株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

国内RPAソフトウェア市場シェア、2018年:働き方改革による需要増と外資系ベンダーの急成長

発行 IDC 商品コード 910894
出版日 ページ情報 和文 11 Pages
即納可能
価格
Back to Top
国内RPAソフトウェア市場シェア、2018年:働き方改革による需要増と外資系ベンダーの急成長
出版日: 2019年09月11日 ページ情報: 和文 11 Pages
概要

「ITサプライヤーが寡占状況である同市場において優位性を維持するには、継続的なBPRおよび、RPAと機械学習/AIを組み合わせた高度な利用を顧客に対して啓発すると共に、競合対策を踏まえて中小企業などのRPA未導入顧客への戦略的アプローチをとるべきである」と、IDC Japanのソフトウェア&セキュリティグループのリサーチマネージャーである飯坂 暢子氏は分析しています。

当レポートでは、IDCが定義するソフトウェア市場のうち、アプリケーション開発/デプロイメントの機能市場セグメントの一つであるRPAソフトウェア市場について2018年のベンダーシェアを分析しています。

IDC Market Share Figure

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場シェア

注目すべきベンダー

  • NTTデータ
  • UiPath
  • Automation Anywhere

市場の変化

  • 市場動向ハイライト
    • RPAの働き方改革の解決策として広く当てはまる水平型ソフトウェアとしての性質
    • DX(Digital Transformation)の進展
    • 外資系RPAベンダーの相次ぐ国内市場への参入

調査方法

市場定義

  • RPAソフトウェア

関連調査

Back to Top