株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

国内AIソフトウェアプラットフォーム市場シェア、2018年:パラダイムシフトがもたらす市場活況とベンダー間競争

発行 IDC 商品コード 895103
出版日 ページ情報 和文 11 Pages
即納可能
価格
Back to Top
国内AIソフトウェアプラットフォーム市場シェア、2018年:パラダイムシフトがもたらす市場活況とベンダー間競争
出版日: 2019年07月22日 ページ情報: 和文 11 Pages
概要

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティグループのリサーチマネージャーである飯坂 暢子氏は「AI関連技術が断続的に変革する環境下で、企業ユーザーは自社に優位性のあるユースケースの選択とそれを実現するAIアプリケーション開発の効率性が喫緊の課題となる。ITサプライヤーは、顧客がAIアプリケーションを迅速に開発できるよう、AIシステム市場のユースケースの傾向を見極めたAIソフトウェアプラットフォームの開発/提供、そして他社との提携など自社の投資の選択と集中を行うべきである」と分析しています。

当レポートでは、国内AIソフトウェアプラットフォーム市場の2018年の売上実績に基づく市場シェアを提供しています。

IDC Market Share Figure

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場シェア

注目すべきベンダー

  • IBM
  • グーグル
  • ABEJA

市場の変化

  • 市場動向ハイライト
    • 機械学習/深層学習の技術進歩によるブレイクスルー
    • 対話型AIソフトウェアプラットフォームの進展
    • AIによる業務自動化の潮流:生産性と経営効率の向上

調査方法

市場定義

  • AIソフトウェアプラットフォーム

関連調査

Back to Top