株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

2019年 国内企業におけるデジタルトランスフォーメーション推進の阻害要因分析

発行 IDC 商品コード 912214
出版日 ページ情報 和文 43 Pages
即納可能
価格
Back to Top
2019年 国内企業におけるデジタルトランスフォーメーション推進の阻害要因分析
出版日: 2019年09月25日 ページ情報: 和文 43 Pages
概要

最大の阻害要因はDX文化の社内浸透の難しさに起因しており、DXに取り組む企業の2割で推進意欲が減退する一方で、POC(Proof of Concept)のフェーズを終えた企業はDXの将来について肯定的意見を持っています。IDC Japan ITサービスのリサーチマネージャーである國土 順一氏は、「DXの取り組みにおけるユーザー企業のステージを見極め、顧客企業の変革文化の浸透をサポートすると共に、ユーザー企業の情報システム部門のIT変革の重要性を理解し、それをサポートする施策を実施することが重要である」と述べています。

当レポートでは、Iデジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)に取り組む国内のITユーザー企業に関して、DXの取り組みを阻害している要因に焦点を合わせて調査、分析を実施したものである。調査に当たっては、情報サービス業を除く国内企業に対するアンケート調査を行っています。

EXECUTIVE SNAPSHOT

市場開拓と市場動向

  • 調査概要
  • 「DX推進の阻害要因調査」の概要
    • 調査の範囲
    • 分析の手法
  • 調査結果(1):DXの推進状況
    • ユーザー企業のDX推進の目的
  • 調査結果(2):DXの阻害要因
    • 企業文化と変革管理の課題
    • 組織と人材の課題
    • 計画立案と予算化の課題
    • 困難を伴うDXフェーズ
  • 調査結果(3):阻害要因分析
    • DXのパフォーマンス測定の課題
    • DXの実施組織の整備
    • DXのロードマップの策定
    • DXのケイパビリティ確保
  • 分析のまとめ
    • DXの取り組みステージごとのプロファイル分析
    • DX推進の阻害要因分析まとめ

ITサプライヤーへの提言

参考資料

  • 関連調査
  • Synopsis
Back to Top