年国内カンバセーショナルAI システム市場動向:ボットシステムと音声AI
出版日: 2019年11月06日 ページ情報: 和文 15 Pages
概要

現在、IT市場では、カンバセーショナルAIシステムはFAQ(Frequently Asked Question)の回答速度/精度の向上と自動化、コンタクトセンターシステムでのオペレーター負荷の軽減/業務自動化など、顧客エクスペリエンス(CX)/従業員エクスペリエンス(EX)向上に利用され始めています。「カンバセーショナルAIシステムは、働き方改革や労働人口の減少によって、国内IT市場内での重要性が拡大する。ITサプライヤーはカンバセーショナルAI利用の目的と成果をCX側から考えた提案、および感情分析機能の信頼性/活用方法の検証をユーザー企業に提案すべきである」とIDC Japanのグループマネージャーである眞鍋 敬氏は分析しています。

当調査レポートでは、カンバセーショナルAIシステム(対話型人工知能システム)の一つであるボットシステムを中心としたAIシステムの国内市場動向の調査結果を提供しています。

Executive Snapshot

市場開拓と市場動向

  • カンバセーショナルAIシステムの分類
    • ボットシステムの分類
    • その他のボットシステムの分類
    • 第2世代ボットシステムの概要
    • カンバセーショナルAIシステムのユースケース
  • カンバセーショナルAIシステムへの音声の適用動向
  • カンバセーショナルAIシステムのベンダー動向
    • 富士通:CHORDSHIP
    • 丸紅情報システムズ:MSYS Omnis
    • Hmcomm:VConact、FAST-D
    • NEC:UNIVERGE CC、テキスト含意認識
    • Empath:Web Empath API

ITサプライヤーへの提言

参考資料

  • 市場定義
  • 調査範囲
  • Synopsis
Back to Top