株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

国内RPAソフトウェア市場予測、2019年~2023年

発行 IDC 商品コード 911595
出版日 ページ情報 和文 11 Pages
即納可能
価格
Back to Top
国内RPAソフトウェア市場予測、2019年~2023年
出版日: 2019年09月21日 ページ情報: 和文 11 Pages
概要

2018年は働き方改革をきっかけとするホワイトカラーの生産性向上目的の利用が広がり、同市場は高い成長を遂げました。「同市場に参入しているITサプライヤーが堅調に成長するためには、ユーザー企業への継続的なBPR(Business Process Reengineering)を通じた業務の自動化、機械学習/AIを用いたRPAによる自動化のステージアップ、多品種少量のRPA利用を促進するRPA for Everyoneの提案を行うべきである」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティグループのリサーチマネージャーである飯坂 暢子氏は分析しています。

当レポートでは、IDCが定義するソフトウェア市場のうち、アプリケーション開発/デプロイメントの機能市場セグメントの一つであるRPAソフトウェア市場について2018年の売上実績の分析と2019年~2023年の市場予測を行っています。

IDC Market Forecast Figure

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場予測

  • 国内RPAソフトウェア市場の予測

市場の変化

  • 促進要因と阻害要因
    • 促進要因
      • 継続的なBPR
      • 機械学習/AIとの組み合せによるClass 2への移行
      • RPA for Everyone
    • 阻害要因
      • ユーザー企業における継続的BPRの認識不足
      • エンタープライズアプリケーション製品による機能の融合
  • 市場動向ハイライト
    • 働き方改革の解決策としてのRPAの認知
    • デスクトップ型からサーバー型までの多様な製品サービスの提供
    • 機械学習/AIとの組み合せ利用の拡大
  • 前回予測からの変更

市場定義

  • RPAソフトウェア

調査方法

関連調査

Back to Top